MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾で春の釣り!好釣果が冬場から続いているマダイ!

東京湾で春の釣り!好釣果が冬場から続いているマダイ!

関東屈指のマダイポイントを抱える東京湾口の剣崎沖。そろそろ乗っ込みが気になる時期だ。例年早ければ、3月後半くらいから乗っ込み気配が見え始め、4月に入ってから本格的な乗っ込みに突入する。

マダイタックル仕掛け ハリスは3〜4号 ハリス長は指示に従う

タックルは標準的なコマセマダイ用があれば大丈夫だ。

竿は2.7~3.6mのコマセマダイ用。
「大松丸」では80号のビシを使用するので、80号オモリに対応したものを選ぼう。

置き竿、シケの日、座席がミヨシの場合は長め。
手持ち、凪の日の場合は短めを使うといいだろう。

リールは小型電動。
大型が掛かった場合はドラグを駆使したやり取りになるので、スムーズにラインが出るドラグ性能がいいものを使おう。

道糸はPEラインの3~4号。300m巻いておこう。
道糸の先にビシを装着した片テンビンをつなぐ。

ビシはステン缶かプラビシを使用する。

テンビンにクッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。
クッションゴムは使用ハリスの号数に適合した太さを使うこと。
長さは1mが標準。

ハリスは3~4号。
イナダなどの青物やサイズのいいマダイが掛かる状況では、4号以上を使うのが無難だ。

そして注意したいのがハリスの長さ。

船長は反応の位置とハリスの長さから指示ダナを決めるので、船長が指示した長さのハリスを使うことが大事。
指示した長さでないと、付けエサが高すぎるタナや低すぎるタナを漂ってアタリが遠くなるので注意しよう。

ハリはマダイの8~9号ぐらい。
軸がしっかりしたハリでないと、良型や青物が掛かったときに、伸ばされたり、折られたりするので注意しよう。

イラストのように、編み付け補強を施したハリの結びだと強度アップが期待できる。
あらかじめ仕掛けを作って釣行する場合は、ぜひやってみよう。

ハリ数は1本が基本だが、仕掛けをさばけるなら2本バリもOK。
2本バリはタナを探れるので有効だ。

ちなみに「大松丸」の取材でトップの人は3本バリだった。

付けエサはオキアミ。
1匹掛けが基本。
尾羽を切り、切り口からハリ先を刺し入れ、ハリの軸に対してまっすぐ刺すようにする。

初心者は投入方法を必ずマスターしよう!

コマセマダイはロングハリスを使うのが特徴だ。

今回の「大松丸」の取材では10mというハリス長の指示だった。

御前崎エリアでは15~20mのハリスを使うときもある。

このロングハリスを絡まないように投入するには、イラストの手順で投入する。

席が右舷の場合、右手でクッションゴムを掴んでビシを投入する。
同時に左手でリールのクラッチを切って、スプールをサミングしながら、右手の掌のなかでクッション、ハリスの順で滑らせて、絡まないようにハリスを出していく。

ハリよりも50㎝ぐらい手前にきたところでハリスを放すと、絡まずに投入できる。

空いているからといって、ハリから投入すると絡むので注意しよう。

タナ取りは海面からタナ取り後は静かに!

「大松丸」では海面からタナ取りをおこなう。

タナが指示されたら、指示ダナよりもハリスの長さの3分の2ぐらい下までビシを落とす。
そしてコマセを軽くまきながら、タナまでビシを巻き上げる。

このタナ取りでは、ビシを海底まで落としてはいけない。
ビシが着底した衝撃でマダイが逃げ、また底付近にいるエサ取りを浮かせてしまうことにもなるからだ。

ビシをタナにセットしたら、必ずリールのドラグを調整すること。

船の揺れでラインが出ないくらいにしておく。
この設定だと、置き竿で大型マダイが掛かっても、ラインが出てハリスを切られにくい。

タナを取ったら、あとは静かに釣ろう。

誘い方がわからなければ、置き竿で静かに待ってOK。
速いスピードで竿をアオってビシを動かしたり、頻繁に誘ってビシを動かしすぎるのは逆効果。
マダイは動くビシに驚き逃げるということを頭に入れて釣ろう。

置き竿で静かに待つ場合は、長時間仕掛けを入れっぱなしにするのはダメ。
エサ取りが多いポイントもあるし、ビシからコマセが出切るので、一定のペースで再投入すること。

簡単な誘いは、竿をゆっくり立ててから戻すというもの。
マダイを驚かさないように、静かにゆっくりおこなう。

また船長から「反応出てますよ!」というアナウンスがあったり、
「探見丸」を見て反応が確認できたときは落とし込みの誘いが有効。

ゆっくりと竿先を海面に向けるほか、ラインをゆっくりと1m出してみよう。
このときもマダイを驚かせないように、静かにゆっくりと行うことが大事。

落とし込んで10秒ぐらいしてもアタらなければ、ビシをタナに戻すこと。
そのままにしておくのは、タナを低くしていることと同じだからだ。

アタったら竿を立てて確実にハリ掛かりさせる。
引きが強い時はラインを出しながらやり取りする。

東京湾口・剣崎沖 マダイ釣行レポート 乗っ込みを意識して良型、大型を狙っていこう!

剣崎沖に広がる松輪瀬はマダイの好ポイントが多数存在する

2月中旬の取材では、水深60m〜90m台を狙ったが、各ポイントに好反応が見られた

付けエサはオキアミ。1匹掛けが基本

良型なマダイをゲット!

きれいなキロオーバーのマダイ

ヒット!誘いはマダイを驚かさないように、静かにゆっくりと!
最初の引きでサイズを予想してやり取りをしよう

取り込みはタモで確実に

剣崎沖のマダイは、本格的な乗っ込みはまだ先だが好釣果が目立つ

慣れた人は確実に食わせていく

こちらもキロオーバー

阪本智子さんも本命をゲット!

阪本智子さんの釣果!
マダイのほかイシダイ、トラフグ、アジがまじった

良型ののアマダイがまじった

イナダをゲット!

ホウボウもヒットした

当日のトップは5枚

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松浦「大松丸」

3月に入ると、そろそろ気になってくるのがマダイの乗っ込みだ。

関東屈指のマダイの好ポイントである剣崎沖では、2月後半の時点では、まだ乗っ込みの気配は見られないが、
まずまずの好釣果が記録されている。トップ5枚以上の日もあり、また良型もまじっている。

今回の取材は2月中旬に剣崎松輪「大松丸」で敢行。

当日は水深60m台と水深90m台のポイントをおもに狙ったが、いずれも反応の出はバッチリ!

シケ気味の悪条件ながらも、ポツポツと本命のマダイがアタり、トップはキロ前後のサイズを5枚そろえた。

例年、剣崎沖では早ければ3月後半以降から乗っ込み気配が見え始める。

乗っ込みを前に、すでに好釣果が目立っている剣崎沖。

今年も春の乗っ込みシーズンは期待できそうで、とても楽しみ!

これからは大型狙いでチャレンジしてみよう!!

以上の記事は「つり丸」2019年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読