MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒さブッ飛ぶHOTな釣果!ヒット連発のイシモチ【仕掛け&基本】

寒さブッ飛ぶHOTな釣果!ヒット連発のイシモチ【仕掛け&基本】

東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「小柴丸」のイシモチ仕掛け

後の釣り方でも紹介するが、イシモチは派手なアタリを出すし、ファイトも力強い。
そんな釣り味をさらに高めてくれるのがライトタックルの使用で、「小柴丸」でも推奨しているという。

「その昔は、長竿のメバルタックルなどの軟調竿が主流だったけど、今はゲームロッドがあるからね。
水深が比較的浅めな沖釣りだし、向こうアワセの釣りで仕留めたり、手持ちで仕掛けの安定を図るこの釣りにはもってこいだからさ」。

調子は7対3、もしくは6対4で、長さは2m前後が扱いやすい。

なお、人より多く数を釣るには、繊細なアタリを取っていくことも必要となる。
そんな時のために穂先の感度が良いタイプを選んでいおくと良いだろう。

リールは、小型両軸リールが主流。

今後は、狙う水深が少しずつ深くなり最大で70m近くまで攻めるので、小型の電動リールをチョイスするのも良いが、ヒット時の巻き上げは、後に説明するが手巻きをオススメする。

「小柴丸」の道糸は、王道のフロロカーボンの4号100mを推奨。

「クッションの役目を兼ねていて、仕掛けを安定させることや仮に誘った場合も、PEよりソフトで向いているからさ」と船長は語るが、「とは言え、PEの時代になってるからね。ロッドも進化して走りなどを吸収してくれるので、使うなら1号前後で」と柔軟な対応もしている。

胴付きの2本、または3本バリで挑むイシモチ釣りの仕掛け。

市販の一般的な仕掛けでも、もちろん釣れるが、イシモチ釣りにこだわる「小柴丸」では、オリジナルの仕掛けを用意。
お客さんもそれを使用する人が多い。

「長年、研究して、いろいろなモノを試し、良いとこ取りして、この仕掛けに辿り着いたんだけど、実は、まだ改良の余地はあると思ってんだよね」と飽くなき探求心にあふれる船長だが、今のところ、この仕掛けで安定して釣れているのでお客さんにオススメしていると言う。

「どんなコンディションでも、そこそこには釣れるオールマイティーな枝スの長さで作っているんだよね」とニッコリ。

なお、紹介している仕掛け図には、先糸、捨て糸の長さやを表記してないが、それは購入していただければ分かるからとのことでした。

続いて、船宿によってさまざまあるエサとなるアオイソメの付け方だが、「小柴丸」では1匹掛けで釣りを行っている。

「活性が良い場合は、ほんの少しエサが付いていれば食べてくるからね。なくなったら付ける感じで良いよ」とのこと。

東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖 イシモチ釣果レポート

7:3〜6:4調子のゲームロッドにフロロカーボン4号を巻いた小型両軸リールの組み合わせで挑むのが「小柴丸」流

「小柴丸」オリジナルのコダワリ仕掛けは2組入り。オモリは30号統一だ

エサはアオイソメをチョン掛けで1本刺す

群れで行動するイシモチ。今期は活性の高い群れが多く、誰かがアタれば、必ずその周りの人もヒットしてくる。
周辺がアタッた時は、底ダチを取り直して穂先のアタリに集中しよう

状況確認で船長が仕掛けを降ろすと、瞬時に釣り上げた

ダブルヒット!

30㎝クラスの良型が多く獲り込まれた

釣行2回目のビギナーさんでも、ご覧のような釣果に!
「船長の教え通りにしてただけです」とニッコリ 

「道具立てが軽いので楽しめますよ」とのコト

派手なアタリを出すが、慌ててアワせるのはNG! 再度引き込むまで待つのがセオリーだ

完全に食わせるまでは、ドキドキもの!良型を釣り上げた!

ゲストも魅力!マダイも釣れた。

こちらのゲストは定番の金アジ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「小柴丸」

アタリ活発&引き味バツグン!
おまけにナイスサイズの数釣り必至で超デリシャス!!

楽しく釣るための三大要素以上のファクターを持つ東京湾のイシモチ釣りが連日、好釣果を記録しているので要チェックだ。

「例年通りの冬場のパターンに入って、コンスタントに食ってるって感じかな。
今期は開幕した秋から釣況が良くてね。この群れの固まりや釣れてくるサイズを見ると、今後も安泰。
むしろ良型の30㎝前後主体でロングランで楽しめると思うよ」と明るい見通しを語ってくれたのが、
明治時代から続く老舗船宿でイシモチにアツい情熱を燃やす金沢八景「小柴丸」の鈴木仁船長だ。

現在、攻めているポイントは八景沖から横須賀沖の水深30〜60mダチで、今後も潮具合や釣況を見て、その時にあったべストな場所を釣っていくと言う。

この釣りはタックルも軽く、釣り方もイージー。オモリが海底にたまに触れる位置で待つだけで釣れるので、ビギナーや女性&子供も楽しめる。ただし人より多く釣るとなると、それなりに奥が深い…。

イシモチは、血抜きした方が断然、美味しいと、オリジナルのやり方を教えてくれた船長。

「ウチが考案した完全血抜き法で持ち帰れば、刺身はもちろん、どんな料理でも劇的に美味しくなりますからぜひ試して下さい!」。

しっかり行って、存分に味わおう!!

釣り上げたら、完全血抜きで極上の味へ進化!

これをやれば劇的に美味さがアップ!
イシモチをより美味しく食べる方法を研究している鈴木船長が考案した完全血抜き法を伝授。

① エラ下の付け根を切る

② めくりあげて出てくる三角の臓器(心臓)をハサミでカット

③ すぐに海水入りのバケツに入れて血を出す。血を出しながら弱るので、5分程度は待つこと。
  クーラーに水氷(海水を入れた氷)を用意して、その中に入れて持ち帰ろう。

イシモチ釣りの基本編 底スレスレのタナで、早アワセは禁物!向こうアワセで釣ろう

まず最初に、この釣りはアタリが多く、普通に釣っていれば入門者でもおかず程度の釣果は得られる魚だとイージーに考えること。

「アタリが明確なうえ、向こうアワセの釣りになるので、タナさえ合わせればオートマチックにイシモチがエサ食って、ハリ掛かりしてくるんだよね」。

ちなみに、このタナと言うのがベタ底。
つまりビギナーは、エサを海底に留めることを最重要課題と考え、仕掛けを落せば良いのだ。

「エサを安定させて漂わせることができると尚更食いが良くなるので、仕掛け投入後は、海底にオモリを付けたまま糸フケを取って、その後は、船の揺れに合わせて竿を上下させてみて」と船長が釣り方を指南してくれた。

これからの時期は季節風の影響で、ウネリが強くなることもあるので、その時は竿の上下動を大きくして、仕掛けの安定に努めよう。

その他、基本の釣り方を上段のイラストで紹介しているので、参考に!

この魚は、チョン掛けしたエサのアオイソメをイッキに食うこともあるが、通常は尻から徐々にゆっくり噛み込んで捕食する。

「最初に噛みついてくる前アタリ時からグッグッグッと竿先に明確なシグナルを伝えるので、リアクション的にビシッ!とアワセを入れちゃう人がいるけど、そんな時はやっぱりスッポ抜けるか、エサを半分食い千切られた状態で仕掛けが上がってくるよね。ま、まれにハリ掛かりすることもあるけど…」と船長。そこでアドバイスだ!

スッポ抜けを阻止する方法はひとつ。
しっかりエサを食わせること。

具体的には、竿先が海面に持って行かれるくらいの引き込み=勝手にハリ掛かりして反転して逃げる状態(これを向こうアワセと言う)になってから、ロッドを軽く聞き上げるように立てて、最後にハリに乗せるイメージで軽く持ち上げれば良いのだ。

なお、取り込みは、よっぽどの大物以外は通常、抜き上げで対応。

ロッドの弾力を使ってスムーズに持ち上げ、オモリをキャッチして船内に取り込もう。

丁寧な釣りに終始して、釣果を伸ばす方法を伝授!

タックルも軽く、釣り方もシンプルなイシモチは、ボウズが少ない釣りではあるが、食い渋ることもたまにある。

そんな時の対応策と釣果アップのちょっとしたコツも教えておこう。

「食い渋り時は、得てしてアタリが小さく、食い込みも甘いので、より集中して穂先の変化を捉えること」と船長。

微細なアタリを捉えたら、そのままじっとこらえてアタリが大きくなるのを待つ。
それでも食わないようならイラストにも紹介した〝聞き上げ〟を試して食いつかせよう。

「数を伸ばすには追い食いもあるけど、こっちもその場でじっとこらえている方が経験上、追い食いしてくるんで教えておくね。
動かし過ぎは、着いた魚もバレるし効果が薄いと覚えておいて。
あと図解もしたけど、意外と見落としがちなのがアタリを見逃して、食っていることに気付いていない人がいるからさ。
集中力も大事だよ」とアドバイスをくれた。

イシモチ釣りの魅力は、掛けた後から始まるファイトにもあり、小物の数釣りと侮ると痛い目に合うので要注意だ。

イシモチはアグレッシブなファイトでアングラーを魅了する魚で、同じ大きさならアジやメバル以上に力強く走る。

「だから、やりとりは魚をいなす感じで、デリケートに行い、無理なく寄せる方が良いよね。
口周りがそれほど強くない魚だから、薄皮に掛かると、ハリ穴が広がり抜けやすくなる。
くれぐれも電動でビュィーンとイッキに巻かないように!」とのこと。

ガサツな釣りは、数が伸びないと肝に銘じて楽しむようにしよう!

以上の記事は「つり丸」2019年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル