MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沖釣り優等生! 東京湾のアジは春を前にしてすでに元気いっぱい

沖釣り優等生! 東京湾のアジは春を前にしてすでに元気いっぱい

「一番厳しい時季だからねー。正直食わない日もあるけど、今年はまあいい方だね」と走水港で半日アジ専門に出船「関義丸」の関口船長。この時季は脂が落ちて味の方でも厳しいのが本来だが走水沖のアジには関係ない。

速潮対応テクニックは必須! ベテランアジ釣り師の腕の見せ所

速潮が地名の由来。タナの取り直しをしっかり行って好釣果を!

体高のある大アジ。元気に引いてくれて、釣って楽しい

低水温でさすがに東京湾のアジも食い渋る時期だが…、ウレシイことに元気いっぱい釣れてます!

半日でトップ50匹近い釣果もある

本来、脂が落ちる時期だが、走水沖のアジには関係ない? 美味です!

ゲストでマダイが登場

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水沖「関義丸」。

厳寒期、さすがの沖釣り優等生東京湾のアジも食い渋る季節だ。しかし今年は多少の波こそあるものの、半日船でトップ50匹近い釣果もあるなど食い続いている。

取材日に釣った17㎝~35㎝の大中小それぞれのアジが、盛期と変わらぬ脂の乗りで走水ブランドの名に恥じないものだった。半日船は厳寒期でも体に優しく、今季の釣れ具合はビギナーにもおすすめめだが、これから一年で一番潮の速い季節を迎える。

ただでさえ速潮が地名由来の走水だから、平均以上の好釣果を望むなら速潮対応テクは必須。ベテランアジ釣り師の腕の見せ所でもある。

以上の記事は「つり丸」2016年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
すでに御前崎など西寄りのエリアではモンスタークラスが顔を出している乗っ込みのマダイだが、東京湾口の剣崎沖でもエンジンが掛かり出している。エサ取りが多いので、マメにエサのチェックをして釣果を伸ばそう!
更新: 2019-04-21 12:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読