MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
想像以上のおもしろさで大人気!犬吠崎の「ホウボウ」ジギング

想像以上のおもしろさで大人気!犬吠崎の「ホウボウ」ジギング

ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。

perm_media 《画像ギャラリー》想像以上のおもしろさで大人気!犬吠崎の「ホウボウ」ジギングの画像をチェック! navigate_next

波崎起きのホウボウジギング ヒットさせるまでのプロセスが面白い!

今年も犬吠埼沖のホウボウケームが開幕した。

今回取材した波崎港「征海丸」の須之内哲也船長によると、開幕当初は群れも固まっておらず、ポツポツとした拾い釣りの様相だったが、3月上旬の取材時は少しずつ群れが固まり始めて来たようで、ポイントによっては船中バタバタと何人ものロッドが曲がり、ホウボウが取り込まれる場面が何度も見られた。
今後はさらに群れが固まり、より釣りやすくそして数も伸びやすくなるとの予想だ。

そして何より、犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。
50㎝以上もある大型がヒットするのだ。

さて、このホウボウジギングの魅力は、魚の引きを楽しむというよりは、魚をヒットさせるまでのプロセスがおもしろい、と須之内船長は言う。

ホウボウはヒットするとグングン、グングンと体をくねらせるようにして抵抗し、
その美しい姿からは想像もできないほどの引きを見せるが、引きの強さという観点からいえば、やはり青物には敵わない。

ではどんなところがおもしろいのかといえば、
ヒットパターンにハマった人は連続ヒット、一方でパターンにハマらない人はまったくアタリがない、なんていうことが起きる。

このヒットパターンをいかに早くみつけることができるか、が運命の分かれ道となる。

常連さんも「バスフィッシングに通じるおもしろさがあります」と言う。
ゲーム性が非常に高いのだ。

波崎沖のホウボウジギング タックルはベイトが快適 攻略の基本はボトム

海底付近を棲み処とするホウボウゆえ、ジギングはボトム付近を重点的に攻めることが基本となる。

そのためタックルは、親指1本でリールのクラッチ操作が可能なベイトタイプが有利だ。
そして、ジグを横向きにして誘うことが有効となるため、なかでもスローピッチジャークジャークジギング用が最適だ。

パワーは#2または#3程度でOKである。
その他、シーバスやタチウオジギング用などのライトジギング用、さらにはバスロッドなども使用可能だ。

ラインは、ホウボウの大きさを考えれば1号前後で十分だが、この海域はワラサなど青物がヒットする可能性もある。
それゆえ、できれば1.2〜1.5号あればベターだ。

リールはそれを200m以上巻くことができる小型両軸リールがあればよい。

また、最近全国各地で盛り上がっているスーパーライトジギングでももちろん楽しめる。

タックルはスピニングでもベイトでもOKだが、前述のようにボトム付近でのジグの上げ下げが多い釣りだけに、こちらもベイトタックルの方が快適だ。

ポイントの水深は浅くて20m前後、平均で50m前後を攻めるので、ジグは120〜150gを基準にすればよいだろう。
ただ、ときには70〜80mといった深場を攻めることもあるので、そんなときのために200g程度の重めのジグもあるとよい。

ジグの形状は、スローピッチジャーク用の横を向けやすくヒラヒラフォールするタイプは必須。
その他、シルエットの小さなタングステン製にも実績は高い。

最後に釣り方だ。
取材で釣られたホウボウは、メゴチやカニを吐き出した。

このように、ホウボウはボトム付近にいる生物を主なベイトにしていることが多い。
したがってジギングでも、常にボトムを意識して攻略することが基本となる。

その他主なベイトとしてはイワシが挙げられるが、このときは中層まで果敢に追って来る。
ベイトがイワシのときはもちろんだが、そうでないときでも目先を変えてやる意味で時々は中層までしっかりと誘うことも重要だ。

犬吠埼沖・ホウボウ釣行レポート 良型多く高いゲーム性でおもしろい!

ホウボウゲームではゴールド系は定番中の定番カラー。
今シーズンはピンクシルバーにも実績が高いという

ボトムを重点的に攻めるので、タックルはベイトがメイン。
サワラが回遊していることもあるので、そのタックルもあるとベターだ

良型ホウボウが次々と空中を舞った。群れが固まる今後は、さらに期待大だ!

犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがよいのが特徴! 
「自分でパターンを探し、誘って釣るのがおもしろいですね。バスフィッシングのようです」とは常連さん

ホウボウといえばこの美しい胸鰭。
いま全国的に人気急上昇中のスーパーライトジギングでヒット!

手軽な釣りなので初心者も楽しめるホウボウジギング。
それでいてかなり奥が深いので、ベテランをも熱くさせる

犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい!

フォールを多用するので、フックはテイルにも付けておこう

釣趣だけでなく、ホウボウは食味も抜群。
甘みがあって、刺し身はもちろん、アクアパッツァなど洋風料理にもよく合う

ゲストにはカサゴや、小型イシナギ、マハタなどが登場する

釣って楽しく食べて美味しいホウボウは大人気。
想像以上にテクニカルでおもしろいぞ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」

なんだ、ホウボウか…。
そう思った方、ぜひ一度チャレンジしてみていただきたい。
ホウボウといえば、他のターゲットの“ゲスト”的イメージが強いかもしれないが、本気で狙ってみるとこれがなかなか侮れない。

上げなのか、下げなのか。
セオリー通りボトム中心なのか、かなり上まで誘ったほうがいいのか。
なんと、何もせずに止めておいたほうが食うこともある。
漠然と釣りをしていては、平均も釣れない…ことになりかねないのだ。

そう、ホウボウジギングは引きを楽しむ魚というよりは、掛けるまでが楽しい魚。
非常にテクニカルでゲーム性が高いのだ。

地味なイメージを持つ方も多いと思うが、一度やったらきっとハマってしまうこと間違いなし!なのである。

「今年も始まりました。群れが固まりはじめましたので、これから面白くなってきますよ!」とは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長。

さて、「征海丸」では来る3月31日(日)に、このホウボウを対象とした釣り大会「SPJ・SLJジギングホウボウバトル」が開催される。魚のつかみ取りなどのイベントも予定されているので、ぜひご参加いただきたい。
詳しくは「征海丸」ホームページを!

以上の記事は「つり丸」2019年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル