MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシの群れを追う大型マダイを狙え!【仕掛け&釣り方】

イワシの群れを追う大型マダイを狙え!【仕掛け&釣り方】

大原港のテンヤマダイ船の多くがイワシの群れを追うマダイを狙っている。イワシの反応に付いたマダイは型がよく、ほとんどが3kgを超すサイズ。例年5月頃までイワシの群れが回遊しており、今が大型狙いのチャンス!

タックル&仕掛けとワームの有効性 イワシ反応狙いではテンヤ+ワームが実績大!

今、大原沖のひとつテンヤマダイ船で話題となっているのが、エビエサの代わりにワームを使うスタイルだ。

そこで今回の「LT広布号」の取材に、この釣りのスペシャリストであるエコギアの榎戸 富さんと吉田裕樹さんに同行してもらった。

「テンヤを巻いてきたり、テンヤのフォール中にエビの頭が取れかかったり、エビがズレたりすることがしばしばあります。そうなるとテンヤが不自然に動いて食いが悪くなるんです。
とくに警戒心の強い大ダイは、その傾向がありますね。そこでエビの代わりにワームを使えば、頭部が取れかかることもなければ、ハリからズレることもほとんどありません。
イワシに付いたマダイを狙うときは、テンヤをキャストして巻いてくる釣り方なので、とくにワームが有効で実績も出ていますね」とはエコギアの榎戸さん。

今回の「LT広布号」の取材は二日間にわたっておこなった。

初日は午後船のみだったが、全員がワーム使用。

二日目は午前、午後の乗船で7〜8割の釣り人がワームを使っていた。

釣果は二日で船中7枚のマダイが取り込まれたが、そのうち6枚がワームのヒットだった。

ワームはエビの形を模したエコギア「アクア スイムシュリンプ」のほか、グラブやストレートワームなど。
イワシ反応を狙うには、ホワイトやグローなどのカラーが実績が高いようだ。

エビエサを使うなら、上の図のように頭が取れないようにエサ付けしよう。

イワシ反応を狙うときの竿は、少し軟らかめの調子がおすすめだという。

「テンヤがフォールして、リールを巻き始めた直後によくアタります。リールを巻いていると『ガン!』という衝撃とともにアタります。
ここで竿が硬すぎるとアタリを弾いてしまうこともあります。ですから軟らかめの竿(ノリーズの竿なら『ハイブリッドテンヤ真鯛710M』)がいいですね」と榎戸さん。

釣り方はテンヤをキャストして巻いてくる!

イワシ反応を狙うときの釣り方は、通常の場合とは違う。

「大原沖でイワシが回遊している場所は水深が浅いです。ときには6〜7mの浅場も狙います。そんな浅場では船下では、まずアタりません。
ですから、まず船から離れた地点にテンヤをキャストしてください。そしてテンヤが底に着いたら巻いてくるのが基本の釣り方です」とは「LT広布号」の野島船長。

エコギアの榎戸さんと吉田さんは、「探見丸」を駆使してさらに一歩進んだ釣り方(イラスト参照)をしている。

榎戸さんは「探見丸」のアキュフィッシュ(反応の魚体長を示す機能)をオンにして、イワシ反応のなかにある大型魚の反応の位置までテンヤをフォール。

そして、そのタナをキープするようにテンヤを巻いてくる。
一定のタナをキープするには、エコギア「スイミングテンヤ」が適しているという。
この方法で取材では5.4㎏をゲットした!

吉田さんは「探見丸」で水深を確認したら、海底より2〜3m上までテンヤをフォール。

その後は小さくリフト&ステイ(ロッドをリフトしたら止めて待つ)させ、ラインがタルんだら巻くを繰り返して誘う。この方法ではエコギア「オーバルテンヤ」が適しているそうだ。
取材ではこの釣り方で5㎏をゲットした!

外房・大原沖 テンヤマダイ釣行レポート

イワシに付いたタイは、テンヤをキャストして巻いてくる釣り方で狙う!

ノリーズの榎戸さんのタックルと仕掛け。
竿はノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛80MH」。
テンヤはエコギア「スイミングテンヤ」の20g。
ワームはエコギア「アクア スイムシュリンプ」

2月25日の取材では横流しでイワシ反応を狙った!

映し出されたイワシの反応。
縦長に凝縮されたような反応は、周囲を大型魚に取り囲まれている可能性が高く、ヒット率が高いという!

ノリーズの榎戸さんは2月28日、大原「LT広布号」の午後船で5.4㎏をゲット!
この日の午後船唯一の大ダイをイワシ反応から引きずり出した!

吉田さんの使用ロッドは、ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛80MH」

まずは1.5㎏級。イワシ反応狙いでは、このサイズは珍しい!

ノリーズの吉田裕樹さんは2月28日の午前船で大アタリ!
終了間際に5㎏をゲット!
エコギア「オーバルテンヤ」のシルバー5号とエコギア「アクア スイムシュリンプ」のグローの組み合わせにヒットした

エビエサでアタった3.5kg級!

太めのラインで強気のやり取りを展開!

大型はタモでシッカリ取り込み!

2月25日の取材で取り込まれた3㎏オーバー。
この釣り人は、同サイズをもう1枚釣った!

ワラサもヒット!

ワラサやヒラマサのヒットもある

ヒラメのヒットも珍しくない

タマズメにはスズキがアタックしてきた!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「LT広布号」

いま、外房・大原沖周辺のひとつテンヤマダイで話題となっているのが、エビエサの代わりにワームを使って釣るスタイルだ。

「テンヤを巻いてきたり、フォール中にエビの頭が取れかかったり、エサがズレたりすることがしばしばあります。
そうなるとテンヤが不自然に動いて食いが悪くなるんです。とくに警戒心の強い大ダイは、その傾向があります。
それを解消するのがワームです。頭部が取れかかることもなければ、ハリからズレることもほとんどありません。
実績も十分なほどにでていますが、イワシ反応に付いたマダイを狙うにはとくに有効です」と話すのはノリーズの榎戸 富さん。

取材は2月25日と28日の大原「LT広布号」。

港前にイワシの群れが回遊しており、そのイワシを追っているマダイを狙う。

「イワシの反応に付いたマダイは型がいいです。ほとんどが3㎏を超すサイズです。
その代わりアタリの数は船中数発で、一発狙いのような感じになりますね。
釣り方はテンヤをキャストして巻いてきてください。水深が浅いので、まず船下ではアタりませんから。
エビエサでも釣れますが、巻いてくる釣り方なのでワームも有効ですよ」とは野島幸一船長。

取り込まれたマダイはほとんどが羨ましいサイズばかり。

またゲストもワラサに良型ビラメと豪華! 

テンヤマダイファンなら、これはもう行くしかないだろう!

以上の記事は「つり丸」2015年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読