MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで狙う春の青物!ヒラマサ・ワラサ!

ジギング&キャスティングで狙う春の青物!ヒラマサ・ワラサ!

重要なのはジギングもキャスティングも「ルアーをキャストする」こと。プラグは言うまでもないが外房ではジグもキャストする。水深が浅いポイントではジグを斜めに引いて、より長い距離で魚にアピールさせる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

外房のヒラマサタックル ジギングもキャストして広範囲を探る

大原港の「山正丸」といえば、全国のルアーアングラーに名が知れた、アングラー憧れの船宿。
メーカー関係者やテスターなど、釣り雑誌やテレビなどで活躍するエキスパートたちも多く訪れる。

それゆえ、初心者は行きづらいと感じるかもしれない。
しかし、実際はむしろその逆。敷居はとっても低いのだ。
というのも、有名アングラーやテスターはもちろんだが、山口徹船長自らが率先していろいろと教えてくれる。

外房のルアー船ならではともいえるアンダーハンドのキャスティング方法はもちろん、ジグやプラグの動かし方、さらにはノットの作り方など、どんどん聞いてしまおう。実は、初心者こそぜひ行きたい船宿なのだ。

さて、外房のヒラマサの釣り方は、ジギングとキャスティング。
できることなら、両方のタックルを用意しておきたい。

テクニックで重要となるのは、ジギングもキャスティングも、「ルアーをキャストする」ということ。

プラグは言うまでもないが、外房ではジグもキャストする。
とくに水深が浅いポイントでは、ジグを斜めに引くことで、より長い距離で魚にアピールさせるのだ。

とくに春のシーズンはこのことが重要となる。
春は底潮が冷たいことが多く、ヒラマサが回遊する暖かい潮はその上を流れる。
その暖かい潮の狭い範囲でよりジグをアピールさせるためには、キャストして横方向に広範囲に引くことが重要となるのである。

したがって、春は基本的にジグを海底まで着底させる必要はない。
また、海底は複雑な根のポイントが多いので、ジグを海底に着けることは根掛かりの原因にもなる。

例年春のシーズンは黒潮に乗って中小型を主体にヒラマサが大きな群れとなって回遊して来る。

ぜひこの機会に、外房のヒラマサゲームにチャレンジしていただきたい。

外房に春の青物シーズン到来!憧れのヒラマサをキャッチするチャンス!

タックルはキャスティングとジギングの両方を用意しよう

プラグは16〜20㎝(60〜120g)程度のものが外房ではよく使われている

ジグはキレよくシャクるのがコツ。
潮や風で船がよく流れ、ラインが斜めに長く出ているときはよりシャープにシャクろう

抜き上げる際は、フックの掛かり所をよく確認してから行おう。
掛かり所が悪く、フックが外れるとジグが飛んできて大変危険だ

ローカルスタンダードの尾上さんは丸々としたワラサをジギングでキャッチ

船がよく流れているときは、魚のサイズ以上に引きが強く感じられる。落ちついてファイトしよう

群れに当たればダブルヒットも。隣の人が食わせたときはチャンスだ

エサ釣りはもちろん、ルアーも得意な井筒さん。見事な腕前でワラサをキャッチ!

イナダ、サンパククラスといえどもブリの子供。引きはかなり強いぞ!

ワラサ連続ヒット!

柔よく剛を制す落ち着いたファイトでどんどん寄せてくる

大雨のなか、ビショビショになりながらもキャッチした静香さんの2本目は丸々と太ったワラサ!

尾上さんも2本目!

取材日こそひっとしなかったものの、「山正丸」ではジギングやキャスティングで連日のようにヒラマサがヒット中!

20kgオーバーの大型ヒラマサもキャッチされるので、タックルやノットは万全にしておこう!

春はヒラマサのベストシーズンだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」

外房に春の青物のシーズン到来だ。

ターゲットはヒラマサとワラサだが、この地に足繁く通う手練のアングラーたちが狙っているのは、やはりヒラマサだ。

外房のヒラマサは周年狙うことができるが、これから迎える春から初夏頃にかけての時期は、秋と並んで2大シーズンのひとつとされている。

黒潮に乗って2〜6㎏クラスの中小型を主体に、大きな群れとなってヒラマサが回遊して来るのだ。

そのため、一年のなかでも比較的狙いやすい時期とされている。
つまり、初心者も憧れのヒラマサを手にするチャンスなのだ。

「潮次第ですが、これからですよ!ぜひ外房のヒラマサにチャレンジしてください」と「山正丸」山口徹船長。

ただ、上の山口船長が撮影した写真にもあるように、10~20㎏オーバーの大型はもちろん、さらにデカイ超大型がヒットする可能性も十分にある。

一生ものの大物といつ遭遇してもいいように、タックルやノットなど、準備は万端にして挑もう!

以上の記事は「つり丸」2015年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル