MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ロングランで楽しめる東京湾のタチウオ!【仕掛け&釣り方】

ロングランで楽しめる東京湾のタチウオ!【仕掛け&釣り方】

アタってからハリ掛かりさせるまでのカケヒキが、何とも楽しいタチウオ釣り。そのタチウオが、東京湾で好調が続いている。冬場のメインポイントの観音崎沖では、良型、大型まじりで楽しめる。釣りごたえも抜群!

タチウオの仕掛け。専用タックルを用意して、仕掛けは1本バリ、エサ付けは丁寧に!

近年のタチウオ人気で、各メーカーから専用竿が販売されている。
調子も何種類かあり、浅場の釣りに適したものから深場の釣りに対応しているものがある。

今回の「五郎丸」では、観音崎沖の水深70m前後を狙った。
そしてオモリの指定号数は、道糸がPEライン2号の場合は80号であった。

道糸がこれより太い場合は、オモリは100〜120号を使うというスタイルだ。
そのため、80号前後のオモリに対応した専用竿を使うのがオススメだ。長さは1.6〜2.4m。

リールは、この時期は小型電動がオススメ。
夏場とは違い、総じて釣り場の水深が深いので電動リールが楽だ。

道糸はPEラインの2号前後。あまり太いラインはアタリがわかりづらく、潮の影響も受けやすくなってしまう。
 
仕掛けはオモリを装着した片テンビンを介して仕掛けをつなぐ。

ハリ数は1本が主流だが、2本バリ仕掛けの使用もアリだ。

「この時期は水深が深いので2本バリ仕掛けを使って探るのも有効な場合があります。
ただし、お客さんが多いときはオマツリしやすくなるので遠慮してもらうことがあります」とは
「五郎丸」の福本一行船長。

釣り方は、つねに誘う釣り方が近年の主流なので、仕掛けの動きを重視するのであれば1本バリ仕掛けがオススメだ。

ハリスは6〜8号、2m前後。

大型が多いときは太めの8号がオススメ。

ハリスの長さは、その日の食いによって調整しよう。

ハリはタチウオ用の1/0〜3/0。

エサがズレにくいケン付きタイプがオススメだ。

取材当日、水中ライトを付ける人が何人かいた。
福本船長に聞くと「潮が濁ったときには有効な場合があります」とのこと。

状況次第で試してみよう。

エサの付け方。

「五郎丸」で用意された付けエサはサバの切り身。

代表的なのが縫い刺し。

エサの動きを重視するならチョン掛けもアリだ。

エサ付けはていねいに! 

変に曲がると、誘ったときに不自然な動きをして食いが悪くなるので注意しよう。

東京湾・観音崎沖 タチウオ釣行レポート

ポイントは観音崎沖

水深は70m前後を狙った

引き味も抜群!アタってからハリ掛かりするまでの駆け引きは楽しい!

良型をゲット!

東京湾のタチウオは好調が続いているぞ!

取り込みは抜き上げで!!

嬉しい1本

刺身にしてもよし、ムニエルにしてもよし、煮付けも美味しい!

冬場は良型主体の釣果が期待できる!

大型、良型まじりで、かけひき、やりとりが楽しめる!

常連さんはサイズのいいタチウオを揃えていた

「五郎丸」で用意している仕掛け。1本バリ仕様だ

付けエサはサバの切り身。縫い刺しが一般的

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室「五郎丸」

ここ数年、ロングランで狙え、しかも好調が続く東京湾のタチウオ。

昨シーズンは一年を通して狙う船もあって、周年狙えるターゲットになりつつあるようだ。

そんな東京湾のタチウオは、この冬も好調だ。

冬場は良型、大型が期待できる時期。メーターオーバー、指4〜5本幅のドラゴン級もまじるのが魅力だ。

「新しい群れも入ってきています。大型まじりで、まだしばらくは楽しめそうですよ!」と話すのは今回取材した鴨居大室港「五郎丸」の福本一行船長。

 「五郎丸」では午前船でタチウオを狙っているが、トップ30本以上を記録する日もある。取材当日は鈴木新太郎さんに同行していただいたが、開始から好調に食わせて40本で竿頭だった。

取材後はトップ20本前後の日が目立つが、釣れるサイズはあいかわらず良型が多い。

5本も釣れれば十分なお土産になる。

またフッキングさせるまでのカケヒキだけでなく、強い引きも楽しめるのが魅力だ。

 目下のポイントは観音崎沖。

取材当日はおもに水深70m前後を狙うので、オモリは80号(道糸がPEライン2号の場合)を使用した。

今後、釣れる水深が変われば使用オモリが変わることもあるので、事前に確認してから釣行しよう。

釣り方のコツはタナの範囲を探って、アタっても誘い続けよう!

ひと昔前は、アタリがあったらそのまま食い込むまで待つという釣り方も普通に行われていた。
しかし、近年は誘い上げてアタリがあったら待つことはせず、そのまま誘い続けて(巻き続けて)いくとハリ掛かりするという釣り方が主流だ。

基本の釣り方を示したのが上のイラスト。

指示ダナの範囲を付けエサがシュッシュッと動くように誘い上げていく。

誘い幅、巻きのスピードによってアタリの数が変わってくる。

時にはシャクるなどのアクションはつけず、タダ巻きが有効な場合もあるので、いろいろ試してみよう。
釣れている人の誘い方を参考にするのも手だ。

アタリがあったら即アワセは避けよう。

即アワセで掛かることもあるかもしれないが、たいていの場合はスッポ抜けてしまう。
エサの端をくわえているだけということも多いからだ。

前述したようにアタリがあったら、そのまま誘い続けていく。
するとタチウオが逃げていくエサを逃さないようにするので、エサを食べ直してハリ掛かりするのだ。

アタってからの誘い方も、日によって有効なパターンが変わってくるのでいろいろ試してみよう。

なかなか食い込まないときは、アタってからの誘い幅をより小さくしていくとハリ掛かりしやすいようだ。

時にはアタってから、海面下数mのところまで誘い上げてハリ掛かりすることもある。

タナが深い場合は、アタってから長い距離でカケヒキできるので、海面まで諦めずに誘い続けよう。

タナを探っていくうちに、アタリが多いタナが決まってきたら、その前後を集中的に探るといいだろう。
水深があるので、アタリダナを集中的に探ると効率がいい。

以上の記事は「つり丸」2018年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読