MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

今期の相模湾はカツオやキハダが好調だ。相模湾ではコマセ釣り、エビングなどのルアーでキハダ、カツオが釣れている。まだまだシーズンが続くので、このチャンスを逃さずモノにしよう!

カツオかキハダの状況のいい方を狙う! 目まぐるしく状況が変わるので、どちらにもすぐ対応できるように!!

相模湾のキハダ、カツオ初挑戦の桜井瑠香さんは、カツオの数釣りを楽しんだ!

素晴らしき釣果に思わずダブルピース。

慣れた常連さんは着実に数を伸ばす。

こちらは8月20日にエビングで釣れたキハダの27・5㎏。

8月20日にコマセ釣りで釣れたキハダの26㎏級。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

8月からコマセ釣りが開幕している相模湾のキハダ・カツオ。8月後半の時点においても、まずまずの好調が続いている。これまでの経過は、日によってカツオが好調だったり、キハダが連発したりと、沖に出てみないとどちらがよくアタるのかがわからない状況。
葉山あぶずり港「たいぞう丸」の取材では、8月11日はブイの周りで1〜3㎏のカツオが絶好調。そして8月20日の取材ではキハダが連発した。
「行ってみなとわからないからね。カツオの仕掛けとキハダの仕掛け、どちらもすぐに付け替えられるようにしといてね〜!」と出船直後にアナウンスする「たいぞう丸」の山本真一郎船長。
どちらがアタるかはわからないが、いずれもコマセ釣りではまずまずの好調が続いている。また、エビングも好調だ。20日の取材では3本のキハダが取り込まれたが、そのうち2本がエビングによるものだった。
シーズンはまだまだ続く相模湾。大物狙いでチャレンジしよう!

キハダ・カツオはこうして釣れ!

8月20日はエビングで2本のキハダが取り込まれたが、2本ともこのワームにヒット!

コマセ釣りの場合、オキアミは抱き合わせか丸掛け。

「アタリは“必ず”竿先に出ます。基本的なアタリは2パターンあって、ひとつは竿先が入るもの。もうひとつは、竿先が持ち上がるものです」と高橋船長。もちろん、船は波によって上下に動いているので、竿先もそれに同調して揺れる。その中で竿先に出る小さなアタリを見極めなければならない。だが、最初は分かりづらいかもしれないが、何回か投入を繰り返しているうちに次第に分かるようになってくるだろう。
アタリがあったら、すぐさまアワせるのが基本。カツオの場合のアワセは、タナが浅く、クッションゴムもなく、ハリスも短いので、ロッドを思いっきり煽る必要はない。鋭く小さめにフッキングさせれば十分だ。
フックアップしたら、あとは電動リールであればスイッチを入れてグイグイ巻き上げる。ただ、いくらグイグイといっても、くれぐれもフルパワーで巻き上げないように! 口切れなどを起こしてバレてしまう可能性が高まってしまうからだ。
泳がせ用など手巻きリールの場合は、可能な限り速くゴリ巻き。人間対カツオのガチンコ勝負である。
そして、カツオの場合は、やり取り中はドラグはしっかりと締めておこう。混雑した船上でカツオを思うがままに走らせてしまうと、別の意味でのオマツリ騒ぎとなってしまう。
ただ、もしキハダがヒットした場合はドラグは緩めにセットし、まずは走るだけ走らせてしまうことが大切だ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
更新: 2019-08-18 07:00:00
相模湾でのコマセ釣りが8月1日に解禁となる。フカセ釣りやルアー船の状況はすこぶる好感触。5月ごろからすでに相模湾に回遊があり、キハダ・カツオともに「今年はかなり良さそう」と多くの船長が口を揃える。
更新: 2019-08-09 07:00:00
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読