MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】アタリたくさん!美味しいカサゴ釣りスタート!

【東京湾】アタリたくさん!美味しいカサゴ釣りスタート!

誰にでもカンタンに楽しめるカサゴ釣りが開幕した。ゴールデンウィーク頃から夏が最盛期の釣り物だが、数釣りができ、お土産も確実!ぜひ、春のの休日に小気味いい引きをあじわってみてはいかがだろう。

東京湾・久里浜沖 水温上がるとどんどん浅場で釣れる、おいしいカサゴ釣り!

ポイントは久里浜沖周辺一帯

仕掛けを持参するなら多めに用意。根掛かりは必至だからだ

エサはサバの切り身をパック詰めされたものが船宿から配られる

エサはコレ。サバの切り身。ちょん掛けにして使う

好奇心の高いカサゴには、グローをメインにしたカラーオモリが効果大

根掛かりを恐れず、マメに底ダチを取り直すのがコツ。
食いが渋いときは、アタリが出てから一呼吸おいてから聞き上げよう

カサゴをゲット!

刺身にできる良型サイズが多く釣れる

起伏が激しいポイントでは一荷ヒットもよくある

美味しいお土産がいっぱい釣れる!

アタリも多く、数釣り確実!
これからの季節、浅場で釣れて、美味しいお土産がいっぱいだ。

ゲストでマダコ!

ゲストの多彩さも魅力!ホウボウだ

良型のクロメバルもゲスト

オニカサゴやハオコゼなどの毒魚がよくまじるので、
ハリ外し時は、必ずメゴチバサミなと専用のハサミを活用しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」

誰にでもカンタンに楽しめるカサゴ釣りが開幕した。

ゴールデンウイークころから夏が最盛期の釣り物だが、久比里「山下丸」では、3月からカサゴ乗合出船開始。

ポイントは久里浜沖、鴨居沖、下浦沖と広範囲。
水温が低い時期はポイントの水深は30m前後とやや深めだが、水温が上がるにつれてさらに浅場で釣れるようになるという。

仕掛けはシンプルな胴付き2本バリ。
オモリは25号。エサは船宿で配られるサバの切り身。

釣り方もいたってカンタン。マメに底ダチをトントンと取るだけ。

「これからは、水温が上がると同時にポイントは浅場になっていきます。アタリももっと多くなるし、
良型カサゴも多く釣れます。ドジョウエサも使うようになるので、楽しめますよ」とは、「山下丸」の山下弘克船長。

ゲストの多彩さも魅力で、マダコ、トラギス、メバル、クロダイなど食べておいしいものばかりがまじる。
小型のカサゴはリリースオーケーだが、持ち帰って唐揚げにすると、骨までパリパリ。酒の肴に最高だ。

とにかく釣り方もカンタン、数釣りができ、お土産も確実。

ぜひ、仲間同士でファミリーで春の休日に小気味いい引きを思う存分あじわってみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2015年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読