MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ずら〜りズラリ!クロメバル!リレーでカレイもオススメ!

ずら〜りズラリ!クロメバル!リレーでカレイもオススメ!

春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。

perm_media 《画像ギャラリー》ずら〜りズラリ!クロメバル!リレーでカレイもオススメ!の画像をチェック! navigate_next

相馬沖はメバルの宝庫!しかもサイズがデカイ!

春の東北の人気魚、クロメバル。
関東周辺では貴重な魚であり、良型ともなると数釣りは難しいが、ここ福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルの数釣りができる。

今シーズンは、シケの日も多かったが例年シーズンインする1月のメバルの釣果はあまりよくなかった。
これも他の魚と同じく高水温の影響なのか? どうなるだろう? と思われていたが2月半ばから釣果が急上昇。
2月後半3月前半には絶好調になった。

その気になる釣果だが、トップ100匹はザラ。
下の釣果も気になるが数匹のときもある。
この差は釣り座の違いが原因ではないか、と思う人もいるだろうが、理由は明らかに仕掛けの選択によるものだ。

また、リレーで狙うカレイも釣果が急上昇中。
マガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなどさまざまなカレイが釣れるのが特徴のひとつだ。

メバルのポイントは、岩礁帯や魚礁。
よく釣れるのは魚礁でジャンボサイズはほとんどここでヒットしている。

このエリアでは、魚礁攻略がメバル数釣りを達成させるためのカギとなっているのだ。

福島海域は、いまもなお震災の影響が残っており試験操業中のため、遊漁船の出船の制限が継続中だ。
昨シーズンからは土日祝日のほか平日は一週間の間で2日間遊漁が可能になっている。

だから平日に福島海域へ釣りへ行こうと計画している人は、各船宿の出船予定表をマメにチェックすることが必要である。

クロメバルサビキタックルはヒラメ用がオススメ

メバルといっても東北メバル専用の竿はない。流用するならヒラメ竿がベスト。

竿は長さ2.1〜3mくらいでオモリ60号を背負える7対3、または6対4調子。

リールは小型電動。道糸は2〜3号を200mあればよい。

相模湾のイワシメバルや東京湾のエビメバルではかなり軟調子のものが好まれており引きを楽しむ傾向があるが、
ここではバッド部にある程度のパワーがあるものが望ましい。

さて、相馬沖のメバル釣りでは数種の仕掛けが使われている。

サビキのみ、サビキ+エサ、空バリ仕掛け+エサがそれだが、どちらかいえば、多くの釣り人たちはサビキや素バリ仕掛けにエサを付けている。
これは、エサを付けているほうがよくメバルが釣れる!と思っている人が大半だからだ。

春の時期、とくに魚礁周辺はプランクトンであるアミ、イサダ、小魚たちが沸いており、それをメバルが捕食している。
だから捕食するエサの大きさに比例するサビキのバケをメバルは最も好むのである。

季節が進みコウナゴなどが沸くようになると、この海域では生きたドジョウが強力なエサとなる。
コウナゴが沸くまではサビキのみが有利な状況が継続することを覚えておこう。

【仕掛けの選択方法】

抜群の効果を発揮する「明神丸」佐藤船長が考案したオリジナル仕掛けがもっとも釣果が安定している。

それはどういうものかというと、ハリスは大型が多いので1.5号もしくは2号。幹糸は4号。
ハリスと幹糸との接続はプラスチック回転ビーズでハリスの長さは35㎝と長めだ。

佐藤船長によると長めのハリスを使用することで、バケの自然落下を演出、
さらにハリスがヨレたらその部分をカットしても使用可能になるからだという。

最大の特徴はバケ。
こげ茶色に染めたサバ皮と雪代が入るときには絶大な威力を発揮する緑フラッシャーとの組み合わせだ。

ここでは、黒や緑系統のカラーが入っていたほうがよくメバルに高アピールする。

そのほか、市販の人気バケは、黒毛サメ腸。
グリーンのバケがまじったミックスサビキも効果がある。

相馬沖のサビキクロメバル釣り 根掛かりしない誘い方で魚礁のタナは高めが基本

数メートルの高さがある人工魚礁周辺では、タナ取りに注意が必要だ。
船長のアナウンスで岩礁か魚礁かどうかを知る。

魚礁の場合、オモリを底に付けてしまうとすぐに根掛かりする。
だから、ここではどんなときもオモリを底から1mほど上げて待つのが基本。

竿先に注視して、コツンとオモリが底に当たるようであれば、さらに1m上げて待つ。

手持ち竿でアタリを静かに待つのが基本だ。

誘いすぎ、つまり上下に動かしすぎは、警戒心の強いメバルを刺激するのでよくない。
誘うなら上下にゆっくり静かに! と覚えておこう。

また、誘うタナは底から10mの範囲。
活性の高いメバルはかなり上まで浮いていることが多い。

アタリは明確に出る。
しかし、アタリが出てもすぐに上げてはいけない。

そのタナでしばらくそのまま待つか、デッドスローでリールを巻き、魚が引いたところで巻きを止める。

だいたい5mくらい巻き上げたら、回収OK、多点掛けの完成だ。

メバルがサビキの上バリだけに掛かって上がってくるようなら、再投入時は、タナは高めで待とう。
メバルが浮いているからだ。

逆にツブ根などの根掛かり少なくあまり険しくないところでは、タナは低めでよい

カレイの釣り方 小突きでエサはアオイソメ

メバルのリレーで釣るカレイは、メバルのポイント近くの平坦な砂泥地を攻める。

仕掛けは、とくにコレといった特別なものはなく、市販のカレイ仕掛けでオーケー。
地元釣り具店では、2本バリ仕掛けがオススメという。もちろん3本バリでもよい。

カレイのメインはマガレイ。
岩礁がからむとナメタガレイもまじる。

タックルはカレイ専用の小突き竿。
極先調子が主流だが、ハイシーズン前のいまは多少軟らかめで8対2、7対3調子の軽量ロッドでよい。
専用ロッドがない人はオモリ50号を背負えるゲームゲームロッドが流用できる。

エサはアオイソメ。
メインがメバルなので1パックくらいで足りるという。

アオイソメはさまざまな付け方があるが、3〜4㎝にカットしたものを2匹縫い刺しが基本。
シルエットを大きく出すのが効果的だ。

カレイはオモリで底を叩いて砂煙をあげて、エサを躍らせ高アピール。カレイを寄せて釣る。
だから、小突き方が大事な要素となる。

マガレイの場合、1秒間のうちに1回〜2回のペースで小突き、何か違和感を感じたら聞き上げてハリ掛かりをみる。
重量感をたっぷりと感じたらアワせる。

小突きのイメージはオモリが底から2㎝ほど浮く程度。
アタリが小さい時期でもあるので、20回〜30回ほど小突きを入れたら聞き上げて空アワセを入れてもよい。

水温が低く食いがよくないときなどは、アタリが出たら一呼吸待ってからアワセを入れるのも効果がある。

福島県・相馬沖 クロメバル&カレイ釣行レポート

船長オススメサビキはコレ。

メバル狙いではヒラメタックルが活躍する

船長オススメのサビキ仕掛けのみであげた大型クロメバルたち。追い食いさせるのが多点掛けのコツだ

メバルの胃から出てきたのはアミや小魚。これがマッチ・ザ・ベイトだ

良型一荷でホクホク顔

みんな大型!お土産十分!!

尺メバル一荷!

大型メバルがズラリ!この多点掛けのやりとりのドキドキ感もたまらない

多点掛けでずらずらーと釣れる

こんな多点掛けの光景があちこちで見られる

リレーのカレイ釣りではマガレイの一荷はザラ

強い引きを味わえたのはイシガレイ。よくまじる

岩礁帯近くではナメタガレイがヒット

地元ベテランアングラーはこのとおり。大型クーラー満タンだった

関東から来た沖釣り師もビックリな釣果に大満足!

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・相馬港「賀都屋 明神丸」
とてもきれいに管理してある10tの大型船で土日祝のほか、平日2日間出船中

大型クロメバルの宝庫ともいわれている福島県相馬沖で30‌㎝級のいわゆる尺メバルが絶好調だ。

「今期はスタートが遅れているようです。例年なら1月からよく釣れますが、開幕は2月半ばでしたね。
相馬沖の魚礁や根周りではとにかく大型が釣れます!トップ100匹も珍しくないですよ」とは、相馬港「明神丸」の佐藤正明船長。

ポイントの水深は40m前後。
岩礁周りと人工魚礁につくクロメバルを狙う。

仕掛けは6~8本のサビキ仕掛けが定番で、佐藤船長が考案した緑フラッシャー入りのこげ茶サバ皮仕掛けがオススメだ。

メバルはアミや小魚などを捕食しているのでサビキ仕掛けがマッチ・ザ・ベイトとなりよく釣れるのだ。

状況にもよるがこの釣りのコツは、いち早くアタリバケサビキを見つけること。
迷ったら船長や地元釣具店がすすめるサビキがあれば安心だ。

メバルの数釣りを堪能したあとは、リレーでカレイ釣り。

アオイソメエサで小突き釣りで狙う。
こちらも今期は遅れて開幕なので、今後高活性のマガレイの引きをたくさん味わえるようになる。

アタリや引きをたくさん味わいたいという人には相馬沖はもってこいのフィールドだ。

以上の記事は「つり丸」2019年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル