MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調が続く東京湾のシロギス 明確なアタリと引きが楽しいよ!

好調が続く東京湾のシロギス 明確なアタリと引きが楽しいよ!

東京湾のシロギスは、中の瀬で好調が続いている。魚は大小まちまちだが良型が多い。最近は胴付き仕掛けで狙う人も多いが、テンビン仕掛けのどちらでも狙える。オモリは定番の15号。エサのアオイソメは長さ5〜6㎝。

初心者や女性、子供にも楽しめるシロギスで、今日の晩御飯は何にする?!

仕掛けはテンビン式のほか、胴付き式もOK!

掛かってからの引きも楽しい。

中の瀬ではアタリが多く、大小まちまちだが良型が多かった

良型のシロギス!

釣って美味しい!天ぷらや刺身、塩焼きでも楽しめる

一荷もあった!

ゲストはイシモチなども釣れる

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

東京湾のシロギスは、中の瀬で好調が続いている。
魚は大小まちまちだが、良型が多いのも魅力的。

最近は胴付き仕掛けで狙う人も多いが、テンビン仕掛けでも遜色なく楽しめる。

オモリは定番の15号。

エサのアオイソメは長さ5〜6㎝。

手返しの速さがものをいうため、エサをつかむ粉や、予備の仕掛けもすぐ手が届く場所に置けば安心だ。

「仕掛けは両方用意するのがオススメですが、初心者はテンビン仕掛けが扱いやすいです。
仕掛けは1日で5〜6個くらい必要です。
ハリがフグに取られる時もあるので、予備のハリも持って来てください」と
老舗船宿「冨士見」の登藤晃弘船長は言う。

真下でも釣れるが、ある程度投げて幅広く探った方が勝負が早い。

ブルブルとハリ掛かりした良型キスの引き味は何匹釣っても飽きない。

ゲストはイシモチなど。

取材時は水深20m前後の中の瀬や木更津沖を攻めたが、水温が下がれば25mの八景沖や小柴沖。

水温が上がる三月末頃からは15mの富津沖に行くという。

そうなればさらに数が狙える。

ゲーム性が高く、初心者や女性、子どもにも楽しめるシロギスは、刺身や塩焼き、天ぷらに最高だ。

さあ、次の休みはシロギスを思う存分釣ってみよう。

以上の記事は「つり丸」2019年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読