MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 青物五目乗合 うまい魚が釣れるジギングゲームの魅力をご紹介!

東京湾 青物五目乗合 うまい魚が釣れるジギングゲームの魅力をご紹介!

金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。

ベイトフィッシュの群れを追うサワラやマダイを狙う

神出鬼没、ギャンブルフィッシュなどなど、アタリハズレの多いターゲットとして知られるサゴシ&サワラ。
それでも多くのアングラーが魅了されるのは、その食味の良さゆえだろう。
季節によって大きく脂の乗りが変わる魚だが、こと冬場の食味の良さは抜群。
なかでも東京湾の寒ザワラといえば、とびきりの旨さで名を馳せる。

魅力あふれるサゴシ&サワラだが、遊漁の対象として一般的に楽しめる、となればルアーマン限定となる。
そんな特権を行使しない手はないだろう。

「うちで狙い出したのは遅いけど、サゴシサイズに関してはけっこう釣れてますよ」
とは金沢八景「太田屋」の池田芳之船長。

船長の言葉通り、取材日までの東京湾では、キャッチされるのは、ほぼサゴシサイズに限定されていた。
しかし、取材日の後半からサワラが顔を出し始めた。
それまでしっかりした回遊が確認されていなかったが、いいタイミングで沖からの潮が入ってきたのかも知れない。

いずれにしろ、ベイトフィッシュの群れを追うサワラにまじり、マダイも連発。
いつでもこの群れにワラサ、ブリが仲間入りしてもおかしくない。また、水面爆裂!
キャスティングゲームが盛り上がることも想定される。
 取材日以降も引き続きサゴシ、サワラは好調に釣れ続いている。

しかし、この好況がいつまで続くかは分からない。急いで、船上の人となる必要があるだろう。

サゴシ&サワラ狙いの タックルとは?

サゴシ&サワラ狙いの場合、ジギング、キャスティングともに有効だ。

マストタックルはジギング。ライトな青物用、もしくはタチウオ用で十分に対応できる。
フォール中のバイトへの対応力の高さからベイトタックルをおすすめしたい。

ロッドは6ft前後、最大のジグウエイト表示が100g前後のものが使いやすい。
ライトジギング、タチウオジギング、ベイジギングなどと表記されているものからセレクトすればよいだろう。

リールは小型のベイトリールがマッチする。
ハンドルがシングルタイプで、しっかり力を込めて巻けるソルト仕様のものがおすすめだ。

メインラインはPE1号前後、リーダーは30~40 Lbを1.5mほど結節しておけばよい。
水深を測る目安となるラインマーカーは必須だ。ラインシステムは強度に自信の持てるノットなら何でもよいだろう。

ジグは100~160gまでを用意する。
リアにトレブル、フロントに2本のアシストフックをセットするのが、太田屋のおすすめだ。
カラーは何色にでもヒットしてくるが、オールシルバーが人気という。ぜひ参考にしたい。

以上のほかスピニングタックルでも十分に楽しめる。
ベイト、スピニングとどちらにしても、あまりパワーのあるタックルはショック吸収力に欠けるため、バラシの原因となりやすい。
ただ、ワラサやブリがまじる場合は、少しヘビーなもの(たとえば、メインラインが1.5号から2.5号など)が望ましい。
選択が難しいところだが、パワークラスを変えて、数タックル用意、状況に応じて使い分けるのが理想だ。

さらにキャスティング対応タックルも用意しておくことができれば、ヒットチャンスをしっかり捉えることができる。
すべてが必要というわけではないが、パワーの異なるジギングタックル2セット、
キャスティング用のスピニングタックル1セットを準備できればパーフェクトだ。

ジギングで狙う場合の釣り方

ジギングで狙う場合、魚探で反応を捉えた船長からの投入の合図がスタートとなる。
3月上旬現在、ポイントは観音崎沖などの水深50~70m程度が中心。
この水深のなかで、たとえば「海底から20m」とか「50mから70mを探って」など、一定の範囲を探るよう指示されることが多い。
ラインマーカーを目安に、確実に対応することが大切だ。

基本アクションはワンピッチ。ミディアム程度のスピードをベースに、いろいろと試してみる。
あまり大きくシャクらないほうが実績が高いようだ。

とくにサゴシに関してはフォール時のスレ掛かりが多い。
投入時のフリーフォール、シャクったあとのフォールなどでラインが止まったり、ガクガクと走り出したら、
ラインの出を止めて大きくロッドをあおってフッキングする。
フックセットが甘いとバラシが連発してしまう。要注意だ。

サワラサイズでもバイトを感じたらラインスラックを取ってから1~2回、しっかりロッドをあおってフッキングする。
一瞬の走りのスピードはなかなかだが、スタミナがないのがサワラの特徴。
反面で身切れや口切れが多いので、ドラグは緩めで、いったん走らせてからゆっくり寄せてくる、
というスタンスでやり取りするとよい。最後は丁寧にネットでランディング、が安心だ。

東京湾 金沢八景 青物五目釣果レポート

主戦場は東京湾口、観音崎沖だ

強引なファイトは禁物。緩めのドラグで勝負しよう!

アタリハズレもあるようだが、身の厚いサゴシは脂たっぷりで激ウマ!

9本を釣ってトップ釣果を記録した常連さんの雄姿。
ライトタックルをひん曲げるファイトが楽しすぎる!

しっかりネットイン!
十分満足のサワラサイズだ

綺麗なマダイがお出まし!

サゴシはフォールでのヒットが多かった。
サワラは巻き&フォールでヒットと気が抜けない

3kgアップは間違いなし! のサワラ

ウマそうなサゴシ

タチウオは良型がほとんどだ

なんとヒラメまで登場! まさに青物五目?

取材日最大のマダイ3.8kgを仕留めたアングラー

実績大のヒットルアーとフックシステム

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」

取材日スタート時の水深は70m。潮の動きが小さい日だったが、ポツリ、ポツリと拾ってはバタバタ。
という印象で終始ヒットチャンスが続いた。しかし、冒頭の船長の言葉通り、サゴシサイズが中心。
ときおりタチウオもまじえ、いかに数を重ねるか、という展開が続いた。

しかし、後半になって状況が一変。
僚船の連絡で向かったポイントには、イワシと思われるベイトフィッシュが水面を賑わせていた。
最初にヒットが続いたのはマダイ。その後、待望のサワラが姿を現した。
一時は玉網が足りない! というほどヒットが連発! 興奮冷めやらぬなかでのストップフィッシングとなった。

取材日以降も、サゴシ&サワラ、そしてマダイと同様の釣果が続いている。
この活況はいつまで続くかは分からない。早めの釣行が吉、ですぞ!

以上の記事は「つり丸」2019年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読