MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】

食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】

年間通じて安定した人気の新島沖のキンメダイ。大型は3㎏を超すサイズと「トロ」の看板に偽りない極上の味覚がディープマニアの心をわし掴みにして離さない。

perm_media 《画像ギャラリー》食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】の画像をチェック! navigate_next

極上美味のトロキンメ。2㎏ではまだ「中の上」、目指すは3㎏超のビッグワン

コイツがめちゃくちゃ美味しい新島沖のトロキンメだ!!

新島沖の大型キンメ。サイズがいいだけでなく、食味も満点。たっぷり脂が乗ったトロキンメだ。

リールは「ミヤマエ コマンドCZ20」を、電源は「ハピソン リチウムイオンバッテリーパック」を使用した。

水深は400〜500m前後。オモリは1.8㎏を使用。

大型キンメは確実にタモですくおおう。

こちらも良型。この日は食いがいまいちで、2点掛けまでだったが、食いのいい日はゾロゾロと多点掛けで上がってくる。

新島沖にひしめく船、船、船。南伊豆のキンメ船が集結するその様は壮観でもあり、異様でもある。
今釣れているのはこの場所だけだ。釣り船だけでなく、漁船も来てるから、投入は順番待ち。
待つ事30分、ついに投入の合図。この日はどんなドラマが待っているのか。
取材時はムラが激しく、猫の目のごとく変わる釣況。大釣りに歓喜する日もあれば、不調に泣く日もあるが、「ここのキンメを釣ってしまうと、他では満足できないから」と笑った同乗者。もちろん数の話ではない。
2㎏ではまだ「中の上」、目指すは3㎏超のビッグワン。
サイズだけではない。味も「国内最上級」と言って差し支えない極上品。
そんな「究極のキンメ」を求め、今日もマニア達は新島沖へと通うのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル