MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】

食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】

年間通じて安定した人気の新島沖のキンメダイ。大型は3㎏を超すサイズと「トロ」の看板に偽りない極上の味覚がディープマニアの心をわし掴みにして離さない。

perm_media 《画像ギャラリー》食味は国内最上級!? 新島沖のトロキンメ【新島沖】の画像をチェック! navigate_next

極上美味のトロキンメ。2㎏ではまだ「中の上」、目指すは3㎏超のビッグワン

コイツがめちゃくちゃ美味しい新島沖のトロキンメだ!!

新島沖の大型キンメ。サイズがいいだけでなく、食味も満点。たっぷり脂が乗ったトロキンメだ。

リールは「ミヤマエ コマンドCZ20」を、電源は「ハピソン リチウムイオンバッテリーパック」を使用した。

水深は400〜500m前後。オモリは1.8㎏を使用。

大型キンメは確実にタモですくおおう。

こちらも良型。この日は食いがいまいちで、2点掛けまでだったが、食いのいい日はゾロゾロと多点掛けで上がってくる。

新島沖にひしめく船、船、船。南伊豆のキンメ船が集結するその様は壮観でもあり、異様でもある。
今釣れているのはこの場所だけだ。釣り船だけでなく、漁船も来てるから、投入は順番待ち。
待つ事30分、ついに投入の合図。この日はどんなドラマが待っているのか。
取材時はムラが激しく、猫の目のごとく変わる釣況。大釣りに歓喜する日もあれば、不調に泣く日もあるが、「ここのキンメを釣ってしまうと、他では満足できないから」と笑った同乗者。もちろん数の話ではない。
2㎏ではまだ「中の上」、目指すは3㎏超のビッグワン。
サイズだけではない。味も「国内最上級」と言って差し支えない極上品。
そんな「究極のキンメ」を求め、今日もマニア達は新島沖へと通うのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
アカカマはススズキ目カマス科カマス属。北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル