MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
注目のロッド「ダイワ 極鋭マルイカEX AGS」

注目のロッド「ダイワ 極鋭マルイカEX AGS」

最新釣法対応の最高峰マルイカロッド!

目次

年々進化するマルイカ釣り。

その最先端の釣りに対応可能なロッドが誕生。

最も重要な穂先の超高感度はSMTによって実現。

さらに攻めの操作性のよい調子を維持しながらもブランクスにSVFナノプラスを採用することで圧倒的な軽量化に成功。

ガイドにはRタイプフレームとNリングを搭載したAGS。

リールシートにはエアセンサーシートを採用。

感性領域設計システムESSで高感度、乗り感、操作性を高次元で融合。

アイテムはFとМ C の2機種。

自重は60g。


価格=7万2500円(税別)

●ダイワ  0120-506-204

関連するキーワード
関連記事
世界基準のオフショアスタンダードロッドシリーズ誕生!
更新: 2019-02-02 13:24:07
電動ジギング専用ジグ登場!
更新: 2019-02-02 13:24:36
近海の小物釣りに最適は軽量178gの両軸リール!
更新: 2019-02-02 13:25:24
不動の日本海オキメバル釣りの決定版ロッドに乗せ調子アイテム登場!
更新: 2019-02-02 13:25:43
深場のエサ釣りに欠かせない掛け枠の最終形!
更新: 2019-02-02 13:26:09
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読