MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾のキハダ・カツオを釣る! 津静浦港出船 【駿河湾】

駿河湾のキハダ・カツオを釣る! 津静浦港出船 【駿河湾】

8月の駿河湾は、コマセのカツオとルアーのキハダで盛り上がった。しかし、どちらも群れは見えるが神出鬼没。駿河湾の中央部を中心に回遊していたカツオとキハダの群れが、9月以降秋が深まるにつれさらに湾奥に回遊してくることを期待したい。

大型キハダ大量回遊中! きまぐれカツオのロングラン期待

31kgキハダキャッチ! 目標は60kgオーバー!!

カツオは良型。ひと潮ごとに成長し、身体のなかに脂をたくわえる。

キハダとファイト中! この間も周りではボコボコとキハダが跳ねていた。

イワシを追い込み飛沫をあげながらボイルするキハダたち。かなりの量のイワシが跳ね上げられているのが分かる。

駿河湾でのタックルは、大物泳がせタックルがベター。ヒットしたらガンガン巻こう。

カツオも取り込み時は走りまわる。頭部を水面から出すと泳ぎは止まるので、あまり躊躇せずにハリスを手繰ろう。

5分ほどのファイトの末、ギャフ打ちされたキハダ。取り込みは全員協力体制で。

キハダが吐き出したイワシがコレ。

キハダのヒットルアー。

カツオの釣果はこのとおり。良型ぞろいだ。9月になればさらに大きくなるハズ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

駿河湾がマグロの海に! 8月に黒潮の申し子、キハダが駿河湾各地でボイルし始めた。沖に回遊しているイワシを捕食しているのだ。 ざわめくトリの下では、「バシャーッ、バシャー」と大きな飛沫をあげたり、水面直下を群れて釣り人たちが待ち構える船に突進してきたりと、あきらかに例年とは異なる光景が駿河湾の中央部で繰り広げられていた。
「キハダは大きいヤツだと60㎏はゆうにこえているのも多く見えるね。100㎏近いのも見えたよ」とは、この時期、ハンティングのようなカツオ釣りを得意とする沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長の言葉。すでに、土肥「とび島丸」では55㎏というキハダもキャッチされている。
「キハダはルアーでしかなかなかヒットしないけど、うちのメインはコマセのカツオだよ。神出鬼没なところもあって釣れたり釣れなかったりするけど、9月以降に湾奥部に回遊してくることを期待してるよ」と高橋船長。
駿河湾のカツオ釣りの仕掛けは、ハリス20号以上長さ2m以内1本バリ。ハリスが太くて短いのが特徴だ。
カツオの群れの先に回りこみ、1撃でしとめるという釣り方が行われている。実際やってみるとかなりエキサイティングだ。9月以降のカツオフィーバーをぜひとも期待したい!!

駿河湾のカツオを狙い撃ちするためには、戦闘準備を万端にせよ

駿河湾のカツオはコマセ釣りだが、高速で移動するスプリンターのカツオを追いかけながら、狙い撃ちするハンティングスタイルなので、船上では、船長の合図ですぐ仕掛けを投入できるように万全の準備をしておかなくてはいけない。
特徴的なことは、ハリスが20号2m。つまり、太めで短いということ。カツオを掛けたら、一気に巻き上げ、取り込むという算段だ。悠長に慎重に時間をかけてやり取りするということはない。
プラカゴもカゴとオモリが一体でないものがベター。カツオの群れの真上に船が止まるので、船長の開始の合図からいかに早くタナに到達できるかがカギとなる。
そのためには、オモリは通常100号だが、120号〜150号の重いものを使うことが必要となる。
仕掛け投入後は、必ず手持ち竿で。けして置き竿で待たないようにするのがコツだ。詳しい釣り方は下イラストを参考に。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読