MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ・カツオを釣る! 小坪港出船【相模湾】

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 小坪港出船【相模湾】

8月1日の解禁以来、相模湾のカツオ・キハダのコマセ釣りが好調だ。小坪港「太郎丸」でも、カツオがいい日にはトップ20本弱、20〜30㎏のキハダもコンスタントに取り込まれている。

カツオ激熱! トップツ抜け続出中!! “必ず”竿先に出る“アタリ”でアワせて釣果倍増! キハダもチャンスあり!

竿先に出る“アタリ”を見てアワセるコツをつかみ、大雨でビショビショになりながらも良型カツオを次々とキャッチしていくコジレイ。「アタリが分かるようになったら急に数が伸びましたよ!」。

カツオがフッキングしたら一気に巻く! ドラグはしっかり締めておこう。

取り込みは周囲の人と協力して行おう。小型は抜き上げたほうが手返しがいい。そのためにも指サックやグローブは必需品。

パヤオ周りには多くの船が集結! 7時の開始の合図と共に次々と竿が絞り込まれ、いきなりお祭り騒ぎに!

コマセはオキアミ。ペース配分しながら使おう。

これはキハダ用のエサ付け。カツオは一匹掛けでOKだ。

安定したファイトで上がって来たのは25kg!

慣れた常連さんたちはこの釣果。凄ッ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「太郎丸」。

活況を呈する相模湾に今期初挑戦したのは“コジレイ”こと児島玲子さん。
「デカキハダはもちろん、美味しいカツオも両方本気で狙っちゃうよ〜」と意気込んでスタート。
すると、「太郎丸」船上も他船上もなんと1投目からお祭り騒ぎ! あちこちでロッドがひん曲がり、カツオが次々と取り込まれたのだった。
コジレイは最初は竿先に出る“アタリ”が分からず沈黙していたが、次第にコツを掴んでアタリを理解すると、ついにカツオを連発! 残念ながらキハダは不発に終わったものの、良型カツオを複数キャッチして大満足だった。
「アタリは必ず竿先に出ますので、それをアワせて掛けていくのがコツです。ですから置き竿は絶対にダメです」とは、「太郎丸」高橋良至船長。さあ、アタリでアワせて釣果倍増だ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読