MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調が続く東京湾のシロギス 明確なアタリと引きが楽しいよ!

好調が続く東京湾のシロギス 明確なアタリと引きが楽しいよ!

東京湾のシロギスは、中の瀬で好調が続いている。魚は大小まちまちだが良型が多い。最近は胴付き仕掛けで狙う人も多いが、テンビン仕掛けのどちらでも狙える。オモリは定番の15号。エサのアオイソメは長さ5〜6㎝。

初心者や女性、子供にも楽しめるシロギスで、今日の晩御飯は何にする?!

仕掛けはテンビン式のほか、胴付き式もOK!

掛かってからの引きも楽しい。

中の瀬ではアタリが多く、大小まちまちだが良型が多かった

良型のシロギス!

釣って美味しい!天ぷらや刺身、塩焼きでも楽しめる

一荷もあった!

ゲストはイシモチなども釣れる

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

東京湾のシロギスは、中の瀬で好調が続いている。
魚は大小まちまちだが、良型が多いのも魅力的。

最近は胴付き仕掛けで狙う人も多いが、テンビン仕掛けでも遜色なく楽しめる。

オモリは定番の15号。

エサのアオイソメは長さ5〜6㎝。

手返しの速さがものをいうため、エサをつかむ粉や、予備の仕掛けもすぐ手が届く場所に置けば安心だ。

「仕掛けは両方用意するのがオススメですが、初心者はテンビン仕掛けが扱いやすいです。
仕掛けは1日で5〜6個くらい必要です。
ハリがフグに取られる時もあるので、予備のハリも持って来てください」と
老舗船宿「冨士見」の登藤晃弘船長は言う。

真下でも釣れるが、ある程度投げて幅広く探った方が勝負が早い。

ブルブルとハリ掛かりした良型キスの引き味は何匹釣っても飽きない。

ゲストはイシモチなど。

取材時は水深20m前後の中の瀬や木更津沖を攻めたが、水温が下がれば25mの八景沖や小柴沖。

水温が上がる三月末頃からは15mの富津沖に行くという。

そうなればさらに数が狙える。

ゲーム性が高く、初心者や女性、子どもにも楽しめるシロギスは、刺身や塩焼き、天ぷらに最高だ。

さあ、次の休みはシロギスを思う存分釣ってみよう。

以上の記事は「つり丸」2019年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
すでに御前崎など西寄りのエリアではモンスタークラスが顔を出している乗っ込みのマダイだが、東京湾口の剣崎沖でもエンジンが掛かり出している。エサ取りが多いので、マメにエサのチェックをして釣果を伸ばそう!
更新: 2019-04-21 12:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読