MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調が続く東京湾のシロギス 明確なアタリと引きが楽しいよ!

好調が続く東京湾のシロギス 明確なアタリと引きが楽しいよ!

東京湾のシロギスは、中の瀬で好調が続いている。魚は大小まちまちだが良型が多い。最近は胴付き仕掛けで狙う人も多いが、テンビン仕掛けのどちらでも狙える。オモリは定番の15号。エサのアオイソメは長さ5〜6㎝。

初心者や女性、子供にも楽しめるシロギスで、今日の晩御飯は何にする?!

仕掛けはテンビン式のほか、胴付き式もOK!

掛かってからの引きも楽しい。

中の瀬ではアタリが多く、大小まちまちだが良型が多かった

良型のシロギス!

釣って美味しい!天ぷらや刺身、塩焼きでも楽しめる

一荷もあった!

ゲストはイシモチなども釣れる

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

東京湾のシロギスは、中の瀬で好調が続いている。
魚は大小まちまちだが、良型が多いのも魅力的。

最近は胴付き仕掛けで狙う人も多いが、テンビン仕掛けでも遜色なく楽しめる。

オモリは定番の15号。

エサのアオイソメは長さ5〜6㎝。

手返しの速さがものをいうため、エサをつかむ粉や、予備の仕掛けもすぐ手が届く場所に置けば安心だ。

「仕掛けは両方用意するのがオススメですが、初心者はテンビン仕掛けが扱いやすいです。
仕掛けは1日で5〜6個くらい必要です。
ハリがフグに取られる時もあるので、予備のハリも持って来てください」と
老舗船宿「冨士見」の登藤晃弘船長は言う。

真下でも釣れるが、ある程度投げて幅広く探った方が勝負が早い。

ブルブルとハリ掛かりした良型キスの引き味は何匹釣っても飽きない。

ゲストはイシモチなど。

取材時は水深20m前後の中の瀬や木更津沖を攻めたが、水温が下がれば25mの八景沖や小柴沖。

水温が上がる三月末頃からは15mの富津沖に行くという。

そうなればさらに数が狙える。

ゲーム性が高く、初心者や女性、子どもにも楽しめるシロギスは、刺身や塩焼き、天ぷらに最高だ。

さあ、次の休みはシロギスを思う存分釣ってみよう。

以上の記事は「つり丸」2019年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
この夏も好調が続いている東京湾のタチウオ。7月後半の時点では観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
更新: 2019-08-24 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
最新記事
小型の魚掴みに最適なフィッシュキャッチャー ブロックス「フィッシュキャッチャーRレギュラー」
更新: 2019-08-24 12:00:00
この夏も好調が続いている東京湾のタチウオ。7月後半の時点では観音崎沖~走水沖と第二海堡沖がメインポイントとなっている。観音崎沖のタチウオは大型がまじるのが魅力!アワセまでのカケヒキと強い引き味を楽しもう!!
更新: 2019-08-24 07:00:00
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読