MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾東部 ヤリイカの釣り方の基本を覚えて確実に乗せよう!【図解】

相模湾東部 ヤリイカの釣り方の基本を覚えて確実に乗せよう!【図解】

相模湾のヤリイカは例年、春は東部のエリアが好釣果に盛り上がる。ほとんどが産卵を控えたオスだが、何杯も乗ると重量感はかなりのもの。また時期は大型の多点掛けが醍醐味。それを味わうには基本が大事。今一度基本をおさえてヤリイカを確実に乗せていこう!

タックルは標準的なヤリイカ用でOK

「島きち丸」では150号のオモリを使用する。
そのため、150号のオモリに対応したイカ竿があればOK。長さは1.5~2m前後が扱いやすい。
できればヤリイカ専用竿を準備したい。専用竿は、高感度の穂先を搭載した製品が多く、アタリがわかりやすいだろう。
リールは小型電動。この時期は大型の多点掛けもある。
またスルメイカがよく乗る日もあるので、パワーがあるタイプがいいだろう。
道糸はPEラインの3~4号。水深200m以上のポイントを狙うこともあるので、400m巻いておくのが望ましい。
300mしか巻けないリールであれば、もう1台予備用リールを持ち込むという手もある。

仕掛けはプラヅノ11㎝の ブランコ式が基本

仕掛けは11㎝のプラヅノで組んだブランコ式が基本。
幹糸は5~6号、幹間は1.2m前後。枝スは3号、10㎝前後。
プラヅノのカラーはケイムラ、クリアー、ブルー、グリーン、ピンクなど。
下から2番目か3番目に赤白のウキスッテをまぜるのも有効だ。状況によってはスッテばかりに乗ることもある。

プラヅノはできるだけ新品を使うようにしよう。古いツノは乗りが悪いこともあるからだ。
また、ツノにスミが付いたら、歯ブラシなどできれいに除去すること。
スミがついていると、これも乗りが悪くなる原因になる。

ツノ数は5~7本ぐらい。ツノ数が多くなると仕掛けを捌きづらくなり、トラブルが多くなりがち。
慣れない人はツノ数を減らして、確実に釣り上げていく方がいいだろう。
ツノ数を10本以上にするのは上級者向き。
なお、「島きち丸」の川崎船長はツノを10本以上にする場合は、180号のオモリを使用するように指示している。
仕掛けと道糸の間にヨリ取りリングや中オモリを介してもOK。
サバが多くて仕掛けが落下しない場合は、直結仕掛けを使うのも手だ。
ただし直結仕掛けは、糸が弛むとバレやすいので慣れた人向き。

底付近に反応が出やすいが中層に反応がでることも

まず座席が決まったら、イラストのように道具をセットする。
釣り座のセッティングがいい加減だと、仕掛けが絡まるなどのトラブルが多くなり、快適に釣りができなくなってしまう。
トラブル回避のために、きちんとセッティングしよう。
相模湾では反応を探して、反応があれば投入合図を出すというスタイルで狙う。
広範囲を長時間流すように狙うことはしない。

投入

ポイントに着き、投入合図があったら即座に投入すること。
状況によっては、投入が遅れると、仕掛けが着底したときにはすでに反応がないなんてこともあるからだ。
反応があるときは投入回数が多くなるので、前述した釣り座のセッティングが重要になるのだ。
「島きち丸」では投入合図と同時に、反応の位置もアナウンスしてくれる。その指示に従って反応がある付近を狙う。
「底付近」という指示が出た場合は、仕掛けを着底させる。
着底直後に乗りやすいので、着底したら竿先の変化に注意。乗らなければ、仕掛けを上下させて誘う。

ヤリイカの釣り方

反応が海底から幅広く出ているときは、シャクリ上げて反応の範囲を探っていく。
中層反応を狙う時は、反応の手前まで仕掛けが落下したら、ブレーキをかけながら落としていく。
イカが触ったり、落下が止められたら、その付近から誘い上げたり、誘い下げて乗せていこう!

今がベストシーズン! 相模湾東部ヤリイカ釣行レポート

︎取材当日は城ケ島沖~沖ノ瀬を広範囲に狙った

仕掛けはプラヅノ11cmが基本。赤白のウキスッテをまぜるのもOK

朝イチは多点掛けが連発!

スルメまじりで6杯掛けだった

こちらも6杯!

海面下から次々とイカが見えてくるのが最高だ!

水深200m以上を狙うことも!

大型の多点掛けが楽しめる時期!

永井名人は苦戦気味だったが、3杯掛けも!

スルメもまじる

良型が数乗るのが、この時期の魅力だ!

この日は6点掛けのほか、7点掛けもあった!

取材当日、沖ノ瀬では船団ができた

仕掛けの着底直後に乗りやすいので、竿先の変化に注意しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬「島きち丸」

片瀬港「島きち丸」は、夏から秋のキハダ&カツオのシーズン以外はイカを狙って出船している。
冬から春にメインで狙うのはヤリイカだ。

「ヤリイカは今がベストシーズンですよ! 城ケ島沖から状況を見て沖ノ瀬や洲崎沖などを狙っています。まだ手をつけていない場所もありますので、これからまだまだ楽しみがあります。状況によっては、もっと近場(城ケ島西沖~江の島沖など)で数乗ることもあります」とは「島きち丸」の川崎英明船長。

2月中旬の取材では、前半は城ケ島沖を狙った。朝イチはまずまずの乗りで、6杯掛けや7杯掛けもあった。
中盤以降は沖ノ瀬に移動。こちらは終始好反応が見られたが、潮が速くなると乗りが悪くなった。
トップは27杯で大半が20杯前後。
釣れるサイズは大中小入りまじりだが、大型が多い。また、取材後には40杯の日もあった!
ゴールデンウイーク頃まで楽しめる相模湾東部のヤリイカ。大型主体の多点掛けが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2019年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読