MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサの反応良し! いつ爆釣が続いてもおかしくない【初島周り】

ワラサの反応良し! いつ爆釣が続いてもおかしくない【初島周り】

秋は関東各地でワラサが釣れ盛る時期。コマセのワラサ釣りで名高い初島周りは、今年は8月中旬ぐらいから釣れ初めているが、いつ爆釣してもおかしくない段階にきている。

初島周りのワラサは例年、9月から10月に掛けて、爆釣しているので、これからが楽しみだ

朝イチに顔を見ることができれば安心だ!

開始直後にアタリ! 力強い引きはワラサだ!

終了時刻が迫ったころにヒット! 最後まで諦めてはいけない!!

2.5〜3.5㎏のサイズが多い。

これは丸々太ったワラサ。ときに5㎏オーバーが上がることもある。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「ゆたか丸」。

「初島周りのワラサは例年、9月から10月に爆釣しているので、これからが楽しみです」とは網代「ゆたか丸」の森野孝船長。
取材時は船中で数本のワラサが取り込まれる状況だったが、取材後は上向き傾向。船によっては5kgオーバーも取り込まれ、マダイが数釣れる日もあるので、森野船長が話すようにこれからが楽しみだ。
まだ暑い日が続くが、秋の気配が強まって水温が下がり、多くのワラサがコマセに反応すればいよいよ本番。本誌発売時には、本格化している可能性もある初島周り。
今後も要注目のエリアだ!

ワラサ仕掛けはこんな感じで

竿は遠征五目用、青物専用、硬め(強め)のマダイ竿など。長さは2.1〜3mぐらいが扱いやすい。また爆釣時には、手返しを重視して1.7〜2mのライト泳がせ用などもおすすめだ。
リールは、手返しが楽なハイパワー小型電動リールがおすすめ。もちろん手巻きリールもOKだ。
道糸はPEラインの5〜6号を300mは巻いておくこと。何年も使っている古いものは、傷付いていたり、劣化している場合がある。「やり取り中に切れてしまった」ということがないように、新品に巻き替えておこう。
ビシはプラビシやステン缶を使う。初島周りのワラサ釣りでは、置き竿でもオキアミコマセがパラパラと出て、調整が楽なステン缶がよく使われる。
ハリスは状況に応じて4〜8号を使う。よほどの食い渋りでない限り、ハリス切れの心配が少ない6〜8号を使うのが無難だ。アタリが少ない食い渋り時には、4〜5号を使おう。ハリス長は6m前後が標準。入れ食い時にはもっと短くしてもOKだ。
ハリは、軸のしっかりしたヒラマサの10〜12号。
クッションゴムは、使用ハリスに適合した太さを使うこと。クッションゴムと使用ハリスのバランスが合っていないと、ハリスやクッションゴムが切れることもあるので注意しよう。長さは1m。

ワラサはこうして釣る

まず、この釣りでは正確にタナを取ることが重要だ。とくに入れ食い時には、確実に投入して、正確にタナを取ることができればアタる確率は高いといえるだろう。
「ゆたか丸」では、海底までビシを落としてから、コマセをまきながら底から10mの位置までビシを巻き上げるのが基本のタナ取りだ。しかし、マダイの反応が多いとき、またはエサ取りが多いときなどは、海面からのタナ取りを行う場合がある。海面からのタナ取りでは、道糸のマークを見てビシを指示ダナに合わせるようにする。
そして、手返しも重要。ビシの位置をタナに合わせ、3〜5分ぐらい待ってもアタリがなければ、もう一度タナを取り直してみよう。それでもアタらなければ仕掛けを回収して、ビシにコマセを入れて再投入する。
とにかく仕掛けを投入したら、入れっぱなしはダメ。一定のペースで仕掛けを投入して、コマセをまくことが大事。とくに、アタリがないときこそ、この動作が重要になってくる。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読