MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 葉山あぶずり港出船【相模湾】

今期の相模湾はカツオやキハダが好調だ。相模湾ではコマセ釣り、エビングなどのルアーでキハダ、カツオが釣れている。まだまだシーズンが続くので、このチャンスを逃さずモノにしよう!

カツオかキハダの状況のいい方を狙う! 目まぐるしく状況が変わるので、どちらにもすぐ対応できるように!!

相模湾のキハダ、カツオ初挑戦の桜井瑠香さんは、カツオの数釣りを楽しんだ!

素晴らしき釣果に思わずダブルピース。

慣れた常連さんは着実に数を伸ばす。

こちらは8月20日にエビングで釣れたキハダの27・5㎏。

8月20日にコマセ釣りで釣れたキハダの26㎏級。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

8月からコマセ釣りが開幕している相模湾のキハダ・カツオ。8月後半の時点においても、まずまずの好調が続いている。これまでの経過は、日によってカツオが好調だったり、キハダが連発したりと、沖に出てみないとどちらがよくアタるのかがわからない状況。
葉山あぶずり港「たいぞう丸」の取材では、8月11日はブイの周りで1〜3㎏のカツオが絶好調。そして8月20日の取材ではキハダが連発した。
「行ってみなとわからないからね。カツオの仕掛けとキハダの仕掛け、どちらもすぐに付け替えられるようにしといてね〜!」と出船直後にアナウンスする「たいぞう丸」の山本真一郎船長。
どちらがアタるかはわからないが、いずれもコマセ釣りではまずまずの好調が続いている。また、エビングも好調だ。20日の取材では3本のキハダが取り込まれたが、そのうち2本がエビングによるものだった。
シーズンはまだまだ続く相模湾。大物狙いでチャレンジしよう!

キハダ・カツオはこうして釣れ!

8月20日はエビングで2本のキハダが取り込まれたが、2本ともこのワームにヒット!

コマセ釣りの場合、オキアミは抱き合わせか丸掛け。

「アタリは“必ず”竿先に出ます。基本的なアタリは2パターンあって、ひとつは竿先が入るもの。もうひとつは、竿先が持ち上がるものです」と高橋船長。もちろん、船は波によって上下に動いているので、竿先もそれに同調して揺れる。その中で竿先に出る小さなアタリを見極めなければならない。だが、最初は分かりづらいかもしれないが、何回か投入を繰り返しているうちに次第に分かるようになってくるだろう。
アタリがあったら、すぐさまアワせるのが基本。カツオの場合のアワセは、タナが浅く、クッションゴムもなく、ハリスも短いので、ロッドを思いっきり煽る必要はない。鋭く小さめにフッキングさせれば十分だ。
フックアップしたら、あとは電動リールであればスイッチを入れてグイグイ巻き上げる。ただ、いくらグイグイといっても、くれぐれもフルパワーで巻き上げないように! 口切れなどを起こしてバレてしまう可能性が高まってしまうからだ。
泳がせ用など手巻きリールの場合は、可能な限り速くゴリ巻き。人間対カツオのガチンコ勝負である。
そして、カツオの場合は、やり取り中はドラグはしっかりと締めておこう。混雑した船上でカツオを思うがままに走らせてしまうと、別の意味でのオマツリ騒ぎとなってしまう。
ただ、もしキハダがヒットした場合はドラグは緩めにセットし、まずは走るだけ走らせてしまうことが大切だ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読