MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋が来た。さぁカワハギだっ! 勝山沖編【内房・勝山沖】

秋が来た。さぁカワハギだっ! 勝山沖編【内房・勝山沖】

今シーズンのカワハギ序盤戦は、各地から好調の報が入っているが、ここ内房・勝山沖も、その例に漏れず連日好調だ。

大型あり、ワッペンあり! 多彩な展開で、おもしろさ抜群です。 今年はとにかく期待大だ!

カワハギ挑戦4回目の齋藤絵理チャン。21枚ゲット!

朝イチは魚がまだ寝ぼけているのか、寝ているのか食いが悪かったが、日が高くなるにつれて食いは上昇。連チャンで釣れ続くシーンも度々。

良型が宙を舞う!

ポイントは港から5分程度の近場メイン。浮島周りはカワハギのすみかになっている。

これも良型。良型が目立った。

ビギナーの彼もヒット!

勝山港周辺は、起伏に富んだカワハギポイントが無数に点在する名エリアだ。毎日だいたいトップ30〜40枚ぐらい出ているとのこと。朝イチに選んだポイントは港から南に数分行った所だ。この場所ではいきなりワッペンの猛攻から始まる。
カワハギは一般的に潮が澄んだほうが好調に釣れる。しかしこの日は少し濁り潮が入ってきていた。初めはワッペンが元気だったが、濁り潮でエサが追えないのか、次第に良型の姿が目立つように。この日の取材では28枚と、なかなかの好成績だった。
最近は、大型狙いの場所でもワッペンが釣れ出していて、多彩な展開を楽しめるのが嬉しい。
まだまだこれからのポイントも多いので、今後は、さらに期待できるぞ。いよいよ熱い季節がやってきた!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
御前崎の沖に位置する金洲の五目釣りがおもしろくなっている。イサキ、マダイのほか、青物のヒットもある。仕掛けはハリス6号、6mの2本バリ。付けエサはオキアミ、またはイカタンを使う。
更新: 2019-06-25 12:00:00
夏のタチウオシーズンが開幕した。夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しむ。小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていく。本格的な数釣りはこれから!
更新: 2019-06-25 07:00:00
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00
6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!
更新: 2019-06-23 12:00:00
最新記事
御前崎の沖に位置する金洲の五目釣りがおもしろくなっている。イサキ、マダイのほか、青物のヒットもある。仕掛けはハリス6号、6mの2本バリ。付けエサはオキアミ、またはイカタンを使う。
更新: 2019-06-25 12:00:00
夏のタチウオシーズンが開幕した。夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しむ。小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていく。本格的な数釣りはこれから!
更新: 2019-06-25 07:00:00
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読