MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LT深場五目仕掛けでOK!相模湾でキンメダイを気軽に楽しもう! 

LT深場五目仕掛けでOK!相模湾でキンメダイを気軽に楽しもう! 

深場の魚を釣ってみたいけど、道具が高価、ハリ数が多いなどで二の足を踏んでいる深場釣り入門者に、ライトなタックルと仕掛けで手軽に楽しませてくれるのが小坪港の「太郎丸」。深場には超美味魚がいっぱいだ!

LT深場五目仕掛け。オモリ250号、ハリの数は5〜10本。初心者は5本バリがオススメ。

「太郎丸」のLT深場はオモリ250号、ハリの数は5~10本。
初めての人は5本バリが良いだろう。

エサを付けたハリを磁石板に並べ投入を待つ。投入は前から順番に行う。

これはオマツリを回避するためだ。

自分の番がきたら、オモリを落とせばするするとハリが海に落ちていく。

仕掛けが海底に着くのが待ち遠しい時間が過ぎていく。

水深は360mとアナウンスされた。
スプールが空回りしないよう、サミングしながら仕掛けを落とすと着底がわかりやすい。

「底に着いたら糸フケを取って、3~6m上げてください」がタナの指示だ。

しっかり糸フケを取るのが大事で、これをしないとオモリが底をひきずってしまうことになる。

すぐにアタリは来た。
穂先がクンクンと引っ張られる。

「アタリがあった人はそのまま待ってください」と船長。

海底の状態によって、そのまま待ったり、少し巻き上げたりする。
アタリがこなければ、オモリを海底まで落としてタナを取り直してやる。

「上げましょう、右の人は巻いてください、左の人はまだ待ってて」と、上げるときも片舷単位で同時に上げる、これもオマツリ回避のためだ。

 順々に仕掛けが上がり私の番がきた、海中には赤い影が見える。

キンメは口が切れることもあるので、船長がタモでアシストしてくれる。

35㎝前後のキンメが6点掛けだった!

これだけでお土産十分、一投目から深場釣りの楽しさが炸裂だ。

全員にアタリがあって、良い人は8点掛けだった。

取り込んだ魚は下のハリから外しながら、オモリと仕掛けをいったん海に入れてやり、魚を外し終わったら上のハリからハリスのヨレを取りながら磁石板にハリを並べていく。
エサを付ければ次の投入準備が完了だ。

相模湾・沖ノ瀬近辺キンメダイ釣行レポート

船長の合図で順番に投入。オモリは軽く投げ入れるだけでいい。トラブルがあっても慌てずに対処しよう

投入は仕掛けを船ベリのマグネット板に並べて行う。
並べるときに糸が交差したりしないように丁寧に並べておけば、何も難しいことはない

深場の大きな魅力は何匹掛かってるかな~、というワクワク感。多点掛けが多いから楽しい!

6点掛けで高級魚ゲット!
キンメは天ぷらで食べたら最高に美味しかった‼

良型ぞろいで、これだけでもお土産十分だ

グッドサイズ。1匹丸ごとの煮付けとか…贅沢にいきたいですね!

この日は最高8点掛けもあった!10本バリにパーフェクトも夢じゃないぞ!!

こんなクーラーボックスは、見るだけで幸せになれる。

良型のクロムツも釣れた。日によってはこれが数上がることもある

この日の竿頭のお客さん。お見事‼

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「太郎丸」

相模湾で手軽に本格的な深場釣りを楽しませてくれるのが、小坪港の「太郎丸」だ。

相模湾の中央に位置する沖ノ瀬近辺の水深400m前後は、キンメダイ、アコウダイをはじめ、深場釣りの好ポイントになっている。

「太郎丸」ではオモリ250号と胴付き5~10本バリ仕掛けを使うLT深場釣りで出船している。

深海釣り専用の道具を持っていなくてもキハダや泳がせ釣りのタックルでも楽しめる手軽さも魅力で、夏場はキハダ、冬はこの深場釣りというひとも少なくない。

投入方法、仕掛けの操作などは、その都度高橋良至船長からアナウンスがあるので、ビギナーでも釣り方に戸惑うこともないだろう。

取材日は脂のたっぷりと乗ったキンメが主役で、良型クロムツもまじってきた。

最高キンメの8点掛けも飛び出し、全員が型をみてトップは16匹。

型もよく、30~40㎝クラスがそろった。

翌日の出船ではもうひとつの本命アコウや、アカムツ、メダイも上がり、五目釣りの看板通りの賑やかな釣りになった。

深場の魚を釣ってみたいし食べたいけど難しそうで、と躊躇している人はレンタルタックルと5本バリ仕掛でトライしてみよう。初めての人でも船長が丁寧に教えてくれる。

この釣りの魅力はアタリが来てから上がってくるまで、何が食ったのだろう、何匹掛かったろう、というワクワク感。

そして深場ならではの美味。

深場の魚はどれも絶品だ!

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
最新記事
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読