MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾のキハダ・カツオを釣る! 津静浦港出船 【駿河湾】

駿河湾のキハダ・カツオを釣る! 津静浦港出船 【駿河湾】

8月の駿河湾は、コマセのカツオとルアーのキハダで盛り上がった。しかし、どちらも群れは見えるが神出鬼没。駿河湾の中央部を中心に回遊していたカツオとキハダの群れが、9月以降秋が深まるにつれさらに湾奥に回遊してくることを期待したい。

大型キハダ大量回遊中! きまぐれカツオのロングラン期待

31kgキハダキャッチ! 目標は60kgオーバー!!

カツオは良型。ひと潮ごとに成長し、身体のなかに脂をたくわえる。

キハダとファイト中! この間も周りではボコボコとキハダが跳ねていた。

イワシを追い込み飛沫をあげながらボイルするキハダたち。かなりの量のイワシが跳ね上げられているのが分かる。

駿河湾でのタックルは、大物泳がせタックルがベター。ヒットしたらガンガン巻こう。

カツオも取り込み時は走りまわる。頭部を水面から出すと泳ぎは止まるので、あまり躊躇せずにハリスを手繰ろう。

5分ほどのファイトの末、ギャフ打ちされたキハダ。取り込みは全員協力体制で。

キハダが吐き出したイワシがコレ。

キハダのヒットルアー。

カツオの釣果はこのとおり。良型ぞろいだ。9月になればさらに大きくなるハズ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

駿河湾がマグロの海に! 8月に黒潮の申し子、キハダが駿河湾各地でボイルし始めた。沖に回遊しているイワシを捕食しているのだ。 ざわめくトリの下では、「バシャーッ、バシャー」と大きな飛沫をあげたり、水面直下を群れて釣り人たちが待ち構える船に突進してきたりと、あきらかに例年とは異なる光景が駿河湾の中央部で繰り広げられていた。
「キハダは大きいヤツだと60㎏はゆうにこえているのも多く見えるね。100㎏近いのも見えたよ」とは、この時期、ハンティングのようなカツオ釣りを得意とする沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長の言葉。すでに、土肥「とび島丸」では55㎏というキハダもキャッチされている。
「キハダはルアーでしかなかなかヒットしないけど、うちのメインはコマセのカツオだよ。神出鬼没なところもあって釣れたり釣れなかったりするけど、9月以降に湾奥部に回遊してくることを期待してるよ」と高橋船長。
駿河湾のカツオ釣りの仕掛けは、ハリス20号以上長さ2m以内1本バリ。ハリスが太くて短いのが特徴だ。
カツオの群れの先に回りこみ、1撃でしとめるという釣り方が行われている。実際やってみるとかなりエキサイティングだ。9月以降のカツオフィーバーをぜひとも期待したい!!

駿河湾のカツオを狙い撃ちするためには、戦闘準備を万端にせよ

駿河湾のカツオはコマセ釣りだが、高速で移動するスプリンターのカツオを追いかけながら、狙い撃ちするハンティングスタイルなので、船上では、船長の合図ですぐ仕掛けを投入できるように万全の準備をしておかなくてはいけない。
特徴的なことは、ハリスが20号2m。つまり、太めで短いということ。カツオを掛けたら、一気に巻き上げ、取り込むという算段だ。悠長に慎重に時間をかけてやり取りするということはない。
プラカゴもカゴとオモリが一体でないものがベター。カツオの群れの真上に船が止まるので、船長の開始の合図からいかに早くタナに到達できるかがカギとなる。
そのためには、オモリは通常100号だが、120号〜150号の重いものを使うことが必要となる。
仕掛け投入後は、必ず手持ち竿で。けして置き竿で待たないようにするのがコツだ。詳しい釣り方は下イラストを参考に。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00 公開: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00 公開: 2019-01-24 07:00:00
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
更新: 2019-01-15 00:49:26 公開: 2019-01-12 22:00:00
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
更新: 2018-12-25 00:48:52 公開: 2018-12-08 22:00:00
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
更新: 2018-12-06 01:06:56 公開: 2018-11-22 04:40:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読