MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾でエキサイティングなシーバスジギングを楽しもう 【図解】

東京湾でエキサイティングなシーバスジギングを楽しもう 【図解】

東京湾のシーバスが春のベストシーズンに突入! 例年3月頃はトップ100本以上という釣果も記録されるほど。70㎝オーバーはもちろん、80㎝オーバーや90cmも。釣り方はジギング。初心者や女性や子供も手軽に楽しめるので、ルアーの入門にも最適!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

シーバスジギングはいかに飽きさせないかが勝負!【図解】

初心者におすすめの釣り方を聞いてみると、「ゆっくりと巻き上げて、ある程度巻き上げたらフリーで落とすだけです」とのこと。

とってもカンタンでしょ? しかもこれが案外ハマってしまうことも多いそうで、この釣り方を教えた初心者が竿頭になることも珍しくないという。ぜひ試してみよう!

また、少し経験のあるアングラー向けのアドバイスとしては、バーチカルに攻めるのがいいのか、

少し前方にキャストして斜めに引いてくるのがいいのか。フリーフォールがいいのか、テンションフォールがいいのか。

常にこのようなことを考えながら攻めているという。

ぜひ試して欲しいというテクニックが、イカ釣りの「巻き落とし」。

いったんジグを回収するぐらいの気持ちで一気に巻き上げ、再び落とすのだという。これが効果絶大なのだそうだ。

「いかに魚を飽きさせないか」が肝心のシーバス釣り。

初心者も手軽に楽しめるシーバスジギングだが、より数を釣る、

大物だけを狙って釣るとなると、手を替え品を替え、常に頭を働かせて攻めることが大切なのだ。

70cm&80cmオーバー当たり前!? ベストシーズンの東京湾シーバスジギング釣行レポート

東京湾ならではの風景のなか、シーバスゲームを楽しむ!

船長は魚探やソナーを駆使して反応に当てる。障害物側でなくてもヒットするので安心して攻めよう

ジグは60〜80gを中心に、ウエイトも形状もカラーもできるだけ多く用意する。このローテーションがシーバスを飽きさせない

なんと81㎝!!

船中1本目がなんと81㎝!!
これで船上は一気にヒートアップ!

「アンチョビット」のルアーメーカー「プロセレ」のメタルジグの開発を手がける若林さんは75㎝! ジグはもちろん自身が開発した「アンチョビット」。こちらは75cm

こんなグッドサイズのシーバスがグイグイロッドを引き絞る。楽しい!

狙い通りに大型をキャッチ! シーバスは女性や子供も手軽に楽しめるルアーゲームでありながら、大型を狙って釣る、数を釣るなど、非常に奥深い側面もある

シーバスはトルクあるファイトでアングラーを楽しませてくれる

こまめなジグローテーションで次々とシーバスをヒットさせていく

長崎屋の常連さんは76㎝!

ランディングはサイズにかかわらず無理せずネットをお願いしよう。フックが外れてジグが飛んでくると大変危険だ

シーバスジギングのアクションパターンは一見単純そうだが、実は多種多様。
その時々の状況を的確に判断して攻略する楽しみがある

産卵を終え、コンディションのいいシーバスが増えてきた。引きも強い!

タックルはベイトタックルが有利。バス用、LTタックルなどもOKだ

「ジグは最低でもこの5色は用意できたらいいですね」と常連さん。カラーによってアタリの出方に差が出るのだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」

東京湾のシーバスがいよいよ春のベストシーズンに突入だ。

例年3月頃はトップ100本以上という釣果も記録されるほどで、しかもサイズもいい! 
70㎝オーバーはもちろん、80㎝オーバーもヒットする。
さらには、憧れの90㎝オーバーやメーターオーバーの可能性も十分にある。

釣り方はジギング。初心者や女性や子供も手軽に楽しめるので、ルアーの入門にも最適だ。

そこで、「長崎屋」の常連であり、ルアーメーカー「プロセレ」でジグの開発などに携わる若林さんに、初心者におすすめの釣り方を聞いてみると、
「ゆっくりと巻き上げて、ある程度巻き上げたらフリーで落とすだけです」とのこと。

とってもカンタンでしょ?
しかもこれが案外ハマってしまうことも多いそうで、この釣り方を教えた初心者が竿頭になることも珍しくないという。
ぜひ試してみよう!

数も、サイズも、両方期待できる春の東京湾シーバス。友達誘ってみんなで出掛けよう!

以上の記事は「つり丸」2015年3月15日号の掲載記事です。

最新記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル