MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春告魚・メバル開幕! エビメバルの釣り方・仕掛けを詳しく解説!

春告魚・メバル開幕! エビメバルの釣り方・仕掛けを詳しく解説!

2月から開幕するターゲットといえばメバル! 東京湾では2月からモエビをエサにして狙う「エビメバル」が開幕している。取材は本牧港「長崎屋」で開幕初日に敢行。当日は北風が強いなかでの出船だったが、どのポイントにもメバルの反応がバッチリ!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

仕掛けは 3〜4本バリ

メバルは視力がいいと言われる。そのため仕掛けには細い糸を使うのが特徴だ。

基本的な仕掛けはイラストで示したとおり。

枝スは0.8〜1号、30㎝前後。幹糸は1.5〜2号で、幹間は60〜70㎝。

枝スを出す部分は接続ビーズを介すか、または直結にする。目立つ接続金具は食いが悪くなることもあるので注意しよう。

接続ビーズを使うと、枝スを交換しやすくなる。

ハリス付きのハリを用意しておくと、枝スがヨレたり、切れたときにすぐに交換できるので便利だ。

ハリはメバルやヤマメの8号前後。エサのモエビの尻尾の部分はとても細いので、軸が太かったり、大きいハリは刺しにくくなる。

また、大きなハリは食いが悪くなることもあるので注意しよう。

「長崎屋」の仕掛けは、3本バリと4本バリの2種類を用意している。

メバルは底付近だけでなく、海底から4〜5m上に浮いていることも珍しくない。

そのため、タナを探るという点では、4本バリの仕掛けが有効になる。

「長崎屋」での使用オモリは20号。

目立たないという理由から、黒くペイントされたオモリを使ったり、マジックでオモリを黒く塗る人もいる。

黒いオモリで好釣果を残している人もいるので、試してみるといいだろう。

専用竿がオススメだが ライト用や磯竿も!

竿はエビメバル専用竿がオススメ。長さ2.4〜2.7mぐらい。

専用竿以外では、汎用性が高いライト用の竿やゲームロッドなどもOK。

船上では、このタイプの竿を使う人が目立つ。20号のオモリに対応した7対3〜6対4調子、2.4〜2.7mぐらいが適しているだろう。

また、この釣りにこだわるベテランのなかには磯竿を使う人もいる。

「長崎屋」の取材当日も磯竿を使っていたベテランがトップだった。

磯竿は3号前後、3〜3.9mぐらいの長さを使う人が多い。食い込みがよく、船の揺れを吸収しやすいのが特徴だ。

リールは小型両軸。ポイントの水深は20m台が多く、深くても30m台なので手巻きで十分に楽しめる。

道糸はPEラインの2号以下を使用。リールに150mは巻いておこう。

仕掛けの予備は多めに!

取材当日、最初に狙ったポイントは起伏が激しかった。

タナを取った後、すぐに水深が変化して根掛かりすることもしばしばあった。

エビメバル仕掛けは糸が細いので、根掛かりした時にちょっと力を入れて引っ張ると切れやすい。

幹糸が切れた場合は結び直すよりも、全体を交換したほうが早い。そのため仕掛けの予備は多めに持参すること。

またオモリも多めに持参したい。

仕掛けもオモリも10個は用意したほうがいいだろう! なお、「長崎屋」では船でも仕掛けとオモリを購入できる。

エサ付けは大事! ハリスがよれないようにしよう

この釣りで使うエサは生きたモエビだ。

エサの付け方は左のイラストのとおり。エビの尾羽を切り取り、切り口からハリ先を入れる。

そして尾の一節目か二節目からハリ先を出すようにする。

重要なのは一節目か二節目からハリ先を出すこと。

三節目や四節目からハリ先を出して深く刺すと、エビが回りやすくなってしまうのだ。

エビが回ると枝スがヨレて、最悪の場合は仕掛け全体がヨレてしまう。

また枝スがヨレることで、付けエサが不自然に動いて、食いが悪くなることもあるので注意しよう。

付けエサはマメに交換しよう!

「長崎屋」で使用するのは淡水性のモエビ。

そのため、長時間海水に入れておくと死んでしまったり、元気がなくなってしまう。

そうなるとモエビの体全体が白く濁るように変色する。白く変色したエビは、メバルの食いが悪くなると「長崎屋」の長崎船長は言う。

そのためアタリがなく、エサを取られていなくても、長い時間仕掛けを海中に入れておくのは避けよう。

マメにエサを交換することがアタリにつながるのだ。

タナは船長の指示を聞く!

取材当日、長崎船長からは逐一タナの指示があった。

メバルは底付近にもいるが、意外と浮きやすい。海底から4〜5m上に浮くことも珍しくない。

そのため船長からタナ指示があったら、それに従うことが大事だ。

取材当日、最初に狙ったポイントは起伏が激しく、根掛かりしやすかった。

ここでは反応が浮くことが多かった。起伏がある場所では、根掛かり防止のため、マメにタナを取り直そう。

「探見丸」があると、反応の位置や起伏の変化がわかりやすく便利だ。

タナを取ったら、その場で静かにじっとアタリを待つようにする。前述しているがメバルは目がいい。さらに臆病者だ。

タナを取った後、頻繁に竿を上下して誘うと、動く仕掛けにメバルが驚いて逃げてしまうので注意すること。

アタったらじっと待って 追い食いを狙おう!

アタリがあったら、その場でじっと待ち、向こうアワセで掛かるようにする。

さらに追い食いを狙うなら、1匹目が掛かってもその場でじっと待つようにすると、うまくすれば2匹目、3匹目が掛かるだろう。

1匹目が掛かったときにアワせたり、誘い上げたりすると、メバルが動く仕掛けに驚き逃げてしまう。

とにかくアタったら、その場で待つことが好結果につながる!

春を先取り! 東京湾 本牧沖エビメバル・LTアジ・イシモチ・マダイ釣行レポート

本牧沖を中心に広範囲を狙う。水深は概ね20m台

エサは淡水のモエビ

ハリを浅く刺して付けるのがコツ

「長崎屋」の仕掛けは3本バリと4本バリの2種類

26cmを超える良型!

「探見丸」に映った反応! 意外と浮く!!

お見事トリプル!!

うまく追い食いさせると、ダブルやトリプルもある!

女性アングラーもこの通り!

メバルとカサゴの一荷も!

追い食いさせるのも楽しみの一つ

チビっ子アングラーも一荷!

慣れた常連さんは、高確率で追い食いさせていく!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・本牧「長崎屋」

2月から開幕する東京湾のメバル釣り。

本牧港「長崎屋」では、「エビメバル」と呼ばれる、生きたモエビをエサにして狙っている。

今年の解禁初日は北風が強いなかでの出船となったが、各ポイントでは濃い反応があり、メバルの食いもまずまず。

「長崎屋」では水深20m台のポイントを広範囲に狙ったが、トップは59匹という好釣果に恵まれて開幕初日を終えた。

「始まったばかりですけれど、まずまずだと思います。反応はありましたから、これからもっといい時があると思います」とは長崎昭船長。

取材当日は20㎝前後のサイズが多かったが、25㎝を超える良型もまじった。

2月3日には29㎝という大型も取り込まれている。

明確で派手なアタリと、掛かってから元気に抵抗する引きが楽しい東京湾のエビメバル。

「長崎屋」では、これから4月過ぎくらいまでロングランで狙っていく予定だ。

以上の記事は「つり丸」2019年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル