MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型クロメバルがサビキに鈴なり! メロウドエサ&サビキ仕掛け

良型クロメバルがサビキに鈴なり! メロウドエサ&サビキ仕掛け

仙台湾のメバルはサビキ釣りが人気。そして、生きメロウド(イカナゴ)の泳がせ釣りも注目されている。仕様は、ハリス1.2〜1.5号20〜25㎝、幹糸3〜5号の6本バリが標準で、ハリス接続は回転ビーズと直結がある。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

生きメロウドエサ メバルサビキ仕掛け サビキにメロウド泳がせて良型メバルの数釣り!

早春の仙台湾のメバルは、手返し早いサビキ釣りが人気だ。
そして亘理荒浜港名物、生きメロウド(イカナゴ)の泳がせ釣りも注目されている。

仙台湾メバルサビキの仕様は、ハリス1.2〜1.5号20〜25㎝、幹糸3〜5号の6本バリが標準で、ハリス接続は回転ビーズと直結がある。

回転ビーズ仕様ならハリスの絡み、ヨレを減らして使いやすいが、潮が流れないときにはハリスが幹糸に沿う状況が多くなりがち。
マメにタナを取り直してハリスが幹糸から離れるようにしよう。

エサを併用するときは回転ビーズ仕様が良い。

生きメロウドがあるときは、素バリの3〜5本、ハリス30㎝の仕掛けも面白い。

風、潮で船が流れないようなときには直結を選んでみよう。
幹糸から直角にハリスが結ばれているので魚皮が幹糸から離れやすい。

ハリスのヨレが増えるので、取り込みのときにハリスを引いて修正。
ヨレがひどくなったら交換だ。

私のサビキ選択は、水色が群青色の澄みならサメ腸皮系のシンプルなもの。
春潮、雪代水が入って若干の濁りと判断したら、黒毛サメ腸系から使う。
特に春潮の濁りには緑色の魚皮も良い。

これらをミックスしたサビキをパイロットに使って、アタリ皮を判断する策も良いだろう。

同じ皮でもフラッシャー、黒毛などが警戒されるようなことがある。
食い渋りを感じたら、何本かのフラッシャーを切って試すのも良い。

エサの併用も同様にアピールで相乗効果が望めるが、避けられるようなこともある。

一本おきに刺して確かめてみよう。

仙台沖のクロメバル釣り 人口魚礁と岩礁帯のタナ取りの違い

ポイントは自然の岩礁帯から魚礁まで様々。
的確なタナ取りがロスを減らし、効率よく釣果を上げる重要点だ。

投入は前方に、船縁から離してオモリを投げ入れたほうが良い。角度がついて降下して、これでハリスが幹糸から早く離れてオマツリも減る。

魚礁は高低差が大きい。
こんな根掛かりの多いところで底ダチを丹念に取っていては、仕掛けのロスが多くなってしまう。

まず水深が分かったら、その5m上あたりで止め、竿の上下分の間隔を基本に、魚礁の上に誘い上げるのだ。
このときにウネリの上下を竿の操作で抑え、仕掛けを安定させることが肝心だ。

初めのアタリが出たら、アタリが落ち着くのを待って、魚礁に持ち込まれない高さまで巻き上げ、そこで次を待つ。

ウネリの上下に、掛かったメバルの泳ぎを利用してサビキを踊らせて追い食いを誘うと良い。
取り込みは竿のクッションを生かしゆっくり巻き上げよう。

これで群れが高く浮くことも多く、アタリがあったタナを覚えて、次はそこから下に落とさないようにすれば根掛かりも避けられる。

隣が巻き上げているときは、上がるのを待ってから投入。
オマツリを避けるマナーです。

高低差が少ない岩礁では、マメに底ダチを取り直し、オモリを歩かせるように探るのが基本だ。

サビキが見切られていても、一旦メバルの目前から消して落とし込むことで反射食いが望める。
今回のポイントがこんな岩礁帯だった。

ベイトの湧きでメバルが浮くこともあるが、だいたいが底際のタナになる。
濁り気味の水色で黒毛茶サメ腸のサビキを選んだ。

風がなく潮も緩かった。
底荒れもあって活性が低く、掛かってくるのは下三本のハリ中心で単発が多かった。

そこでアタリがあったらハリ掛かりを確かめて、オモリを底に置いた。

これで弛ませを作り、船の流れに注意してメバルが泳ぐ分だけ糸を送る。
掛かったメバルでサビキを踊らせて追い食いを狙ってみたのだ。

下バリからハリ掛かりしてきて、何度か多点掛けに成功した。

これは凪ぎで流れなかったから試みたが、風、潮が速いときはオマツリの原因になるのでやらないこと。
糸の送りすぎは絶対NGだ。

良型クロメバルの宝庫はここにあり!サビキ釣りで満貫めざそう!特エサの生きメロウドも魅了

メバルのサビキの選択はルアーフィッシングのようだ。
ベイトの種類や水色、にごり具合でサビキの種類を選択。

使用オモリは50号。ヒラメロッドを流用できる。小気味な引きを満喫しよう

春潮、雪代水が入って若干の濁りと判断したら、黒毛茶サメ腸系バケが有効だ

食い渋り時や大型狙いにはイソメやメロウド(冷凍)をエサにつけるとよい

東北の釣りに詳しい針生さん。
この日はなんと黒毛茶サメ腸バケ一組だけ、しかもエサを一切つけずにメバルを60匹以上釣るダントツの竿頭だった。
「バケを信じることが大事ですよ(笑)」とのことだ

ジャンボなクロメバルをゲット!

30㎝近いメバルが一荷できた

メロウドはハリを下アゴから上アゴに刺す

「大海丸」では生きメロウドが船にあれば使いたい放題

生きメロウドはメバルの大好物

ズラズラズラ〜リと、追い食いしてサビキに連なるクロメバル。こんな良型が数釣れるのが亘理沖の魅力である

ゲームロッドと小型電動の組み合わせのライトタックルで楽しめる

メバルが着く岩礁帯ではナメタガレイもよく釣れる

サビキ仕掛けにも根魚はヒットする。バケにアイナメがきた

「今日はかなり食い渋かったですが、これだけ釣れれば十分ですね」と針生さん

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」

仙台湾のクロメバルがシーズンインしている。
この魚はカレイに並ぶ仙台湾の代表魚だ。

釣り方はオモリ50号使用のサビキ釣りが主流。

バケだけでも十分釣れるが、サビキのハリにメロウドやシラウオ、イソメなどを付けて釣ってもよい。

「1月、2月は風が連日よく吹いてあまり出船できなかったのですが、出船できれば、メバルは数釣れてます。
生きメロウドが入荷できれば、さらによく釣れますよ」とは、メバル釣りを得意とする亘理荒浜港「大海丸」の山川大海船長。

「大海丸」のメバル釣りの魅力は、生きたメロウド(イカナゴ)をエサにして釣れること。

仙台湾内では、メロウドは冬から春の海の肥やしといわれているほど、湾内のいたるところに沸き、フィッシュイーターたちや海鳥たちの貴重なエサとなっているのだ。

クロメバルもしかりで、まさにマッチ・ザ・ベイトでよく釣れるわけである。

開幕したばかりのクロメバル釣りだが、テンビン仕掛けを使用してイソメエサでボトムを小突けば、アイナメやナメタガレイなど五目釣りで楽しめる。

常磐道の全線開通で関東からも行きやすくなった。

この機会にぜひ、仙台湾のメバル釣りを味わってみてほしい

以上の記事は「つり丸」2015年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル