MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】

食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】

年間通じて安定した人気の新島沖のキンメダイ。大型は3㎏を超すサイズと「トロ」の看板に偽りない極上の味覚がディープマニアの心をわし掴みにして離さない。

極上美味のトロキンメ。2㎏ではまだ「中の上」、目指すは3㎏超のビッグワン

コイツがめちゃくちゃ美味しい新島沖のトロキンメだ!!

新島沖の大型キンメ。サイズがいいだけでなく、食味も満点。たっぷり脂が乗ったトロキンメだ。

リールは「ミヤマエ コマンドCZ20」を、電源は「ハピソン リチウムイオンバッテリーパック」を使用した。

水深は400〜500m前後。オモリは1.8㎏を使用。

大型キンメは確実にタモですくおおう。

こちらも良型。この日は食いがいまいちで、2点掛けまでだったが、食いのいい日はゾロゾロと多点掛けで上がってくる。

新島沖にひしめく船、船、船。南伊豆のキンメ船が集結するその様は壮観でもあり、異様でもある。
今釣れているのはこの場所だけだ。釣り船だけでなく、漁船も来てるから、投入は順番待ち。
待つ事30分、ついに投入の合図。この日はどんなドラマが待っているのか。
取材時はムラが激しく、猫の目のごとく変わる釣況。大釣りに歓喜する日もあれば、不調に泣く日もあるが、「ここのキンメを釣ってしまうと、他では満足できないから」と笑った同乗者。もちろん数の話ではない。
2㎏ではまだ「中の上」、目指すは3㎏超のビッグワン。
サイズだけではない。味も「国内最上級」と言って差し支えない極上品。
そんな「究極のキンメ」を求め、今日もマニア達は新島沖へと通うのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読