MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南伊豆沖のアブラボウズ 深海600m以上の大物釣りに挑戦!!

南伊豆沖のアブラボウズ 深海600m以上の大物釣りに挑戦!!

深海のモンスター、アブラボウズは時に70㎏を超える魚がヒットし、水圧に負けることなく海面まで抵抗する。釣期は南伊豆では1~3月限定だが、キンメのタックルを流用したエサ釣りの他、最近はスロージギングも定着した。

アブラボウズのタックルはコレ!

タックルをキーパーに取り付け、幹糸60号にハリス40号の仕掛けを用意する。オモリは2㎏の鉄筋、エサはヤリイカだ。

「はい、前から順番に投入してください。水深は650mくらいでカケアガリになってます。ルアーは底から5m以内を探ってみてください」と、浅沼清人船長の指示で投入。

「モロコみたいに底にいる魚だから」

ガラガラガラーと、リールが音を立てながら仕掛けが海底へ向かう。着底時は700m以上道糸が出た。
海底をオモリがトン、トンと叩くようにタナを取っている間に、最初のアタリが出た。

愛知県の木村さんがロッドを真っ直ぐに海面へ向け、右手で重い引きをじわじわと巻き上げている。
ロッドを思い切り曲げるのではなくリールで寄せるのがスロージギングのやり取りだ。

こちらも深海竿「ディープインパクトMUTEKIⅡ」の竿先がググッと押さえ込まれた。
魚を鉄筋の重みでハリ掛かりさせるため、素早くリールのドラグをフリーにし、道糸が止まったところで巻き上げにかかる。
かなり激しく竿を叩くため、バラムツかと思った? 残念ながら巻き上げ途中でバレた! エサはほぼ無傷なので、本命だったかも…。

ルアーでは20分ほどのやり取りの末、「クロイオ」という別名の通り、真っ黒なアブラボウズが姿を見せ、でかい口にギャフが掛けられた。船長が滑車で取り込んだ魚は43㎏!

「底を取ったらすぐ食ってきた」と、最初の流しで本命を手にし、思わず笑みが浮かぶ。

深海のモンスター アブラボウズ釣果レポート

1流目にスロージギングにヒットした43㎏!

スロージギングにヒット

こちらもスロージギングにヒットした26㎏!

大型はギャフと滑車を使って取り込む

深海600mにすむアブラボウズ。その名の通り脂が乗って美味

エサ釣りの付けエサは冷凍イカ

エサ釣りはキンメタックルを使用

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石港「南伊豆忠兵衛丸」

南伊豆沖のアブラボウズが1月から開幕。「南伊豆忠兵衛丸」では10〜50㎏級が釣れている。水深600mの深海を攻める。
ルアーでは専門性が強いが、エサ釣りならキンメの道具で楽しめる。船宿にはレンタルタックルがある。

釣り場は新島沖だが、土曜は南沖へ走る。カサゴ目の魚なので、タナはベタ底。
船はカケアガリに沿って流すことが多いため、オモリの鉄筋がつねに海底を叩くことを心がけよう。

「エサのイカは新鮮なものが一番です。
アタリが来たら糸の出が止まるまでリールをフリーにし、鉄筋を根掛かりさせて捨て糸を切り、魚だけ上げられるといいですよ」と浅沼清人船長。

取材当日はエサ釣りが苦戦したものの、スロージギングでは一投目から43㎏がヒット。続いて26㎏。
潮によってはバラムツに注意。水深があるため一日で6〜7投程度だが、船長の指示を確認し、つねに底をキープすれば深海釣り初心者でもチャンスは十分にある。潮具合によってはキンメとリレーで狙うことも可能だ(予約時確認)。

アブラボウズは水圧の変化に強く、浮くことはない。口切れ防止に極太クッションゴムを使い、やや低速で巻き上げるのが重要。取り込みはギャフと滑車の出番。脂が乗りまくりの身は煮付けがじつに美味。釣期は3月末まで、早めの釣行が大物につながるだろう。

シラハタの好釣を夢見て! アブラボウズの料理方法

アブラボウズは骨が柔らかく、大型魚でも包丁1本で捌ける。
バラムツと違って消化できる脂なので、ギンダラ同様の料理が楽しめる。筆者のイチ押しは煮付け。
伊豆稲取・網元料理「徳蔵丸」販売の「秘伝の煮汁(醤油味)」で煮るとご飯が止まらない。

キンメや他の魚の煮付けにも最高。生なら漬けも良く、粕漬けや塩麴焼きも美味。
小田原ではサイコロ状に切った刺身(トロブツ感覚?!)にすることもある。伊豆でも一部で寿司ダネにされることもある。
筆者もかつて同船したベテランから「とくに好きなのはアブラボウズの味噌焼きだ」とも聞いているが、
大物釣りの醍醐味に加え、一度釣ったら、その食味に魅せられる魚の一つではないだろうか?
脂が気になる方は、生なら一度に60g、加熱した場合でも120gまでを目安に楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2019年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読