MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!

外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!

「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。

深場で釣れるマダイはサイズの大きさが魅力!大ダイ釣るならタイラバ!!

取材当日は水深80〜100mを狙った

水深100m前後までのポイントを横流しで狙うので、タイラバのヘッドは150〜200gを使用

アタった!アタリがあったらアワせず、そのまま巻き続ける

潮が速いなかでの、マダイの引きは強い!

当日の船中最大は、朝マヅメにヒットした2.7kg!

こちらも良型だ

全員が中ダイを釣り上げていた

食べごろなサイズ!納得の1匹

キダイも釣れた

これはマハタモドキ?思わぬヒット

ウッカリカサゴは定番ゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「とみ丸」

冬の水温低下にともない、マダイが暖かい場所を求めて深場へと移動する。

深場で釣れるマダイはサイズの大きさこそが最大の魅力。

だが、一方でなかなかアプローチが難しかった。

しかし大ダイの好漁場として知られる外房・勝浦沖〜川津沖をメインフィールドとする川津港「とみ丸」では、今までハードルが高かった深場の大ダイを「タイラバ釣法」で一気に身近なものへとした。

「とみ丸」の吉清紘生船長に話を聞くと
「大ダイが多く住む勝浦沖は房総半島に沿った海流がぶつかる場所。
しかも急深な地形によって潮がとても速い。この速い潮こそがタイの活性を上げている。
この深場の速い潮を攻略するためには横方向に幅広く攻められるタイラバはベストな選択となる。
一見難しい印象のタイラバだけど、じつはすごく簡単で、女性やお子さんでも気軽にトライできますよ。
長いことマダイにこだわってやってきてタイラバがベストな釣法だと分かったので今年からはタイラバ専門で出船することにしました」とのこと。

船長の長年の経験にもとづく答えがタイラバ。

釣行当日も2.7㎏を頭に全員が中ダイを手にすることができた。

これから春以降は乗っ込みの大ダイシーズン。

タイラバならば思いのほか、あっさりと手にすることができそうだ。

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
タチウオのエサ釣りがテクニカルで人気なら、このジギングもエサ釣りに負けず劣らずテクニカル。リールを巻く誘いのスピードがタチウオの活性に合わなければ、隣はイレグイでも、自分はさっぱりということにも。
更新: 2019-07-08 12:00:00
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。
更新: 2019-07-07 12:00:00
例年にないほどのロケットスタートをみせ、好調持続中の相模湾シイラゲーム!新群れの流入も 日を追うごとに増え、おおいに盛り上がっている!タックルセレクトからルアーアクションまでマスターアングラー椙尾和義さんのアドバイスを中心に紹介する。
更新: 2019-07-05 07:00:00
外房のヒラマサシーズンが終盤戦に突入!浅場の根周りで釣りが出来るまでワラサ狙い、竿入れ時間を迎えてからはヒラマサ狙いのパターン。ワラサは連続ヒット、ヒラマサも充分楽しめる。早めの釣行がおすすめだ。
更新: 2019-07-01 07:00:00
駿河湾・由比沖のタチウオが好調だ。今期はサイズがいいのが特徴で、2㎏オーバーというスーパードラゴンサイズがキャッチされている。7月頃から夜釣りが始まる予定。暑い日中を避けられ、こちらも非常に楽しみだ!
更新: 2019-06-29 12:00:00
最新記事
西伊豆・戸田沖ではアカハタ&カサゴなどのロックフィッシュが熱い!胴付き仕掛け、テンヤ、ルアーのどれでも狙えるので、いろいろな釣り方で根魚を楽しもう!
更新: 2019-07-18 07:00:00
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-18 10:31:56

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読