MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣って食べるなら、激ウマ寒サバ&スルメイカリレー!

釣って食べるなら、激ウマ寒サバ&スルメイカリレー!

外房勝浦~鴨川周辺は、様々な魚種をリレーで狙う船宿が多い。勝浦港の「勝丸」もそのひとつで、目下のメニューはフラッシャーサビキで寒サバを釣り、その後はスルメイカを狙う。クーラー満タン率も高いのも魅力。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

食べるのも楽しみ!極ウマ!!!脂の乗ったサバ&肝パンパンのスルメイカ

大型スルメが釣れている

スルメは大型。キモもたっぷり。色んな食べ方で楽しみたい

真冬の水鉄砲は冷たい!!!

この時期釣れるマサバは脂が乗ったトロサバ。
とっても美味しい!

今後はヤリイカの群れが押し寄せてくるはず!
ヤリイカ釣りも楽しめる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「勝丸」

外房勝浦~鴨川周辺は、様々な魚種をリレーで狙う船宿が多い。

勝浦港の「勝丸」もそのひとつで、目下のメニューはフラッシャーサビキで寒サバを釣り、その後はスルメイカを狙うというもの。

普段の行いが相当悪くない限り、どちらもクーラー満タン率が高いのは豊かな漁場を目の前にしているから出来る芸当だ。

「昨年は夏のスルメイカが全然ダメだったけど、ようやく年末になって模様が良くなって来ましたよ。
サバも年明けからマサバが多くまじるようになりました。
脂の乗り抜群で旨いから、サバを欲しがるお客さんが多いのも分かりますねー」とは斉藤陽平船長だ。

普段の行いが相当悪いのか? 取材日はまさかの食い渋り。

「昨日までうるさいくらい釣れたんだけど…」のサバはほとんど釣れず、スルメイカもトップ25杯ほどだったが、型は肝パンパンの大型揃いで溜飲を下げた。

取材日以降はサバ、スルメイカ共にトップ30~50匹程と、勝浦らしい釣果に復調しているので、激旨寒サバも味わえるだろう。

「例年だと2月くらいからヤリイカが主になるけど、今年はもうしばらくスルメが続くかも?」とのことなので、今後の釣行は18㎝と11㎝のイカヅノを準備した方が良さそうだ。

以上の記事は「つり丸」2016年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル