MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
面白くて美味い!やったらハマること間違いなしホウボウ!

面白くて美味い!やったらハマること間違いなしホウボウ!

相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。

ルアーもエサも想像以上にテクニカルで面白い!しかも最高に美味しい!!高級魚ホウボウ

ホウボウといえば、この美しい胸鰭。本当に綺麗だ!

ルアーアングラーはミヨシ、エサ釣りはそれより後方が釣り座
ポイントは港から出てすぐで、水深は15〜20mと浅い

水深が浅いので、ジグはキャストして広範囲を攻める。そのため、タックルはスピニングが基本

この釣りは想像以上にテクニカル。
「その日のヒットパターンをいち早く見つけることが数を伸ばすコツです」と鈴木さん

“ホウボウマスター”の異名を持つ鈴木守さん。見事なテクニックで次々と本命をヒットさせていた。これはカブラにヒット

ルアーもエサもトップ20匹前後と、今シーズンも例年通りの釣果が出ている。
水温が下がる今後はさらに期待大だ

これも良型だ

ライトタックルで水深が浅いので、女性も手軽に楽しめる
この釣り凄く楽しい!」と完全にハマったようだった

エサ釣りもテクニカル!ライトタックルでOKだ

ジグとカブラにダブルヒット!

鈴木さんのホウボウ用ジグ。パターンの変化に対応するために、多種多様なジグを持参している

エサ釣りの仕掛けはテンビン吹き流しの2本バリ、またはバケ。エサはサバの切り身を準備するといい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」

ホウボウ釣りと聞いて、「なんだ、ホウボウか…」と思った貴方。

バカにしてはいけません!

この釣りは、ルアーもエサも想像以上にテクニカル。

言い方を換えれば、ウデの差がハッキリと出る。

隣の人は連発、だが自分はサッパリ…なんてことは珍しくない。

そのうえ、まるで蝶のような美しい鰭を持つその外観からは想像できないほど、案外引く。

つまり、釣りとしてとっても面白く、そして熱くなれるのだ。

しかも、ホウボウは高級魚として扱われる。

白身で甘みが強いので、刺し身はもちろん、ムニエルやアクアパッツァなどで最高にうまい!

そんな釣って楽しく、食べて美味しいホウボウゲームが楽しめるのが、相模湾では今回取材した平塚港「庄三郎丸」だけ。

しかも、春の濁り潮が入って来るまでの期間限定だ。

「例年のパターンでいえば、おおよそ3月中旬頃まで楽しめます。

今年はまだ水温が高い影響か、群れが固まっていない感じですので、水温が下がればさらに期待できそうですよ!」とは「庄三郎丸」中村友紀船長。

例年の傾向でいけば、シーズンはあとひと月半程度しかないということ。

あまりの面白さにやったらきっとハマること間違いなしのホウボウゲーム。

この機会にぜひチャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読