MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
面白くて美味い!やったらハマること間違いなしホウボウ!

面白くて美味い!やったらハマること間違いなしホウボウ!

相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ルアーもエサも想像以上にテクニカルで面白い!しかも最高に美味しい!!高級魚ホウボウ

ホウボウといえば、この美しい胸鰭。本当に綺麗だ!

ルアーアングラーはミヨシ、エサ釣りはそれより後方が釣り座
ポイントは港から出てすぐで、水深は15〜20mと浅い

水深が浅いので、ジグはキャストして広範囲を攻める。そのため、タックルはスピニングが基本

この釣りは想像以上にテクニカル。
「その日のヒットパターンをいち早く見つけることが数を伸ばすコツです」と鈴木さん

“ホウボウマスター”の異名を持つ鈴木守さん。見事なテクニックで次々と本命をヒットさせていた。これはカブラにヒット

ルアーもエサもトップ20匹前後と、今シーズンも例年通りの釣果が出ている。
水温が下がる今後はさらに期待大だ

これも良型だ

ライトタックルで水深が浅いので、女性も手軽に楽しめる
この釣り凄く楽しい!」と完全にハマったようだった

エサ釣りもテクニカル!ライトタックルでOKだ

ジグとカブラにダブルヒット!

鈴木さんのホウボウ用ジグ。パターンの変化に対応するために、多種多様なジグを持参している

エサ釣りの仕掛けはテンビン吹き流しの2本バリ、またはバケ。エサはサバの切り身を準備するといい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄三郎丸」

ホウボウ釣りと聞いて、「なんだ、ホウボウか…」と思った貴方。

バカにしてはいけません!

この釣りは、ルアーもエサも想像以上にテクニカル。

言い方を換えれば、ウデの差がハッキリと出る。

隣の人は連発、だが自分はサッパリ…なんてことは珍しくない。

そのうえ、まるで蝶のような美しい鰭を持つその外観からは想像できないほど、案外引く。

つまり、釣りとしてとっても面白く、そして熱くなれるのだ。

しかも、ホウボウは高級魚として扱われる。

白身で甘みが強いので、刺し身はもちろん、ムニエルやアクアパッツァなどで最高にうまい!

そんな釣って楽しく、食べて美味しいホウボウゲームが楽しめるのが、相模湾では今回取材した平塚港「庄三郎丸」だけ。

しかも、春の濁り潮が入って来るまでの期間限定だ。

「例年のパターンでいえば、おおよそ3月中旬頃まで楽しめます。

今年はまだ水温が高い影響か、群れが固まっていない感じですので、水温が下がればさらに期待できそうですよ!」とは「庄三郎丸」中村友紀船長。

例年の傾向でいけば、シーズンはあとひと月半程度しかないということ。

あまりの面白さにやったらきっとハマること間違いなしのホウボウゲーム。

この機会にぜひチャレンジを!

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル