MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食べたらヤミツキになる!極上のイサキ!!【仕掛け&釣り方】

食べたらヤミツキになる!極上のイサキ!!【仕掛け&釣り方】

初島周りのイサキが開幕している。仕掛けはハリス3号、6mの6〜6本バリ。チモトにはケイムラビーズを装着したものがオススメ。エサ取りが多くなるので、手返しよく仕掛けをと投入して極上の激ウマイサキを狙おう!

【イサキ仕掛け】タックルはマダイ用、仕掛けの全長は6m

3月15日から初島周りのイサキが開幕している。
これにともなって今回取材した伊東港「村正丸」ではイサキ乗合を本格的にスタートさせた。

「初島周りが開幕したばかりですが、4月以降は伊東沖〜川奈沖をメインに狙っていく予定です。
伊東沖〜川奈沖のイサキは良型が多く、食べてもとても美味しいんです。
ここのイサキを食べるとヤミツキになる人も多く、常連さんの多くが伊東沖のイサキを楽しみに来るんですよ。
とくに美味しいのが5月のゴールデンウイーク頃で、とびきり上等なのが釣れます」とは「村正丸」の村上大輔船長。

タックルはコマセマダイ用でOK。

「村正丸」では、イサキポイントの付近にマダイ反応があればマダイも狙う。
そのためコマセマダイ用を使う常連さんが多い。

竿は全長2.5〜3.3mのコマセマダイ用。

リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。
タナは深くても海面下40m前後なので、手巻きリールでもまったく苦ではないだろう。

道糸にはPEラインの3〜4号を150mは巻いておくこと。

ビシはプラビシならFLサイズの80号を村上船長は推奨している。
ステン缶なら、それに準ずるサイズだ。

「ビシを小さくするのは手返しを早くしてもらいたいからです。
ビシが大きくなると、コマセがまだビシに残っていると思って手返しが悪くなります。
とくにこれからの時期は水温が上がるとエサ取りが多くなります。
タナを取ってすぐにイサキが食うか、すぐエサ取りにエサを取られるかという感じになるので、手返し勝負になります」と村上船長。

仕掛けはハリス3号、6mの2〜3本バリ。

チモトにはケイムラビーズを装着したものがオススメだという。

付けエサはオキアミ。
尾羽を切り取り、ハリの軸に対してまっすぐに1匹付けるのが基本。

また、イカタンなどもOKだ。
「イカタンはエサ持ちがいいので、手返しが悪くならないように注意してください」と村上船長。

【イサキの釣り方】手返しよく仕掛けを投入しよう!

基本の釣り方は上のイラストのとおり。

タナ取りは海面からのタナ指示でおこなう。
指示ダナよりも5mぐらい下までビシをおろし、ハリスがなじむまで待つ。
その位置からコマセを2〜3回まきながら、ビシを指示ダナまで巻き上げてくる。
あとは指示ダナでアタリを待つ。

ここで重要なのが手返し。

前述もしているが、これから水温が上昇してくると、どのポイントもエサ取りが多くなるという。
そのため、タナを取って20秒ぐらいでアタリがなければ、仕掛けを回収して投入しなおそう。

また、村上船長によると、とくに誘いはいらないという。
誘いをするよりも、手返しを早くすることのほうが大事だそうだ。

イサキの食いが悪くないときは、アタリがあったらゆっくりと巻き上げて追い食いを狙おう。
アタリがあった位置でそのまま待つのは、せっかく掛かった1匹目が外れてしまいやすいのであまりオススメではない。

また、マダイやメジナなどのイサキよりも大型になり、引きの強い魚がアタることも珍しくない。
そのため、アタリを待つときはリールのドラグは締め切らないようにすること。

コマセマダイ同様、置き竿にしてドラグが滑らない程度に調整しておこう。

【東伊豆・イサキ釣行レポート】食べたらヤミツキ!極上イサキ!マダイも期待できるぞ。

初島周りのイサキは3月15日から開幕している!

村上大輔船長オススメのイサキ仕掛け。ケイムラビーズが効果的とのこと!

ビシはFLサイズ80号を使用!
小さめのビシで手返しよく仕掛けを投入しなおすのがコツ!

付けエサはオキアミが基本

タックルはマダイ用でOK。マダイの反応があればマダイも狙うという

35cm級の良型イサキ。
ピーク時には、このサイズが入れ食いになることもあるという!

良型イサキの一荷は嬉しい!

体高が高い35㎝級の良型。
取材当日は良型がそろった!

見事に良型イサキをゲット! 食べるのが楽しみだ!

当地では「オゴ」と呼ばれるヒメダイもまじった!

ヒメダイ一荷!これも美味しい。

定番ゲストのメジナ

エサ取りの正体はウマヅラハギ
これから水温が上昇すると、各ポイントでエサ取りが多くなるという

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東「村正丸」

東伊豆エリアのイサキも3月中旬から開幕している。

「4月以降は伊東沖〜川奈沖をメインに狙っていきます。ここのイサキはサイズがよく、脂が乗ってとびきり上等です。
5月のゴールデンウイーク頃のイサキはとくに美味しいですね。一度食べたらヤミツキになりますよ!」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。

取材は開幕初日の3月15日。
当日は前半に初島周り、後半に伊東沖〜川奈沖を狙った。
まだコマセが効いてないのか、数は釣れなかったが、良型主体の釣果に恵まれた。

そして嬉しいことに取材の二日後からは好調にアタっているので、今後も期待十分。
また好シーズンを迎えるマダイもまじっている。

しばらくはイサキ、マダイ狙いで出船するという「村正丸」。
一度食べたらヤミツキになるという極上イサキを狙ってみよう!

以上の記事は「つり丸」2015年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読