MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
冬の人気ターゲット!! 深場の激うま魚アカムツの基本釣法

冬の人気ターゲット!! 深場の激うま魚アカムツの基本釣法

深場の激うま魚の冬の人気ターゲット、アカムツとキンメダイ。犬吠埼沖と相模湾はどちらもエントリーしやすいポイント。ここで基本釣法をしっかりと学んで確実釣果を目指そう!

水深200m台のアカムツタックルとは?7対3調子の竿で

波崎沖カンネコ根の水深100m台のアカムツタックルとの比較はこの釣りのベースとなっている。

浅場のカンネコ根ではオモリは120号だが、犬吠埼沖では水深があるため、オモリは200号を使用する。

そのため、竿はその負荷に対応可能なものということになる。

しかし、わずかな魚信をとらえる竿先の感度、食い込みを促す竿先の柔らかさ、そして、水深200m以上でのボトムでの確実な仕掛け操作を考慮するといわゆる根魚系に多い8対2調子だが、アジと同じく口周りが弱く、やり取り途中でバレやすいので、魚とのやり取り中に引きを十分吸収してくれ、上記の操作を可能な7対3の万能調子がベストということになる。

この竿調子は東京湾や相模湾のビシアジ竿をイメージしてもらえばよいだろう。素材はグラスでもカーボンでもどちらでもよい。長さは2m前後が主流だ。

リールは中型電動。PE4号を400m収納できるものを用意

リールだが電動はむろんだが、ここではP‌E4号を400m収納できるものをチョイスしよう。

なぜ、P‌E4号なのか。比較によくあがるのが、P‌E3号。もしくは6号〜8号。

最近多いのが P‌E3号。水深100m台ではこの道糸が主流になっているからだ。

太い6号〜8号は論外。大型リールの使用は置き竿中心、さらに、太すぎる道糸はオマツリの原因となる。

さて、P‌E3号ではなくなぜ4号なのか。

まずは、この海域ではオマツリは必至。高切れをする要因が多くある。

そのひとつはサメやクロムツなどによる道糸切れ。

よく釣れるツノザメなどは背びれに2本のツノがありそれに道糸が引っ掛かったり、サメやクロムツの歯に道糸が当たると切れてしまう。

これは、3号以下であると4号と比較して高確率なのだ。

耐久性については3号より4号のほうが格段に強い。

サバやサメなどが掛かり、各メーカーのハイパワーリールで巻いていると、3号以下ではちょっとしたキズが原因で巻き上げ途中で切れることがあるのだ。

さらに、使用する電動リールにも理由がある。水深200m以上でも手持ち竿が主流であるこの海域では、リールは中型、つまり、シマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番がメインとなる。

それに収納できる道糸が4号であれば400m以上確実に巻けるからだ。

400m必要というのは、不意な高切れを想定してのこと。P‌E4号であってもさまざまな理由で高切れする。

100m切れたとしても残り300mあれば、たいていの場合、そのタックルで継続して釣りが可能になるからだ。

そして、必ず予備のリールを用意しておく。水深200m以上の釣りでは予備の持参はテッパンを思ってよいだろう。

アカムツ釣りの基本は、オモリを底に 着けたまま誘うこと

オモリが着底したらすばやく糸フケをとり、ゼロテンション状態でアタリを待つ。

アタリがなければ、50‌㎝から1mほど糸を送ってみる。そこでアタリがなければ、糸フケを十分にとってからゆっくりと竿の長さ分聞き上げて、ゆっくりとオモリを着底させる。

基本的にはこれの繰り返しだ。

・アカムツはオモリが着いた状態で誘いをかけ食わす。

・オモリを底から上げる=オモリの移動、つまり「仕掛けの移動」と理解しよう。

もちろん、オモリを底から離せば仕掛けは動くので誘い動作になる。それを意識できれば、さらに誘い上手になるハズだ。

サメが掛かったら! さてどうする?

明らかにサメがヒットしていたら、少し速めに巻き上げるようにする。

周りの人とのオマツリを防ぐためだ。

しかし、くれぐれも電動リールのハイスピードで上げないように。リールによってはオーバーヒートすることになるからだ。

水面まで仕掛けがあがりオマツリしていたら要注意。

サメが暴れて道糸がサメの歯かツノザメのツノに触ってしまうと、いとも簡単に切れてしまう。

そうならないためにも、オマツリしたら全員協力体制ですばやくサメが掛かったハリスをカットすることを心がけよう。

ツノザメを船上にあげてしまった場合は、くれぐれも背中の2本のツノに注意。不意にサメに近づくと、サメが暴れてツノに刺される危険がある。

エサはホタルイカとサバの切り身の抱き合わせが基本

ほとんどの船宿では、アカムツのエサのホタルイカ(1パック)は乗船代に含まれている。

その他、持参したほうがよいのはサバの切り身だ。

犬吠埼沖でも付けエサは、サバの切り身とホタルイカゲソの組み合わせが基本となっている。

付けエサはホタルイカのみでも十分釣れるが、ホタルイカはハリから外れることもあるので、エサ持ちのよさを考慮すると、サバの切り身、もしくは、サケ皮、イカタン、ワームなどを付けたほうが釣り人自身の安心材料となる。

身エサなどの大きさは好みだが、大型のみを狙いたいなら大きめがよい。

なお、たいていの場合、サバがゲストでまじるが確実ではないので、心配ならホタルイカ以外の付けエサは持参したほうがよい。

仕掛けは2本バリで十分 ステ糸1.5mと少し長め

仕掛けだが、基本的にはハリスや幹糸の長さは、波崎沖カンネコ根と同じでよい。

サメやクロムツなどが釣れるので、ハリスが6号が基本。幹糸は8〜10号が適合。ハリ数は2本までとする。

「ハリ数は2本までにしてもらってます。3本にしてもオマツリなどのトラブルが増えます。結果として2本バリ仕掛けの人との釣果と変わらずというか、2本のほうがよいことが多いですよ」とは、深場釣りに詳しい波崎港「仁徳丸」の三橋正幸船長。人気があり満席などが当たり前の釣り物だからこその2本バリ仕掛けなのだという。

「みなさん平均的に釣りますけど、そのなかでもよく釣る人たちは捨て糸が長めです。

カンネコ根は1mほどですが、1.5mとってますよ」と三橋船長がアドバイス。

捨て糸が長めであるとサメやユメカサゴ避けになり、本命の確率がアップするという。

さらに、この深場ではアカムツが浮き気味であるといえよう。

過去の経験でベタ底タナのみに執着するのは大変危険。深場では“高めのタナでもヒットする”ことを覚えておこう。

投入は慌てずに!  サバが多いときは竿先を下へ向けて

釣り方だがまずは投入法。

イカのように沖目に仕掛けを投げ入れるとオマツリは少なくなるが、これをやるとエサが外れることがあるので、オモリを船下へ落とすイメージで投入しよう。

サバが中層にいることが多いので、置き竿にしたままでなく、イカ釣りのように手持ちにして竿先を真下に向けよう。

こうすることで、仕掛けがイレギュラーなアクションをすることがなくなり、サバに掴まりにくくなる。

アタリは明確に出る 一呼吸おいてから 聞き上げ

水深200m以上でもアカムツのアタリは明確に出る。

「グングングングン」小刻みに一瞬間をおきながら断続的に竿先に魚信として出るのがアカムツだ。

「プルプルプルプル」と止まる間もなく引き続けるのはサバの可能性が高い。

「グングングンッ!」と明らかに強く明確に引っ張るのはサメがほとんど。

あくまでも正体は上げてみなくては分からないので、すべて一呼吸おいてから竿をゆっくりと聞き上げ、上げきったところで重みもしくは引いているようなら、電動リールのスイッチを入れて巻きアワセをする。

水深150mくらいまでは、多少早めのスピードでオーケー。とくに残り100mをきってからはスピードは中速度以下にする。

もちろん、手持ち竿である。置き竿ではバラシのリスクが高くなるので注意しよう。

残り100mをきってからは何度か「ガクガクガク」と明確な抵抗をみせるのがアカムツの引きほ特徴だ。

このときにバレることが多いので、ドキドキしながらやり取りしよう。

そして、水面にきたら取り込みだ。慣れない人は必ずタモ入れしてもらおう。

慣れている人は魚のハリの掛かりどころをみて、しっかりと掛かっていたら、抜き上げよう。

活性の高いときほど、抜き上げ時のハリ外れは少ない。

マシュマロボールなどアピール系アクセサリーの効果は?

アカムツ仕掛けでは、マシュマロボールは定番アイテムとなっている。

この海域の流行はチャート色のマシュマロボールだが、浮力系アイテムなのでさまざまな色でヒットする。

ここで大事なことは、サバとサメを寄せないこと。やはり光るものは、サバに掴まりやすい。サメも同様だ。

周りの状況をみてサメやサバが多いときは、光るものやケイムラ発光系のものは外すようにしよう。

水中ライトはいらない。サメ寄せになり、しかも、オマツリの原因ともなる。

中オモリは慣れている人は使用オーケーだが、そうでない人は着けないほうがいい。

トラブルレスが結果として釣果アップになることが多いからだ。

深海の赤いダイヤ! 波崎アカムツ釣行レポート!!

50㎝に迫るでっぷりとした大型アカムツは珍しくない

2本バリ仕掛けに一荷ヒットもザラ

活性が高いときはオモリの着底と同時にヒットすることも多い

ナイスボディのアカムツ。惚れ惚れするほど綺麗な魚体だ

良型が多い犬吠埼沖!チャンスを逃すな!!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」

アカムツはみなさんご存知のとおり、脂がたっぷりのってジューシーな激うま魚の代表だ。

すっかり全国区になったこの魚だが、沖釣りのターゲットとしてメジャーになったのはつい最近だ。

それもそのハズ、15年前までは幻の魚ともいわれ、一部の船宿を除き、専門には遊漁船ではほとんど狙われていなかった。

近年では、海溝の水深200〜300mの泥場が生息域ということが分かり、各地でポイント開拓が行われている。

だが、いかんせん、群れでいるハズなのに魚探に反応を出さない。

しかも、根にあまりつかないので最先端のソナーや魚探に映らない船長泣かせのターゲットでもある。

沖釣りを長年やっている人でも「犬吠埼沖のアカムツ」は昔から知っているということはないだろう。

それもそのハズ、この海域の中深場を本格的に狙い始めて今期でまだ3シーズン目だからだ。

犬吠埼沖でアカムツがいると分かったのは、一昨年の4月。

波崎「信栄丸」がライトタックルメヌケ船で水深200〜300mを探索していると、クロムツにまじり良型アカムツがコンスタントにヒットするようになった。

すでにブームになっていたので専門に狙ってみると、反応もろくすっぽない、なだらかなスロープ状の海底にものすごいアカムツの群れが集結していたのだ。これはだまってはいられない、ということでその年のゴールデンウイークには波崎、外川、飯岡の遊漁船がみな満員の釣り人を乗せてこの海域に集まるという事態に。

そして、昨年。犬吠埼沖は2月からスタート。やはりこの周辺に良型アカムツが集結していたのである。

ポイントを少しずつ移し、5月までこの深場で釣り続け、結局、6月〜11月のアカムツポイントであるカンネコ根のシーズンまで犬吠埼沖で楽しめてしまったのだ。ようするに周年を通して犬吠埼沖と波崎沖でアカムツ釣りが楽しめるようになったのだ。

ここでは、アカムツにしては浅場の水深120〜150mの波崎沖カンネコ根と犬吠埼沖水深200〜300mの深場の2つの場所の比較になるが、最近では浅場はテクニカル、深場はどちらかといえばイージーな釣りに分類されている。

後者の深場は魚がいれば、仕掛けを落とせばつれることも多いので、ビギナーにも十分貴重な大型アカムツをキャッチできるチャンスがある。とはいうものの、3シーズン目ともなるとさまざまなことも分かってきた。

犬吠埼沖では、よりいっそう基本が重要になってきているのだ。そのスキルを学んで激うまアカムツを確実に釣ろう。

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
最新記事
サバとイカのリレー釣りは勝浦沖の人気メニューだが、特に真冬の寒サバとヤリイカは人気が高い。その理由は言うまでもなく美味しい時期にあたるから!このグルメリレーで出船しているのは勝浦川津港の「不動丸」だ。
更新: 2019-02-24 07:00:00
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読