MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
難しい!? 実は初心者でもチャンス有り!! 寒ビラメの釣り方

難しい!? 実は初心者でもチャンス有り!! 寒ビラメの釣り方

今が旬の寒ビラメ。イワシの泳がせで狙うヒラメは、アワせるタイミングが難しくて面白い! 竿がぐっと入った瞬間、「これだっ!」と思って力強くアワせて乗った時の面白さはたまりませんね。

イワシの群れがくれば 数、型ともに期待できる!!

良型ゲット!

アワセが決まった!

小型はリリースしました

寒い時期は肉厚で上品な脂がのり、美味しいヒラメ。この日は3枚ゲットしました!

イワシの群れがくれば、さらなる好釣果が期待できる

エサはマイワシ

根掛かりもあるので、仕掛けの予備は多めに!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島沖「清栄丸」

今が旬の寒ビラメ。

イワシの泳がせで狙うヒラメは、アタリがあったも早アワセは禁物! ヒラメは何度もエサをくわえ直しててから飲み込みます。

支給されたイワシのなかから、どの大きさのイワシを選ぶか? 背掛けか腹掛けか? タナは底べったりか少し上げるのか? 

確実に重みのあるアタリが出るまで我慢! 魚が掛かってからも気は抜けません。

慎重に巻き上げて、大きな魚影が浮いてくる瞬間はたまりません!

潮が流れずに苦戦した取材日でしたが、前後の日の釣果を見るとトップ9枚なんて日もありました。

夕飯のおかずゲットだけではなく、釣りを十分に楽しめそうな釣果。アタリが多いと楽しいし、時間が過ぎるのがあっという間ですよね。

今は寒い時期ですが、魚は美味しい季節。

防寒対策をばっちりして釣りを楽しみましょう!! 日中太陽が出れば、思ったよりも暖かくて幸せだったりしますよ。

鹿島港「清栄丸」さんは綺麗な待合所があり、帰港後昼食を食べながら反省会ができます。

ヒラメが美味しいこの時期に、ぜひ釣りに行ってくださいね!

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
最新記事
仕掛けは1.5号の細ハリス仕掛けを使いたい。船宿仕掛けは1.5号で、全長が3.5mと長め。これが活性の低いイサキを食わせる有効な手段となる。全長が長い仕掛けは時間をかけてゆっくりと食わせるのに向いている。
更新: 2019-02-24 12:00:00
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読