沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

今期の相模湾はカツオやキハダが好調だ。相模湾ではコマセ釣り、エビングなどのルアーでキハダ、カツオが釣れている。まだまだシーズンが続くので、このチャンスを逃さずモノにしよう!


カツオかキハダの状況のいい方を狙う! 目まぐるしく状況が変わるので、どちらにもすぐ対応できるように!!

相模湾のキハダ、カツオ初挑戦の桜井瑠香さんは、カツオの数釣りを楽しんだ!

素晴らしき釣果に思わずダブルピース。

慣れた常連さんは着実に数を伸ばす。

こちらは8月20日にエビングで釣れたキハダの27・5㎏。

8月20日にコマセ釣りで釣れたキハダの26㎏級。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

8月からコマセ釣りが開幕している相模湾のキハダ・カツオ。8月後半の時点においても、まずまずの好調が続いている。これまでの経過は、日によってカツオが好調だったり、キハダが連発したりと、沖に出てみないとどちらがよくアタるのかがわからない状況。
葉山あぶずり港「たいぞう丸」の取材では、8月11日はブイの周りで1〜3㎏のカツオが絶好調。そして8月20日の取材ではキハダが連発した。
「行ってみなとわからないからね。カツオの仕掛けとキハダの仕掛け、どちらもすぐに付け替えられるようにしといてね〜!」と出船直後にアナウンスする「たいぞう丸」の山本真一郎船長。
どちらがアタるかはわからないが、いずれもコマセ釣りではまずまずの好調が続いている。また、エビングも好調だ。20日の取材では3本のキハダが取り込まれたが、そのうち2本がエビングによるものだった。
シーズンはまだまだ続く相模湾。大物狙いでチャレンジしよう!

キハダ・カツオはこうして釣れ!

8月20日はエビングで2本のキハダが取り込まれたが、2本ともこのワームにヒット!

コマセ釣りの場合、オキアミは抱き合わせか丸掛け。

「アタリは“必ず”竿先に出ます。基本的なアタリは2パターンあって、ひとつは竿先が入るもの。もうひとつは、竿先が持ち上がるものです」と高橋船長。もちろん、船は波によって上下に動いているので、竿先もそれに同調して揺れる。その中で竿先に出る小さなアタリを見極めなければならない。だが、最初は分かりづらいかもしれないが、何回か投入を繰り返しているうちに次第に分かるようになってくるだろう。
アタリがあったら、すぐさまアワせるのが基本。カツオの場合のアワセは、タナが浅く、クッションゴムもなく、ハリスも短いので、ロッドを思いっきり煽る必要はない。鋭く小さめにフッキングさせれば十分だ。
フックアップしたら、あとは電動リールであればスイッチを入れてグイグイ巻き上げる。ただ、いくらグイグイといっても、くれぐれもフルパワーで巻き上げないように! 口切れなどを起こしてバレてしまう可能性が高まってしまうからだ。
泳がせ用など手巻きリールの場合は、可能な限り速くゴリ巻き。人間対カツオのガチンコ勝負である。
そして、カツオの場合は、やり取り中はドラグはしっかりと締めておこう。混雑した船上でカツオを思うがままに走らせてしまうと、別の意味でのオマツリ騒ぎとなってしまう。
ただ、もしキハダがヒットした場合はドラグは緩めにセットし、まずは走るだけ走らせてしまうことが大切だ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。


LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)

LTだから楽しさ倍増! 好調が続く相模湾のアマダイ(浅八丸)

朝晩肌寒くなってきた今日この頃。夏の魚もいつの間にか終わり、秋冬の釣り物が始まりましたね。これからの時期は脂の乗った美味しい魚がいっぱい。何を釣りに行くか考えるだけでもワクワクしますが、今回はそのなかでも、とくに好きなお魚アマダイ!


ベーシックヤリイカ釣法をイラストと解説付きでご紹介(春盛丸)

ベーシックヤリイカ釣法をイラストと解説付きでご紹介(春盛丸)

竿は1.5~1.8mほどのヤリイカ専用竿が基本。ヤリイカは繊細な乗りの感触を竿先を見て掛けていくので、先調子で穂先感度が優れたものがいい。アタリを取ってしっかりと竿先を見ることも重要だが、穂先感度がよければ乗りをより確信できるようになる。


寒ブリの落とし込み釣法! 仕掛け&釣りの流れ(湘南 海成丸)

寒ブリの落とし込み釣法! 仕掛け&釣りの流れ(湘南 海成丸)

落とし込み釣りに適した竿は専用竿だが、使用オモリに対応した7対3〜6対4調子の竿があれば楽しめる。長さは1.6〜2.5mくらい。「竿はコマセのキハダで使っていたものやビシアジ用なんかでも十分に対応できます」という「湘南 海成丸」の鈴木敦船長。


極上アマダイを優しい誘いで釣り上げる!仕掛け&誘い方(沖右ヱ門丸)

極上アマダイを優しい誘いで釣り上げる!仕掛け&誘い方(沖右ヱ門丸)

本格シーズンを迎えたとは言え水温はまだ温かい。いくらコマセを使わないといってもエサ取りの動きは活発だ。そこで重要となってくるのがタックル選びとなる。 「エサ取りの微妙なアタリを捉えることができる穂先感度の良いロッドが有利になるよね。付けエサが食われているのがわからないまま誘っていても本命には出会えないから」と船長。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読