MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のキハダ・カツオを釣る! 小坪港出船【相模湾】

相模湾のキハダ・カツオを釣る! 小坪港出船【相模湾】

8月1日の解禁以来、相模湾のカツオ・キハダのコマセ釣りが好調だ。小坪港「太郎丸」でも、カツオがいい日にはトップ20本弱、20〜30㎏のキハダもコンスタントに取り込まれている。

カツオ激熱! トップツ抜け続出中!! “必ず”竿先に出る“アタリ”でアワせて釣果倍増! キハダもチャンスあり!

竿先に出る“アタリ”を見てアワセるコツをつかみ、大雨でビショビショになりながらも良型カツオを次々とキャッチしていくコジレイ。「アタリが分かるようになったら急に数が伸びましたよ!」。

カツオがフッキングしたら一気に巻く! ドラグはしっかり締めておこう。

取り込みは周囲の人と協力して行おう。小型は抜き上げたほうが手返しがいい。そのためにも指サックやグローブは必需品。

パヤオ周りには多くの船が集結! 7時の開始の合図と共に次々と竿が絞り込まれ、いきなりお祭り騒ぎに!

コマセはオキアミ。ペース配分しながら使おう。

これはキハダ用のエサ付け。カツオは一匹掛けでOKだ。

安定したファイトで上がって来たのは25kg!

慣れた常連さんたちはこの釣果。凄ッ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「太郎丸」。

活況を呈する相模湾に今期初挑戦したのは“コジレイ”こと児島玲子さん。
「デカキハダはもちろん、美味しいカツオも両方本気で狙っちゃうよ〜」と意気込んでスタート。
すると、「太郎丸」船上も他船上もなんと1投目からお祭り騒ぎ! あちこちでロッドがひん曲がり、カツオが次々と取り込まれたのだった。
コジレイは最初は竿先に出る“アタリ”が分からず沈黙していたが、次第にコツを掴んでアタリを理解すると、ついにカツオを連発! 残念ながらキハダは不発に終わったものの、良型カツオを複数キャッチして大満足だった。
「アタリは必ず竿先に出ますので、それをアワせて掛けていくのがコツです。ですから置き竿は絶対にダメです」とは、「太郎丸」高橋良至船長。さあ、アタリでアワせて釣果倍増だ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読