MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沖釣り優等生! 東京湾のアジは春を前にしてすでに元気いっぱい

沖釣り優等生! 東京湾のアジは春を前にしてすでに元気いっぱい

「一番厳しい時季だからねー。正直食わない日もあるけど、今年はまあいい方だね」と走水港で半日アジ専門に出船「関義丸」の関口船長。この時季は脂が落ちて味の方でも厳しいのが本来だが走水沖のアジには関係ない。

速潮対応テクニックは必須! ベテランアジ釣り師の腕の見せ所

速潮が地名の由来。タナの取り直しをしっかり行って好釣果を!

体高のある大アジ。元気に引いてくれて、釣って楽しい

低水温でさすがに東京湾のアジも食い渋る時期だが…、ウレシイことに元気いっぱい釣れてます!

半日でトップ50匹近い釣果もある

本来、脂が落ちる時期だが、走水沖のアジには関係ない? 美味です!

ゲストでマダイが登場

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水沖「関義丸」。

厳寒期、さすがの沖釣り優等生東京湾のアジも食い渋る季節だ。しかし今年は多少の波こそあるものの、半日船でトップ50匹近い釣果もあるなど食い続いている。

取材日に釣った17㎝~35㎝の大中小それぞれのアジが、盛期と変わらぬ脂の乗りで走水ブランドの名に恥じないものだった。半日船は厳寒期でも体に優しく、今季の釣れ具合はビギナーにもおすすめめだが、これから一年で一番潮の速い季節を迎える。

ただでさえ速潮が地名由来の走水だから、平均以上の好釣果を望むなら速潮対応テクは必須。ベテランアジ釣り師の腕の見せ所でもある。

以上の記事は「つり丸」2016年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読