掛かると横走りして、引いて楽しいテンヤマダイ【外房・大原沖】

掛かると横走りして、引いて楽しいテンヤマダイ【外房・大原沖】

大原沖のテンヤマダイは、8月から水深が浅い場所で釣れている。水深10m台の場所から、さらに浅い10m未満の場所も狙っている。中小型主体に掛かっているが、ときに大ダイもまじっている。数はいい日にはトップ10匹前後を記録するときもあるのだ。


大原沖のテンヤマダイは、浅場で釣れている。水深10m未満を、狙うことも。 浅いのでとにかく引く! ビギナーにもオススメだ

3.7㎏級の大ダイ!

秋のアベレージサイズゲット

嬉しい本命ゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「LT広布号」。

大原沖のテンヤマダイがおもしろい! この時期は水深10m台や10m未満の浅場がメインポイントとなる。水深が浅いので底ダチが取りやすく、ビギナーが挑戦するにも最適。また、掛かったマダイは横走りするので、小型でもよく引き、やり取りがかなり楽しめるのだ!
そんな浅場のマダイを狙って、大原港「LT広布号」で出船。開始直後からポツポツとマダイがアタり、惜しくも一人だけ本命をバラして顔を見ることができなかったが、それ以外の人は全員ゲット。サイズは中小型主体ながらも、3.7㎏級の大型も取り込まれて盛り上がった。
「秋が深まっても、しばらくは浅場を中心に狙っていくと思います。水深10mより浅い場所では1〜2号のテンヤでやってみるとおもしろいですよ!」とは野島幸一船長。
秋はゲストも多彩にまじるのが特徴。本命だけでなく、嬉しいゲストのアタリも多いので楽しめる時期だ!

テンヤは軽い物を用意せよ。ワーム使用も面白い

エビエサの代わりに集魚効果抜群の「エコギアアクア熟成」シリーズもオススメ。

付けエサは冷凍エビ。

関連する投稿


御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

外房・御宿 岩和田港「義丸」のHPを見ると、「イサキ解禁!! 連日食い活発!」「絶好調!!」「チャンスですよ〜」と刺激的な文字が並ぶ。ところが、意外にも今年は釣り客が少ないという。これは狙い目!!


次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。


これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。


お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

沖釣りターゲットの人気で常に上位にランクインするヒラメ。本格化する冬場を前に、各地で続々と解禁を迎えているが、ついに聖地でもある大原沖も開幕! ってことで、状況を確認しに出掛けてみた。


小湊沖のヒラマサは例年以上の盛り上がり!【外房・小湊沖】

小湊沖のヒラマサは例年以上の盛り上がり!【外房・小湊沖】

外房・小湊沖はじつに不思議な魅惑のフィールドだ。こんな近い場所に、時期になるとヒラマサ、シマアジなど超のつく高級魚たちがやってくる。それだけ潮の流れが良くてエサも豊富なんだろう。港を出て5分ぐらいのところで10㎏を超すようなヒラマサが釣れるなんて思いませんよね。それが、本当に釣れているんです。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング