MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!

外房・水深80〜100mの深場で大ダイを狙うならタイラバが実績大!

「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。

深場で釣れるマダイはサイズの大きさが魅力!大ダイ釣るならタイラバ!!

取材当日は水深80〜100mを狙った

水深100m前後までのポイントを横流しで狙うので、タイラバのヘッドは150〜200gを使用

アタった!アタリがあったらアワせず、そのまま巻き続ける

潮が速いなかでの、マダイの引きは強い!

当日の船中最大は、朝マヅメにヒットした2.7kg!

こちらも良型だ

全員が中ダイを釣り上げていた

食べごろなサイズ!納得の1匹

キダイも釣れた

これはマハタモドキ?思わぬヒット

ウッカリカサゴは定番ゲスト

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「とみ丸」

冬の水温低下にともない、マダイが暖かい場所を求めて深場へと移動する。

深場で釣れるマダイはサイズの大きさこそが最大の魅力。

だが、一方でなかなかアプローチが難しかった。

しかし大ダイの好漁場として知られる外房・勝浦沖〜川津沖をメインフィールドとする川津港「とみ丸」では、今までハードルが高かった深場の大ダイを「タイラバ釣法」で一気に身近なものへとした。

「とみ丸」の吉清紘生船長に話を聞くと
「大ダイが多く住む勝浦沖は房総半島に沿った海流がぶつかる場所。
しかも急深な地形によって潮がとても速い。この速い潮こそがタイの活性を上げている。
この深場の速い潮を攻略するためには横方向に幅広く攻められるタイラバはベストな選択となる。
一見難しい印象のタイラバだけど、じつはすごく簡単で、女性やお子さんでも気軽にトライできますよ。
長いことマダイにこだわってやってきてタイラバがベストな釣法だと分かったので今年からはタイラバ専門で出船することにしました」とのこと。

船長の長年の経験にもとづく答えがタイラバ。

釣行当日も2.7㎏を頭に全員が中ダイを手にすることができた。

これから春以降は乗っ込みの大ダイシーズン。

タイラバならば思いのほか、あっさりと手にすることができそうだ。

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読