MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春は数が出やすく良型も狙える!片貝沖のアコウダイ!

春は数が出やすく良型も狙える!片貝沖のアコウダイ!

今年はシケの日が多く、出船できる日が少ないという片貝旧港「正一丸」のアコウダイ乗合。しかし、出船できれば、釣果はそこそこ出ているとのこと。今回は、そんな片貝沖のアコウダイに取材に行ってきた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

多点掛けしたときの提灯行列が最高!ロングランで狙える片貝沖のアコウダイ

片貝旧港「正一丸」に訪れたのは2月28日。
この日は久々のナギ予報。
約1週ぶりに出船できるということで、アコウダイに魅せられ、待ち焦がれていた釣り人が集まった。
定員いっぱいということで、今回、僕は竿ではなく、カメラを手にして乗船した。

海老原正船長の操船で、「第一正一丸」は4時に港を離れた。
アコウが待っているポイントに到着したのは、空が明るくなってきた6時頃。

ポイントの潮向きを確認した船長から「前からやるよ〜」と指示があった。
その後、開始のブザーが鳴り、全員の仕掛けが順番にトラブルなく投入された。
この日は、カケ上がりのポイントを中心に狙った。

本命のアコウダイが上がったのは2投目。
釣ったのは胴の間の人で「アタリがあったけど、根掛かりしてオモリが切れてしまいました。だから、魚が付いているのか不安でした。顔が見られてホッとしましたよ」と2㎏級を手にして会心の笑顔を見せてくれた。

海底に群れで生活しているアコウは、1匹釣れればその周りには必ずいるはず。
期待を込めたその後の投入だったが、4投目に小型が1匹。5投目に2㎏級が釣れただけ。

その代わりに、竿を元気に揺さぶってくれたのはキンメダイ。
しかも30〜40㎝級の良いサイズばかり。
いい人は鈴なりに付いたりして、これはこれで楽しいし、嬉しい。

しかし、皆さんの狙いは、あくまでアコウダイ。

船長は流し方を変えたり、ポイントを変えて釣らせてくれようと懸命に操船してくれたが、この日のキンメダイは高活性。

「キンメの反応が魚探にバッチリ映っているよ。アコウが食う前に、キンメが掛かっちゃってるね。これじゃぁキンメ船だよ」と、この状況には船長も苦笑していた。

この後はアブラボウズ、メダイ、クロムツ、オキギスにドンコなど、深海釣りでは顔なじみの魚たちがまじりながらキンメが釣れ続いて沖揚がりとなった。

アコウダイ釣りの邪魔がキンメダイという、嬉しいやら、憎ったらしいやら。何とも言えない心境。
船長も不完全燃焼だったようで、港へ帰る途中「これじゃぁ、画になんねぇっぺ。もう1回来なよ。今度は、竿を持って」と話を持ち掛けられた。
確かにアコウが海面にボコボコと浮上する光景を見たい。
編集部に連絡して相談するとOKの返事で再釣行が決まった。

4日後の3月3日、再び「正一丸」にやってきた。
この日の乗船者は、僕のほかに5名。
「正一丸」に通うベテランの方々と、海老原三利船長も竿を出すとのこと。
僕以外はみんな深海釣りのエキスパートで心強い。

僕は、ミヨシから2番目の釣り座に入った。船ベリには7本のタックルが並んで、釣りがスタートした。

この日は、潮がほとんど流れなかった。それでも、ミヨシに座る佐藤さんが1投目で10㎏ちかいアブラボウズを釣ると、4投目には本命のアコウを釣り上げた。しかも3点掛けだった。

そして佐藤さんの5投目は圧巻だった、巻き上げがそろそろ終わるころに仕掛けが斜め前方へと流れ出し、15mほど先の海面にボコッ、ボコッとアコウが浮かび上がった。至福の瞬間だ。

離れていても「デカっ!」とわかる大きさ。
後の検量で5.6㎏あった良型を含んでの4点掛け。
他の釣り人は誰もアタっていないのに、ス、スゴすぎる!

「20mくらい一気に巻き上げて、それから竿をいっぱいまで起こしてやります。少し待ち時間を作ってから、底を取り直してます」と佐藤さんは釣り方を教えてくれた。
潮が動いていれば、船が流されていくことで広範囲を探ることができる。
ところが、今日のように潮が流れない日は仕掛けが動かない。
そこで、自分からアコウを探して仕掛けを移動させてやるのだ。
また、落ちてくるものに反応するのでアピールにもなる。

さっそく教わったことを実践してみる。
すると、落とし直して間もなくアタリが訪れた。

巻き上げの合図が出て、仕掛けを手繰り上げてくると、サバ、サバ、さらにサバ…(汗)。
嫌な予感が走ったけど、いた、いた! 下から3番目のハリにアコウが掛かっていた。

この流しでは、トモ寄りのお客さんと三利船長もアタリが訪れてアコウを取り込んだ。
そして残り2投となったところで、20分ほど走ってポイントを移動。
最後の流しに3人がアコウを釣り上げた。

「よしっ! これでオデコなしだ。けっして釣果は良くないけど、全員釣れることが一番」と船長のすっきりとした笑顔で終了となった。

これから水温上昇にともなって、浅場に大きな群れを作って産卵に突入するアコウダイ。
この時期に荒食いするので、型が揃い、数も出やすくなる。

片貝沖のアコウダイ釣りは、これからがトップシーズン。
7月頃までロングランで狙える。

片貝沖・アコウダイ釣行レポート

片弦に座って狙う

仕掛けのハリ数は15本まで。オモリは500号

投入は順番におこなう

アタったら、その後の仕掛けの操作によって、数付くかが決まる!

良型まじりの4点掛け

春は良型が期待できる!

海老原船長も竿を出して、このとおり!

取り込み時に海面に浮くアコウダイ! この釣りの醍醐味だ!!

場所によってはキンメダイがまじる

アコウダイにキンメ。嬉しいお土産!

このサイズなら1匹あれば十分なお土産

良型のアコウダイ!

クロムツもヒット!

アブラボウズもまじる

ゲストでメダイもヒット

キンメやメダイがまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」

水温の上昇にともない、深海釣りの人気ターゲット・アコウダイの好機がやってくる。

通常は500m以深に生息しているが、春の訪れとともに、産卵のために大きな群れを作って浅場へと移動する。
また、体力が必要となるので、エサをたくさん食べるのもこの時期だ。
そのため、春は数が出やすく、良型も狙える。

はるか500mの深海から、明確に伝わるアコウダイのアタリには心踊る。

そして、この釣り一番の醍醐味は、なんと言っても「提灯行列」だ! 
数を付けていくには、それなりのテクニックが必要だ。

「最初のアタリを見極めることが肝心だよ。その後の仕掛け操作によって、追い食いするかしないか決まるんだ」と話してくれたのは、片貝旧港「正一丸」の海老原正船長。

アタリが出たときの揺れ幅や鋭さから、どの位置のハリに食ってきたのかを推測する。
それによって糸を送り込んでいくのか、そのまま待つのか、あるいは巻き上げていくのか、状況に合わせて仕掛けを操作することで追い食いしてくる。

うまく追い食いして、次々と海面に咲くアコウダイの花は爽観。
その光景は、忘れられない思い出になる。

以上の記事は「つり丸」2016年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル