MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うまジャンボなイサキ!多点掛けOK!マダイタックルで釣ろう

激うまジャンボなイサキ!多点掛けOK!マダイタックルで釣ろう

「冬場のイサキは、いまが一番おいしいです。身体も肥えているし、脂もあります。しかも、よく釣れます」とは、下田外浦港「嘉福丸」の糸賀船長。 河津桜の開花とともに本格化するのが河津沖のジャンボイサキだ。

外浦沖のイサキ仕掛け 釣り方はコマセマダイ釣りとほぼ同じ!

南伊豆沖のイサキ釣りの特徴は、オキアミコマセを使うマダイ釣りとほぼ同じこと。

タックルはマダイ用。ビシ80号、2㎜×1mのクッションゴムを介し、
ハリス3〜4号長さ6m3本バリ仕掛け、オキアミエサの組み合わせで釣る。

タナ取りは海面からだ。

船長の指示ダナより、ハリスの長さ分ビシを下ろし、コマセを数回に分けてまきだし、指示ダナでアタリを待つというもの。

潮が流れていて魚が高活性のときは、コマセ振り出し後指示ダナに到達直後にアタリが出ることがほとんど。
それほどカンタンにヒットする。

ハリス長6m3本バリ仕掛けの扱いに慣れれば、誰にでも容易な釣りだが、
こんなシンプルな釣りであるからこそ、腕の差が出る奥の深い釣りでもある。

南伊豆・外浦〜河津沖のイサキ釣り 数を伸ばすには追い食いを期待。エサは小さめを選択

キアミコマセ釣りの基本系であるここのイサキ釣りだが、まずはまいたコマセのなかに自分の仕掛けの付けエサが入っている状態がベスト。
だから、コマセをしっかりとまくことが大事。

次に1匹イサキがヒットしてからの動作だが、けして道糸を送り込まないように。誘い上げが基本だ。
ゆっくりと竿を聞き上げて、イサキの引きが強くなったら軽くアワセを入れる。

それを指示ダナから3〜5m上までデッドスローで聞き上げもしくは巻き上げでオーケー。

かなりの高確率で追い食いをさせることができる。

エサにも注目したい。

ジャンボイサキがターゲットなら付けエサのオキアミも大きめにして高アピール!
と考えがちだが、意外と小さめのオキアミでよい。
そして、1匹掛けが基本。

理由は、イサキはアジ同様プランクトンイーターであるからだ。

捕食形態は吸い込み型なので、吸い込みやすいようなエサを選択するとよい。

具体的には、選別タイプの付けエサならM〜Lサイズがそれに相当する。

河津沖のブランドイサキ!激うまジャンボイサキが連発中!

イサキのポイントは外浦沖から白浜沖、河津沖まで広範囲。この白浜沖も大型がヒットする

このエリアは西風に強い。釣り場も港から近く多少風が吹いても釣りを楽しめることができる

1匹ヒットしたらテンションを抜かずに竿をゆっくりと聞き上げると追い食いする

潮が流れて活性が高いとトリプルヒットもザラだ

黄金色に輝く良型イサキ。脂がのっている

良型イサキのトリプルヒット!

河津沖のイサキは、河津桜が咲くころから本格化する居つきのブランドイサキだ。
その味を求めて釣りにくる常連さんもいるほど

良型イサキがアベリージ。
グルメも認める脂がほどよく乗った美味しいイサキだ!

このような反応が出ているときが高活性状態。入れ食いが続く

3人同時一荷だ!

3人で大型クーラーに入りきらないほど釣れた。良型なので20匹釣れれば御の字

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田外浦港「嘉福丸」

南伊豆は3月初旬、早咲きの河津桜があちこちで満開だ。

その桜の開花とともに大型イサキが釣れ盛るのが、外浦〜河津沖だ。

南伊豆周辺の根周りでは周年にわたりイサキが数釣れるが、一年のうちで一番おいしく食べれるのがいまだという。

身は厚く体高があり、脂ものっているからだ。

「河津桜で有名な河津沖のイサキは、ちょうどいまがサイズがよく脂がたっぷり乗っています。
白浜沖も潮が流れれば大型がよく食いますよ」とは、ここ外浦沖を専門にさまざまな釣りを楽しませてくれる外浦港「嘉福丸」の糸賀健吾船長。

外浦沖には浅場から深場まで砂地や岩礁帯があり、イサキはもちろん、マダイ、ワラサ、メダイ、オニカサゴ、ヤリイカ、カワハギ、ヒラメなどこの周辺だけで多魚種が釣れる。

イサキのポイントの水深は40〜50m。

ハリス長6m3本バリ仕掛け、オキアミコマセとオキアミエサで、マダイタックルで釣るのがここのスタイル。

この釣りのキモは、誘い上げ。

イサキが1匹ヒットしたら必ず追い食いを期待すること。
そのまま置き竿で待つかデッドスローで巻き上げると追い食いする。

一年のうちで一番おいしいイサキを釣りにぜひ、温暖な南伊豆へのんびりと泊まりがけで行くのがおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2015年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読