MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
難しい!? 実は初心者でもチャンス有り!! 寒ビラメの釣り方

難しい!? 実は初心者でもチャンス有り!! 寒ビラメの釣り方

今が旬の寒ビラメ。イワシの泳がせで狙うヒラメは、アワせるタイミングが難しくて面白い! 竿がぐっと入った瞬間、「これだっ!」と思って力強くアワせて乗った時の面白さはたまりませんね。

イワシの群れがくれば 数、型ともに期待できる!!

良型ゲット!

アワセが決まった!

小型はリリースしました

寒い時期は肉厚で上品な脂がのり、美味しいヒラメ。この日は3枚ゲットしました!

イワシの群れがくれば、さらなる好釣果が期待できる

エサはマイワシ

根掛かりもあるので、仕掛けの予備は多めに!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島沖「清栄丸」

今が旬の寒ビラメ。

イワシの泳がせで狙うヒラメは、アタリがあったも早アワセは禁物! ヒラメは何度もエサをくわえ直しててから飲み込みます。

支給されたイワシのなかから、どの大きさのイワシを選ぶか? 背掛けか腹掛けか? タナは底べったりか少し上げるのか? 

確実に重みのあるアタリが出るまで我慢! 魚が掛かってからも気は抜けません。

慎重に巻き上げて、大きな魚影が浮いてくる瞬間はたまりません!

潮が流れずに苦戦した取材日でしたが、前後の日の釣果を見るとトップ9枚なんて日もありました。

夕飯のおかずゲットだけではなく、釣りを十分に楽しめそうな釣果。アタリが多いと楽しいし、時間が過ぎるのがあっという間ですよね。

今は寒い時期ですが、魚は美味しい季節。

防寒対策をばっちりして釣りを楽しみましょう!! 日中太陽が出れば、思ったよりも暖かくて幸せだったりしますよ。

鹿島港「清栄丸」さんは綺麗な待合所があり、帰港後昼食を食べながら反省会ができます。

ヒラメが美味しいこの時期に、ぜひ釣りに行ってくださいね!

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読