MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋が来た。さぁカワハギだっ! 勝山沖編【内房・勝山沖】

秋が来た。さぁカワハギだっ! 勝山沖編【内房・勝山沖】

今シーズンのカワハギ序盤戦は、各地から好調の報が入っているが、ここ内房・勝山沖も、その例に漏れず連日好調だ。

perm_media 《画像ギャラリー》秋が来た。さぁカワハギだっ! 勝山沖編【内房・勝山沖】の画像をチェック! navigate_next

大型あり、ワッペンあり! 多彩な展開で、おもしろさ抜群です。 今年はとにかく期待大だ!

カワハギ挑戦4回目の齋藤絵理チャン。21枚ゲット!

朝イチは魚がまだ寝ぼけているのか、寝ているのか食いが悪かったが、日が高くなるにつれて食いは上昇。連チャンで釣れ続くシーンも度々。

良型が宙を舞う!

ポイントは港から5分程度の近場メイン。浮島周りはカワハギのすみかになっている。

これも良型。良型が目立った。

ビギナーの彼もヒット!

勝山港周辺は、起伏に富んだカワハギポイントが無数に点在する名エリアだ。毎日だいたいトップ30〜40枚ぐらい出ているとのこと。朝イチに選んだポイントは港から南に数分行った所だ。この場所ではいきなりワッペンの猛攻から始まる。
カワハギは一般的に潮が澄んだほうが好調に釣れる。しかしこの日は少し濁り潮が入ってきていた。初めはワッペンが元気だったが、濁り潮でエサが追えないのか、次第に良型の姿が目立つように。この日の取材では28枚と、なかなかの好成績だった。
最近は、大型狙いの場所でもワッペンが釣れ出していて、多彩な展開を楽しめるのが嬉しい。
まだまだこれからのポイントも多いので、今後は、さらに期待できるぞ。いよいよ熱い季節がやってきた!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル