MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
掛かると横走りして、引いて楽しいテンヤマダイ【外房・大原沖】

掛かると横走りして、引いて楽しいテンヤマダイ【外房・大原沖】

大原沖のテンヤマダイは、8月から水深が浅い場所で釣れている。水深10m台の場所から、さらに浅い10m未満の場所も狙っている。中小型主体に掛かっているが、ときに大ダイもまじっている。数はいい日にはトップ10匹前後を記録するときもあるのだ。

大原沖のテンヤマダイは、浅場で釣れている。水深10m未満を、狙うことも。 浅いのでとにかく引く! ビギナーにもオススメだ

3.7㎏級の大ダイ!

秋のアベレージサイズゲット

嬉しい本命ゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「LT広布号」。

大原沖のテンヤマダイがおもしろい! この時期は水深10m台や10m未満の浅場がメインポイントとなる。水深が浅いので底ダチが取りやすく、ビギナーが挑戦するにも最適。また、掛かったマダイは横走りするので、小型でもよく引き、やり取りがかなり楽しめるのだ!
そんな浅場のマダイを狙って、大原港「LT広布号」で出船。開始直後からポツポツとマダイがアタり、惜しくも一人だけ本命をバラして顔を見ることができなかったが、それ以外の人は全員ゲット。サイズは中小型主体ながらも、3.7㎏級の大型も取り込まれて盛り上がった。
「秋が深まっても、しばらくは浅場を中心に狙っていくと思います。水深10mより浅い場所では1〜2号のテンヤでやってみるとおもしろいですよ!」とは野島幸一船長。
秋はゲストも多彩にまじるのが特徴。本命だけでなく、嬉しいゲストのアタリも多いので楽しめる時期だ!

テンヤは軽い物を用意せよ。ワーム使用も面白い

エビエサの代わりに集魚効果抜群の「エコギアアクア熟成」シリーズもオススメ。

付けエサは冷凍エビ。

竿はひとつテンヤ専用ロッドが望ましい。この時期は特別深い水深を狙うことはないので、重めのテンヤを使う機会も少ない。だいたい6〜8号ぐらいのテンヤに対応できるロッドであれば大丈夫だ。
リールは小型スピニング。浅い水深では掛かった魚は横走りする。中大ダイクラスともなるとラインがかなり出ることも珍しくない。そのためスムーズにラインが出るドラグ性能のいいものを使用しよう。
道糸はPEラインの0.6〜1号。150m以上巻いておくこと。
テンヤは軽い物も重い物も幅広く用意しておこう。前述したように、この時期は浅場をメインに狙う。水深10m未満を狙うことも珍しくない。そのような浅場では2〜3号のテンヤをメインに、扱えるなら1号でも可能だ。軽いテンヤでは号数を変えることで、フォールのスピードを調整できる。
「LT広布号」では付けエサとして冷凍エビが配られる。付け方の一例は、36ページの下に示した写真のとおり。ポイントによってはフグなどのエサ取りが多いので、頭を取られたり、齧られたりしたら、必ず新しいものに付け替えよう。
エビエサの代わりにワームを使うのもおもしろい。エコギアからは集魚力をアップした「エコギアアクア熟成」シリーズが発売されている。これらのワームを試すのもオススメだ。

テンヤマダイはこう釣る! 手返しよくテンヤを入れ替えよう!

水深19m台で大ダイヒット! どんどんラインが出される!!

大ダイが浮いた。

この時期、メインに狙うのは底付近。テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取り、50㎝〜1m巻き上げる。ここでアタリを待つが、時々シャクるなどして様子をみる。「浅場では、しばらくじっと待っていた方がアタることがあります」と話す「LT広布号」の野島船長。
アタらなければ、テンヤを回収して再投入する。
魚探や探見丸に映る反応が浮いている、また底付近よりも高いタナでアタっている状況では、上のタナも探ってみよう。ポイントの水深にもよるが、海底から3〜5m上まで探る。
アタリがあったら、迷わずアワせること。テンヤがフォールしている最中にアタることもあるので、ラインの動きから目を離さないように。フォール中に糸が急にフケたら、アタってる可能性大だ。
アワセが決まってリールを巻き始めると、マダイや青物は走り出す。とくに浅場では下に逃げられないので、横走りする。大ダイともなれば一気に10〜20mラインを出されることも珍しくない。ここでは無理に走りを止めようとするとラインブレイクにつながってしまう。走りが止まるまでラインを出し、止まったら巻き上げるようにする。
海面にマダイが浮上したら、小型は抜き上げ。中大ダイはタモを使って確実に取り込もう。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読