MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のシロギス!水温が下がって「落ちギス」の展開!

東京湾のシロギス!水温が下がって「落ちギス」の展開!

東京湾の代表的な沖釣りターゲットのシロギス。水温低下に伴って、深場へと落ちていくことから通称「落ちギス」と呼ばれる。特徴は良型で、厳寒期にも耐えうるべく蓄えた上質な脂が乗って美味なことも魅力!!

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾のシロギス!水温が下がって「落ちギス」の展開!の画像をチェック! navigate_next

水温が下がって「落ちギス」の展開!良型多く、食べても美味しい

水温が下がって「落ちギス」の展開になった東京湾のシロギス。
良型がそろい、食べても美味!

仕掛けはテンビン式、胴付き式のどちらでもOK!

付けエサはアオイソメ。この時期は柔らかくなったエサが食いがいい

「落ちギス」の釣り方は、誘った後にしっかりと食わせる間を取るか

置き竿でアタリを待つのがいい。
この時期にあった釣り方が大事だ

慣れたベテランはチャンスとなると着実に良型を釣り上げていた

この時期は難しい日もあるが、サイズがいいのが魅力

嬉しい一荷!サイズがいいので、2匹掛かると重量感がある

この時期のシロギスは脂が乗って美味しい

「落ちギス」は少しテクニックを要するからこそ面白い

鈴木船長はコンスタントに釣り上げていた!

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「かめだや」

東京湾の代表的な沖釣りターゲットのシロギス。

通年で楽しめる魚だが、釣れる場所や釣り方は季節ごとに全く異なる。

水温低下に伴って、深場へと落ちていくことから通称「落ちギス」とも呼ばれる、厳寒期のシロギスもその一つ。

「落ちギス」の特徴は平均的にサイズがいい。
そして、厳寒期にも耐えうるべく蓄えた上質な脂が乗って美味なことも魅力だ。

夏のシロギスは浅場で数釣りを楽しむことができるので、人気が高く、初心者でも気軽にトライできる。

しかしこの「落ちギス」は、数を釣ろうとすると少しテクニックを要する。

シロギスに魅せられた釣り人にとっては腕の試しどころなのだ!

羽田「かめだや」の鈴木祥太船長に話を聞くと、
「1月中旬ぐらいまではかなり活性が高く、束(100匹)を超える日もあったけど、後半からいよいよ深場に移動して、毎日試行錯誤している。誰でも数が釣れるってわけではないけど、きちんと深場にあった釣り方をすれば数が出るよ。サイズも平均的に大きいから30匹も釣れたら大満足。攻略しがいがあるね!」とのこと。

釣行日はまさに厳寒期の「落ちギス」の展開。

ひと筋縄にはいかない状況の中で、腕利きの釣り人は22匹の良型シロギスを釣った。

腕に覚えのあるシロギスフリークなら是非攻略しておきたい!

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル