MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾・海ほたる】4月まで楽しめるシーバスジギングゲーム

【東京湾・海ほたる】4月まで楽しめるシーバスジギングゲーム

東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。

東京湾・海ほたる、風の塔周辺で好調なシーバス!

有名ポイント、アクアライン周辺で好調だ

船長おすすめジグ。右の2つはアンチョビメタル、左の2つはメタルフリッカー

ストラクチャー撃ちも多いため、可能な範囲内で片舷で釣っていくのが小峯丸のスタイルだ

「最近はタチウオ釣りが多いんだけど」というベテラン、須田さんがこの日の最大魚をキャッチ!

思わず笑顔! 頭のデカイ、立派なシーバスだ

ナイスサイズ!このくらいになるとファイトも満点

このファイトがたまらない!

エラアライを駆使しジグを弾き飛ばしたシーバス。水面で暴れさせてしまうのは厳禁だ

小型をのぞき、最後はネットで仕留めたい。
バラシ防止はもちろん、ロッドの破損も防いでくれる

スタートから連続ヒットを演じたアングラー。
スローなただ巻きがヒットパターンだった

「小峯丸」では、弟の小峯翔太船長が釣り、兄の雄大船長が操船する。これが逆になることもある

トラクチャー周りではメバルが連発することも!

カサゴは定番ゲストのひとつ

取材日は6時30分の出船。
これからの時期はもっと明るいなかでの出航になるだろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千葉寒川港「小峯丸」

「ここのところは調子がいいですよ。数は出ていますし、型もまじってきますよ」

直前情報を教えてくれたのは、千葉寒川港「小峯丸」の小峯雄大船長。

海ほたる、風の塔といったジギングの定番ポイント中心の展開で、十分な釣果を得られている、という。
好調のレポートを目論んで、同船取材をお願いした。

取材日は朝一番から海ほたる周りに直行!

船上のアングラーからは「潮が全然動いていないなあ」というボヤキが聞かれたが、ポツリポツリと、アベレージサイズが顔を見せてくれた。

期待の上げ潮が効き始めたタイミングでは、60㎝クラスも登場したものの、爆発まではいかない。

業を煮やした船長は京葉シーバースに転進。

これが正解。

一時は入れ食い状態も続き、アングラー全員が十分な釣果を得ることができた。

ただ、残念ながら連日キャッチされていたスズキクラスがまじらない。

再び海ほたる周りを攻めるも不発。大型は東京湾に残しての帰港となった。

「小峯丸」でのシーバスジギングは4月いっぱいを目安にまだまだ楽しめる。

ナイトシーバスも始まるので、昼夜を問わず、存分に楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2019年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
東京湾のタチウオゲームが好調継続中だ!横浜新山下「渡辺釣船店」では連日、良型中心にトップ30本前後!120㎝オーバーもコンスタントに釣れている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読