MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾コマセ五目は潮が濁ればメダイ&ムツがメイン!

相模湾コマセ五目は潮が濁ればメダイ&ムツがメイン!

潮が濁っていればクロムツ、メダイをメイン。コマセ釣りで、付けエサにはオキアミとサバの切り身。他にアジ、シロムツ、スミヤキがまじる。潮が澄んで凪ぎであれば、カイワリ、イサキ、アカイサキ、オキメバルなど。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾コマセ五目は潮が濁ればメダイ&ムツがメイン!の画像をチェック! navigate_next

沖のコマセ五目仕掛け 付けエサはオキアミとサバの切り身

「秀吉丸」の「沖のコマセ五目」では、クロムツもメダイもコマセ釣りで狙う。

付けエサはオキアミとサバの切り身を使う。

仕掛けはハリス4〜6号(メダイのアタリが多いときはハリス6号がおすすめ)、4m前後。

ハリ数は2〜3本バリ。
一番下のハリは、オキアミを付けやすいようにグレの12〜14号。

枝バリはムツの16〜18号。

チモトには夜光玉を装着する。

ハリスの太さに適合したクッションゴム(だいたい太さは2〜3㎜)を介してテンビンに仕掛けを結ぶ。

ビシは潮の速さによって、Lサイズまでの80号と120号。
120号のビシを入手できなければ、独立したオモリを装着するタイプのビシを購入して、オモリを付け替えて使用するのがオススメだ。

竿はビシアジ用などの先調子がオススメ。
長さは2m前後。

これは歯が鋭いクロムツやスミヤキが多いときには、ハリを口先に掛けるためにしっかりとアワせるためだ。

リールはメダイの連発にも対応できるように、パワーのある小型電動がオススメ。
道糸はPEの3〜4号を300m以上巻いておくこと。

潮が澄んだときは、ウイリーやイサキ仕掛けでカイワリ、イサキ、アカイサキ、オキメバルなどを狙うという。

そのため、ウイリー仕掛けやイサキ仕掛けなども準備しておけば万全だ。

タナの取り方&アタったら……クロムツやスミヤキが多い時は手持ちで!

「秀吉丸」の「沖のコマセ五目」でのタナ取りは特徴的。

船長から「130m!」というアナウンスがあったら、ビシを130mまで下ろす。
そして、仕掛けがなじむのを待ってから、コマセをまきながらハリスの長さ分だけ巻き上げた位置でアタリを待つというものだ。

付けエサは、オキアミとサバの切り身を使う。
最初は一番下のハリにオキアミ、枝バリにサバの切り身を付けて様子を見る。
どちらかのエサによくアタるようなら、すべてのハリをそのエサにするといいだろう。

また、ポイントによって釣れる魚が変わってくる。
ポイントが変わるごとにオキアミとサバの切り身を併用して様子を見てみよう。

アタリがあったら、必ずアワせるようにしよう。
クロムツやスミヤキは歯が鋭く、アワせないとハリを飲まれてハリスが切れてしまうからだ。

クロムツやスミヤキがよくアタるときは、手持ちで誘うことをおすすめする。
一定のタナでじっとアタリを待っていると、アタリが出にくく、ハリスを切られやすいからだ。

また、ハリス切れの頻発に備えて、ハリスを結んだ替えバリを用意しておくといいだろう。

メダイのポイントでは、メダイの回遊待ちになることが多い。

クロムツ、スミヤキがアタらないようなら、コマセがパラパラと出るようにビシを調整して置き竿で狙うのもアリだ。

またメダイのポイントでサバがしつこく邪魔するようなときは、サバの口に入らないくらい大きいサバの切り身をエサにするのも手だ。

「秀吉丸」の小川船長のオススメは、サバの半身をさらに半分にカットした切り身をエサに使い、1本バリ仕掛けで狙うというもの。

メダイは引きが強いのでドラグを利用してやり取りをおこうこと。
そして取り込みはタモで確実に!

潮が濁ればメインはメダイ&クロムツ!とにかくいろいろな魚が掛かるからおもしろい!!

当日は潮が濁ったので葉山沖でクロムツ&メダイをメインに狙った

まずは先バリにオキアミ、枝バリにサバの切り身を付けて様子を見る!

取材当日のタナはおもに海面下130m台だった!

歯が鋭いクロムツやスミヤキがよくアタるときは、誘って食わせるようにしよう!
置き竿ではハリを飲まれて、ハリスを切られてしまう!

クロムツとシロムツの一荷!

こちらもクロムツとシロムツの一荷!
クロムツはとても美味な高級魚!

良型アジとシロムツの一荷!

ドラグからラインが出される強烈な引きはメダイの可能性大!

メダイの取り込みはタモで確実に!

メダイは2〜3㎏が主体!

42.5㎝の大アジも出た!

アジは良型主体だった!

当日はスルメイカが船中3杯取り込まれた!

スミヤキが連発! 美味しい魚だが、歯が鋭いので取り扱いに注意しよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」

葉山あぶずり港「秀吉丸」では、この時期、「沖のコマセ五目」というメニューで出船している。

「潮が濁っていればオキアミとサバの切り身を付けエサにシロムツやメダイをメインに狙います。
潮が澄んでいれば洲崎沖や沖の瀬などで、ウイリー仕掛けやイサキ仕掛けでカイワリ、イサキ、アカイサキ、オキメバルなどを狙っています。
とにかく釣れているものをメインに狙っていますよ」と話すのは小川 敦船長。

取材当日は潮が濁って葉山沖周辺でクロムツ&メダイをメインに狙った。

写真を見ればわかるとおり、本命ともいえる2魚種のほかにいろいろな魚が顔を出した。

シロムツもスルメイカも、すべてコマセ釣りの仕掛けに釣れたのだ。

さらに取材後の3月前半には大型のカマスもまじっている。

春の相模湾はコマセの五目釣りもおもしろいぞ!

以上の記事は「つり丸」2015年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
最新記事
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル