MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティング&ジギングで安定釣果ワラサ・ヒラマサゲーム活況!!

キャスティング&ジギングで安定釣果ワラサ・ヒラマサゲーム活況!!

MAX10kgクラスも!? 外房の青物ゲームの定番ワラサ・ヒラマサ釣行レポート

ワラサやサンパクの群れを捉えれば、船上は一気の活気と熱気でヒートアップする

半日の出船でサンパク、ヒラマサを15本以上キャッチする人も

トップにヒット! 表層の青物はデカイ。魚に主導権をとられないようにしよう

青物のファイトを満喫できる大型!

ワンピッチジャークが基本のワラサ。ジグの速度変化も効果的な動きだ

「松鶴丸」のミヨシは特等席。キャスティングも容易に可能だ

60〜100g程度のペンシルベイトをセレクトしよう

使用ジグは130〜180gを用意しておけば、ほとんどのケースで不足はない

ドンっと来るヒラマサに要注意!

マダイが来た。イワシを捕食しているのだろう

うれしいゲストのマハタ

午前船の出船時間はまだ暗い。防寒対策を万全にしよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

「青物はずっと狙っていますよ。年明けからはサンパク(2㎏クラスのブリ)、ワラサの割合が高いですけど、数が出ることも多いので楽しんでもらえると思いますよ」

近況を教えてくれたのは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

半日の出船でサンパク、ヒラマサを15本以上キャッチする人もいる、というから、好調と言ってよい状況だろう。

ヒラマサは? といえば、顔を見せてはいる。これも同じく半日出船で船中1〜2本、というのが平均的な釣果のようだ。

サイズは3〜5㎏といったところだ。

サンパク、ワラサは安パイ、と踏んで同船取材に出陣した。

これが何とほぼ空振り。

午前船では「今年、最低です」と船長が言うほどの状況に直面してしまった。

それでも、いい型のヒラマサがキャスティングでヒット! 根ズレでブレイク、という熱いシーンもあったことはあったのだが……。

そのまま午後船に突入。

すると、ひと流し目から連続ヒット、同時ヒット! これだから青物は分からない。

途中で中だるみもあったが、後半になってナブラパターンも出現。

ワラサに加え、マダイも登場。熱いゲーム展開に船上はヒートアップした。

結果的に釣果はジギングに偏ったが、うまく機会をとらえればキャスティングでのキャッチも十分可能な状況だった。

サンパク、ワラサ狙いは水深70〜85mの深場、ヒラマサは最大50m程度までの浅場の根周りを攻めるのを基本とする。

水深に関わらず、いずれのターゲットが相手でもキャスティングでのチャンスも十分にある。

黒潮分岐流に乗ってやってくる中小型を主体としたヒラマサ回遊が外房沖のひとつの魅力ではある。

しかし、ビッグワンの可能性を秘めつつの青物ジギング&キャスティングはいつでも楽しめる。

外房沖は常にオンシーズンだ。

以上の記事は「つり丸」2014年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
ここ数年、相模湾で冬場に手軽にルアーゲームが楽しめるということで、人気急上昇中の釣り物がある。高級魚「ホウボウ」だ。テクニカルでおもしろく、奥が深い。ジグは基本100g以下。タックルはシーバス用でOK!
更新: 2019-02-26 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読