MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!

外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!

「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!の画像をチェック! navigate_next

深場で釣れるマダイはサイズの大きさが魅力!大ダイ釣るならタイラバ!!

取材当日は水深80〜100mを狙った

水深100m前後までのポイントを横流しで狙うので、タイラバのヘッドは150〜200gを使用

アタった!アタリがあったらアワせず、そのまま巻き続ける

潮が速いなかでの、マダイの引きは強い!

当日の船中最大は、朝マヅメにヒットした2.7kg!

こちらも良型だ

全員が中ダイを釣り上げていた

食べごろなサイズ!納得の1匹

キダイも釣れた

これはマハタモドキ?思わぬヒット

ウッカリカサゴは定番ゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「とみ丸」

冬の水温低下にともない、マダイが暖かい場所を求めて深場へと移動する。

深場で釣れるマダイはサイズの大きさこそが最大の魅力。

だが、一方でなかなかアプローチが難しかった。

しかし大ダイの好漁場として知られる外房・勝浦沖〜川津沖をメインフィールドとする川津港「とみ丸」では、今までハードルが高かった深場の大ダイを「タイラバ釣法」で一気に身近なものへとした。

「とみ丸」の吉清紘生船長に話を聞くと
「大ダイが多く住む勝浦沖は房総半島に沿った海流がぶつかる場所。
しかも急深な地形によって潮がとても速い。この速い潮こそがタイの活性を上げている。
この深場の速い潮を攻略するためには横方向に幅広く攻められるタイラバはベストな選択となる。
一見難しい印象のタイラバだけど、じつはすごく簡単で、女性やお子さんでも気軽にトライできますよ。
長いことマダイにこだわってやってきてタイラバがベストな釣法だと分かったので今年からはタイラバ専門で出船することにしました」とのこと。

船長の長年の経験にもとづく答えがタイラバ。

釣行当日も2.7㎏を頭に全員が中ダイを手にすることができた。

これから春以降は乗っ込みの大ダイシーズン。

タイラバならば思いのほか、あっさりと手にすることができそうだ。

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル