MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣り

片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣り

スィ~スィ~ッと誘う竿先がキュキュン! と入る。片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣りが好調だ。いい日は良型主体にトップ30枚ほど釣れる日もあるんだそう。

perm_media 《画像ギャラリー》片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣り の画像をチェック! navigate_next

外房・片貝沖 ハナダイ釣行レポート

大型は引きがいいし、脂が乗って食味もイイ! 昆布締めや酢締めなど、ひと手間加えた刺身も絶品

まだまだ低水温期で、静かなシャクリが効果的。
軽くシャクってポーズも長め、が当たることが多い

この日のゲストはカサゴ、メバル、マハタなど

空バリプラスオキアミエサで攻める

大型ハナダイの強い引きを楽しもう!!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」

スィ~スィ~ッと誘う竿先がキュキュン! と入る。片貝沖でコマセシャクリによるハナダイ五目釣りが好調だ。

ハナダイと4月からのイサキを二枚看板とする片貝旧港の「直栄丸」では、このところ季節風により限られた出船日ながら、
いい日には良型主体で30枚ほどの釣果も出ている。

「水温変化が大きい影響か、釣果に波もあるけどまあまあ順調かな。いろんなゲストも釣れてお土産にはなりますからねー」とは山本義雄船長。
「気は優しくて力持ち」を絵に描いたような船長で、アミコマセは海水で洗った物を使用し、細部にこだわった船宿仕掛けなどきめ細やかな気配りのある船長だ。

「一年でも一番きびしい時季だからねー、シャクリ方で釣果に差が出ますよ。今は早い誘いにはハナダイは反応しない。竿をシャクるというよりゆっくり持ち上げた後、竿の弾力で竿先が付いて来る感じがいいかな」。

ポーズ(シャクリの後の間)も5、6秒と長めが良いようで、色々と試行錯誤しパターンが合うと連釣、なんてのもこの釣りの楽しさ面白さだ。また、大型ハナダイの引きは強烈。思わず、おっとっと…が楽しい!

今年は例年よりかなり早いと予測される桜の開花だが、ひと足お先に片貝沖でハナ満開なんていかがですか?

以上の記事は「つり丸」2019年3月15日号の掲載記事です。

最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル