MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋が来た。さぁカワハギだっ! 腰越沖編【相模湾・腰越沖】

秋が来た。さぁカワハギだっ! 腰越沖編【相模湾・腰越沖】

今年も待ちに待ったカワハギの本格シーズンが到来した。今シーズンは早くも当たり年の様相を呈していて期待十分だ。

浅場で良型活発だぞ! みんなにアタってトップ40枚。絶好調のスタートを切った!

ポイントは港から10〜20分ほどと近場主体。

水深は10mちょいと浅い。根と砂地まじりのポイントだ。

エサの追い活発で大きなアタリが出ていた。

「今日は底中心でよく食いました」と、良型主体に40枚釣り上げてトップ。今年の腰越沖は魚影が濃く、さらに型がいいぞ。

小型をリリースしても十分な釣果に。水深も浅く、これから始めるにもいいポイントだ。

この日は30㎝近い良型が数あがった。

船中みんなによくアタり、笑顔があふれた。朝イチは小型が多かったが、その後は良型が増えた。

写真のように、各メーカーからたくさんのハリが発売されている。サイズ、大きさ、形状、ハリスの太さ、長さと迷う要素がたくさんある…。

…ハリの基本は大きく分けて「吸い込ませる」か「掛ける」かの2種類。この基本を理解しておこう。吸い込ませるハリにはやや細目で長めのハリス、掛けるハリにはやや太め、短いハリスがマッチする。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「池田丸」。

「カワハギが開始からすごい釣れていますよ。エサ切れで早揚がりもあるくらいです。一度様子を見に来ませんか?」と、鎌倉・腰越港「池田丸」の船主、池田威知朗さんからお誘いを受けてさっそく駆けつけてみると、その言葉通りの展開が繰り広げられていた。
水深は10mちょい。朝一番はワッペンクラスが活発にエサを追っていたが、ひとたび中大型が目を覚ますと、そこからは良型主体に。厳しい残暑、無風ベタナギという集中力が途切れがちな状況下でも、トップ40枚の好成績。
腰越沖はカジメ林の中を釣る場所で有名だが、現在のところは砂地と岩場がまじった場所をメインに狙っている。1カ所に群れが固まっているという感じではないが、どこのポイントにも魚がいてアタリが途切れることはなかった。
「底でも宙でもどちらでも食うみたいですよ。今年は全体的に型がいいですね」とは、カワハギ船の船長、遠藤政嗣さん。
現在は、まだスレていない魚が多く、アタリも明確に出る。さらに水深も浅いこともあって、ビギナーが始めるには、まさに「今しかない」という好機だ。これから水温が下がり、カジメの中で釣れるようになると第2ステージの始まりだ。そのポイントでは宙の釣りメインになる。今年もしっかりハマリましょう!!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなりますと「幸丸」実川和也船長。大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。
最新記事
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読