MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
厳寒期のベイエリアのお手軽ライトゲーム メバカサ乗合

厳寒期のベイエリアのお手軽ライトゲーム メバカサ乗合

厳寒期のベイエリアのお手軽ライトゲーム「メバカサ乗合」。初期はカサゴがメイン、3月からはメバル中心となる。気温的にはまだまだ極寒ですが、海の中は確実に変わってきています。だんだん春めいてきて来た東京湾を「メバカサ乗合」で体感しよう。

ライトタックルでアタリ続出!? 寒さを忘れて楽しむメバカサ乗合釣行レポート

片舷に並んでキャストしていくのが基本スタイル。取材日は4人が並んだ

ライトロッドを根元から曲げてくれた相手は?

やや小さめサイズのワームが効果的だったようだ

小さくとも小気味よい引きを堪能させてくれる、メバル

ナイスサイズ!

絶好調だった、この日のメインターゲット、カサゴ

いいスポットに入ればご覧の通り

この日最大のメバルをキャッチ!

定番ゲストのシーバス

フッコクラスともなれば、スリリングなファイトを満喫できる

タックルはメバル用、カサゴ用と2〜3セット用意しておきたい

2g前後のジグヘッドがメバル狙いの定番ウエイト。プラグもあると楽しめる

岸壁際をタイトに狙う。垂直ストラクチャーを縦に釣ることも多いのが横浜港エリアの特徴

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」

シーバス、クロダイ狙いで名を馳せる横浜本牧の「アイランドクルーズFC」。

同船では、厳寒期はもちろん、5月中旬くらいまでを目安に、ロングランで「メバカサ乗合」を出船中だ。

「初期はカサゴがメイン、だんだんメバルが良くなって逆転、3月を目安に中盤戦からはメバル中心になるのが例年のパターンです。

今日はカサゴ中心になると思いますよ」とは、家田茂大船長。

穏やかな天候に恵まれた取材日は、まずメバル狙いからスタートした。

ポツリポツリとヒットはするが、やはり船長の読み通り、渋い。乗船者たちもいまひとつの表情だ。

予定通り、カサゴ狙いにチェンジ。いいスポットに魚が固まっているようで、ときおり連続ヒットしては沈黙。

そしてまた連続ヒットとおおいに盛り上がった。

やはりライトゲームだけに数釣りを堪能したいところ。この日の東京湾はそんな要望に十分に応えてくれた。

数は堪能した。

しかし、この日の乗船者はカサゴ、メバルともにオールリリース。

「強制ではない」とは船長の弁だが、同船では「家族で楽しむ分くらいで」とお願いしているという。

たっぷり釣って楽しみ、少しだけキープ。スマートな釣り人を目指し、節度をもって楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2019年2月15日号の掲載記事です。

最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読