MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

今期の相模湾はカツオやキハダが好調だ。相模湾ではコマセ釣り、エビングなどのルアーでキハダ、カツオが釣れている。まだまだシーズンが続くので、このチャンスを逃さずモノにしよう!

カツオかキハダの状況のいい方を狙う! 目まぐるしく状況が変わるので、どちらにもすぐ対応できるように!!

相模湾のキハダ、カツオ初挑戦の桜井瑠香さんは、カツオの数釣りを楽しんだ!

素晴らしき釣果に思わずダブルピース。

慣れた常連さんは着実に数を伸ばす。

こちらは8月20日にエビングで釣れたキハダの27・5㎏。

8月20日にコマセ釣りで釣れたキハダの26㎏級。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

8月からコマセ釣りが開幕している相模湾のキハダ・カツオ。8月後半の時点においても、まずまずの好調が続いている。これまでの経過は、日によってカツオが好調だったり、キハダが連発したりと、沖に出てみないとどちらがよくアタるのかがわからない状況。
葉山あぶずり港「たいぞう丸」の取材では、8月11日はブイの周りで1〜3㎏のカツオが絶好調。そして8月20日の取材ではキハダが連発した。
「行ってみなとわからないからね。カツオの仕掛けとキハダの仕掛け、どちらもすぐに付け替えられるようにしといてね〜!」と出船直後にアナウンスする「たいぞう丸」の山本真一郎船長。
どちらがアタるかはわからないが、いずれもコマセ釣りではまずまずの好調が続いている。また、エビングも好調だ。20日の取材では3本のキハダが取り込まれたが、そのうち2本がエビングによるものだった。
シーズンはまだまだ続く相模湾。大物狙いでチャレンジしよう!

キハダ・カツオはこうして釣れ!

8月20日はエビングで2本のキハダが取り込まれたが、2本ともこのワームにヒット!

コマセ釣りの場合、オキアミは抱き合わせか丸掛け。

「アタリは“必ず”竿先に出ます。基本的なアタリは2パターンあって、ひとつは竿先が入るもの。もうひとつは、竿先が持ち上がるものです」と高橋船長。もちろん、船は波によって上下に動いているので、竿先もそれに同調して揺れる。その中で竿先に出る小さなアタリを見極めなければならない。だが、最初は分かりづらいかもしれないが、何回か投入を繰り返しているうちに次第に分かるようになってくるだろう。
アタリがあったら、すぐさまアワせるのが基本。カツオの場合のアワセは、タナが浅く、クッションゴムもなく、ハリスも短いので、ロッドを思いっきり煽る必要はない。鋭く小さめにフッキングさせれば十分だ。
フックアップしたら、あとは電動リールであればスイッチを入れてグイグイ巻き上げる。ただ、いくらグイグイといっても、くれぐれもフルパワーで巻き上げないように! 口切れなどを起こしてバレてしまう可能性が高まってしまうからだ。
泳がせ用など手巻きリールの場合は、可能な限り速くゴリ巻き。人間対カツオのガチンコ勝負である。
そして、カツオの場合は、やり取り中はドラグはしっかりと締めておこう。混雑した船上でカツオを思うがままに走らせてしまうと、別の意味でのオマツリ騒ぎとなってしまう。
ただ、もしキハダがヒットした場合はドラグは緩めにセットし、まずは走るだけ走らせてしまうことが大切だ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読