MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾・亀城根〜城ヶ島西沖 春のマルイカ釣り方と仕掛け【図解】

相模湾・亀城根〜城ヶ島西沖 春のマルイカ釣り方と仕掛け【図解】

立春も過ぎていよいよマルイカが本格始動した。今シーズンの相模湾はまだやや深場ながら良型も多く乗りは上々! テクニックを駆使してズンズンと乗り味を楽しもう!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

準備編 深場でもL‌TでO‌K 手巻きリールで対応可

タックルはシーズン初期の深場でもライトタックルで狙う。

水深が深い場合はオモリ60号程度も使うが、使用するラインが0.8号以下と細いことから50号メインで、40号まで用意しておく。

ロッドはオモリを切って釣る宙の釣り方と、オモリを置いてアタリを取るゼロテンの釣り方でわかれる。

ベーシックな釣り方である宙の釣りには1.4~1.6mほどのマルイカ専用ロッド。

好みによって9対1の極先調子のものから7対3調子のものなどを使い分ける。

「少し軟らか目のロッドだと、宙の釣り、ゼロテンの釣りのどちらも使用できます。ただし、ゼロテン専用竿に比べてアタリが出る部分が少ないので見逃さないようにしましょう。でも水深がある時は兼用ロッドの方が扱いやすいです」
こう話すのは、ダイワSFAの大島匠さん。

ゼロテン用は、トップが繊細で長く、アタリが出やすいものが発売されている。

ただし、その細さゆえガイドへの糸がらみなどで穂先を破損することがある。穂先はスペアを持参しよう。

現在、狙っている水深は80~90mほど。最近の小型電動リールはかなり軽量コンパクト。初期の深場には重宝するが、最近は深場でも手巻きの人が多い。

「繊細なアタリをとって釣る時、やはり軽量な両軸リールの方がいいですね」
現在の高性能小型両軸リールはハイスピードで、ハンドル1回転が70㎝以上のものも多い。80~90mくらいなら十分に対応できる。

道糸はPE0.8号前後。なるべく強度の高いものをセレクトしよう、高切れすることもあるので、深場の場合は200m巻いてあると安心だ。

ちなみに大島さんはオモリ50号までの場合は0.6号、60号の時は0.8号と使い分けている。

このエリアでは、仕掛けはシーズンの初期でも繊細な釣りがメインになることから直結を使う人がほとんど。

スッテは40㎜前後の小型をメインに5本前後。潮が澄んでいる現在は透過性のあるクリアタイプがメインになる。

「直結の人が多いですが、ブランコ仕掛けで数を釣るベテランの人もいます。多点掛けならブランコの人が強いですよ。
あと、潮が結構流れているので、深場の時は直結でも下のスッテは直ブラにしておくと安心です」と山本船長。

スッテは幹糸にフックとビーズで接続する。幹糸は4号1‌mほど。この幹糸の片側にフックを、反対側にはビーズで止めておく。

オモリは50号が基準だが、潮具合によって40号、60号までを用意しよう。深場ほど落下スピードの差が付き、それはそのまま釣果にも直結する。

重くしたくないときはタングステンなど、落下の早いものをセレクトしよう。比重が重いので同じ重量でもサイズは小さくなりアタリも出やすくなる。

高価なオモリを使う場合は、ロック付きのスナップサルカンを使用したい。

実釣編1 宙の釣り アタリを見ることが大切 かすかな変化もアタリだ

オモリ50号標準。深場だとタングステンも威力は大きい

タタキを多用する場合はロック付きのサルカンを

接続にはイカフック&小型サルカン、ビーズを使用する

直結仕掛けの、宙=オモリを浮かせた釣り方の基本を解説する。

船長から投入の合図があったら素早く仕掛けを投入。反応を見つけた最初の投入はチャンス大。

イカがいるので乗る可能性も高くなる。

着底と同時に乗ることも少なくない。

オモリが着底した瞬間、糸フケを取っているときに竿先が震えたり、糸がフワフワするようなときはすでにスッテに抱きついている可能性が高い。

直結仕掛けはここでアワセを入れないと乗せられない。

違和感があったら素早く竿を持ち上げるようにしてアワせよう。

乗ればズンとした重みを感じるはず。乗ったと思ったらすぐに巻き上げ開始。

ベーシックな宙の釣り方はオモリを海底から少し浮かせた状態で待つ。

イカがスッテに触っても乗らないことがある。もう一度竿を止めてアタリを見てみよう。

何も変化がなかったら、一度一気に10mほど巻いて再び落としてる。これが巻き落としで、かなり多用するテクニックだ。

仕掛けが見切られたとき、一度イカの前から仕掛けを消すことで、リセット効果が得られると同時に、イカは落ちてくるものに反応するため、より乗せるチャンスが増えるのだ。

イカが素直に乗ってくるようなときはあまりタタキをしないで、静かに釣ってみよう。

次第に触りを感じるのに乗らなくなる。そんな時に竿を上下にシャカシャカと動かすタタキを行ってみよう。

この後にピタっと竿を止めて穂先に注目すると、アタリが出ることが多い。

これらを組み合わせて釣っていくのが、アタリを見てアワせていく宙のベーシックな釣り方だ。

アタリの種類を理解しよう 疑わしきはアワせる

周りが釣れているのに自分だけ釣れない、ということがこの釣りにはよくある。

①触るのに釣れない
触り、アタリがわかっているのに釣れないなら、アワセのタイミングが悪いことが主な要因になる。
この場合は、巻きアワセとタタキで対処しよう。また、アワセが強すぎてもかけられないことがある。
直結の場合はあくまでスイっと持ち上げて乗せるイメージでアワせよう。


②アタリがわからない、アタリがない
アタリが出るのはしっかりと竿を止めている状態。
さらに竿先を見やすい角度にしてみよう。
慣れた人なら好みでいいが、アタリを見る時の竿は平行か、それよりも少し下げた状態が基本型。
竿をしっかりと止めた状態で少しでもおかしい、と思ったらすぐにアワせるクセをつけよう。
この手がすぐに動くようになると上達する。アタリを見るためには竿を止めること。
しかしアタリを出すためにはタタキや巻き落としが有効になる。アタリがないと思ったら特に巻き落としを多用しよう。

深場ではタタいて アタリを出やすく!

誘いのメインはタタキ。浅場ではスッテに動きを与えることができるが、深場ではスッテはほとんど動かないだろう。

ただし、こんな水深でもタタキの後には確実にアタリが出やすくなる。

これは、タタキをすることによって、たるみの出ていた道糸が一瞬張った状態になり、ここでイカがスッテに触ると竿先にアタリが出やすくなるためだ。

タタキを入れた後は必ず竿をストップして竿先を見る。そのときに、ツンとかフワッとしたアタリが出る。

実釣編2 ゼロテンの釣り アタリが出やすい釣り 難易度は高めだ

「うちのお客さんはゼロテンの人が7割くらいと特別多いと思うんだけど、慣れた人じゃないと釣れないからね」と山本船長は言う。

習熟度が必要な釣りだがその威力は絶大だ。
メリットもあればデメリットもある(イラスト参照)。そこで、大島匠さんにわかりやすいゼロテンの釣りを解説してもらった。

●仕掛けは糸を立たせる
大島さんの仕掛けは「ミッドスッテ」35㎜を7本使用するのが基本。幹糸は3.5号、幹の長さは全て1‌m。
「潮が速い時は仕掛けは6本にします。出来るだけ糸を立たせるということを意識します。糸が立つことでアタリが出やすくなるからです」
スッテはよほど大型イカが多い場合を除いて基本は小型サイズが多いという。
「カラーはピンク、ケイムラ、イエロー。迷わないためにこのベースカラーは変えません。あとはグリーンの玉露を入れます。ちなみに今日はケイムラへの反応が良かったですね」
ロッドは2本を使い分ける。宙とゼロテン兼用が「極鋭マルイカE‌X AGS」の「F」タイプ。ゼロテン専用が「M‌C」だ。

「深場だと兼用竿が使いやすいですね」
この日、前半は「M‌C」、後半は「F」を使用したが、後半の方が全体的な乗りは悪かったが大島さんは逆に釣果を伸ばした。

●待ちは2秒まで!
ゼロテンの基本は、アタリを取るとき、オモリが着底した状態であることだ。
「素早く着底させて、普通は最初に動かさないでアタリを見ます。でも、移動後の一発目などダブルの可能性が高くなります。
こんな時は、着底してすぐにいきなりタタきます。そこで一度寄ってきただろうイカを散らし、その後に止めたときに一気に乗せるというイメージです。これでダブルになることが多いんです」
これは状況によって使い分けてもいいだろう。では、タタキと待ち、アワセのタイミングはどうするのだろうか?

「着底状態で3回タタいて止めます。止めてアタリを見るのは2秒までです。アタリがあればすぐにアワせます。アタリがなくても一度底を切り、再度着底して同じ動作をします。これを3、4回繰り返したら巻き落としをします」
待ちを2秒までにするのは、この釣りのデメリットともなりかねないオマツリを防ぐためだ。
どうしてもオモリを長く着底させておくとオマツリしやすくなるのだ。
「タタキは最初は3回、次は2回にするなど変化をつけます。強さも強弱をつけ、深場の時は強めを意識してやります」
いろんなパターンを試してその日に有効なものを探していくのだという。

●アタリは「ツン」
見逃さないように!
アタリは竿をストップした2秒のうちに見極める。
「一番多いのはツンですね。このほか、竿先が震えるようなものも多いです。おかしいな、アタリかな? と思ったら必ずアワセを入れましょう」
基本は即アワセだが、ダブルが期待できそうな時は、ワンテンポ遅らせてアワせるという。
アタリは穂先の軟らかい部分が長くて細いほど大きく長く出る。このため、ゼロテン専用竿じゃない竿を使う場合は、アタリ自体が小さくなるので注意が必要だ。
「イカが浮くことがありますが、こんな時は捨て糸を長くすれば対応できます」

反応バリバリ! 大型も多いぞ!! ゼロテン&宙で乗せまくるヤリイカ釣行レポート!

前半は良型が目立った。

直結は手返しの早さも抜群だ

【タタキ】タタキは3回程度入れる

【ゼロテンション】わずかに竿先がお辞儀するぐらいのゼロテン状態に。ここで待つのは2秒まで!

【アワセ】アタリがあればすぐにアワセを入れよう

反応はどこでもあるし、結構いいスタート!!

「ゼロテンで楽しんでいます」

「穂先だけ買ってきて自分でガイドをつけています」。繊細な穂先を使う場合はスペア穂先は必携だ

直結、直ブラのスッテは小型主体。こちらは35サイズ

「私はブランコでやっています」という常連さんは6㎝スッテで良型主体に数を伸ばした

「今日ぐらいの90mぐらいあるときはあまり軟らかい竿だとタタキができません。そんな時は少し硬めの竿がいいですよ」と常連さん

この日は強風で後半は乗り渋ったがトップ26杯とまずまず。良型が多いのがうれしい

常連さんは釣り方を解説してくれながら23杯で2番手はさすが!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」

今シーズン、相模湾のマルイカは早い所では12月下旬にスタートを切った。

もちろん深場だが数もまとまっていて大いに期待を持たせてくれた。

そして1月後半になって水深もやや浅くなり春シーズンが本格スタートした。

「今年はどこにでも反応がありますよ。その日によって上下はありますが、感触的にはかなりいいです」と葉山あぶずり港「たいぞう丸」の山本真一郎船長は言う。

取材日は一日北東強風が吹き大変寒い日となったが、マルイカのご機嫌は上々。

朝の1投から良型が顔を出し、「反応はバリバリだよ」とアナウンスがあると連チャンも。

「このエリアはゼロテンの釣りも楽しいですよ。基本がちゃんとわかれば威力を発揮します」と常連さん。

水深は80~90mとまだ深いがこれから濁りと水温上昇で徐々に浅場に入っていき、より釣りやすくなる。

さあ、今年も熱くなろうぜ!

以上の記事は「つり丸」2019年3月1日号の掲載記事です。

最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル