MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】アタリたくさん!美味しいカサゴ釣りスタート!

【東京湾】アタリたくさん!美味しいカサゴ釣りスタート!

誰にでもカンタンに楽しめるカサゴ釣りが開幕した。ゴールデンウィーク頃から夏が最盛期の釣り物だが、数釣りができ、お土産も確実!ぜひ、春のの休日に小気味いい引きをあじわってみてはいかがだろう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

東京湾・久里浜沖 水温上がるとどんどん浅場で釣れる、おいしいカサゴ釣り!

ポイントは久里浜沖周辺一帯

仕掛けを持参するなら多めに用意。根掛かりは必至だからだ

エサはサバの切り身をパック詰めされたものが船宿から配られる

エサはコレ。サバの切り身。ちょん掛けにして使う

好奇心の高いカサゴには、グローをメインにしたカラーオモリが効果大

根掛かりを恐れず、マメに底ダチを取り直すのがコツ。
食いが渋いときは、アタリが出てから一呼吸おいてから聞き上げよう

カサゴをゲット!

刺身にできる良型サイズが多く釣れる

起伏が激しいポイントでは一荷ヒットもよくある

美味しいお土産がいっぱい釣れる!

アタリも多く、数釣り確実!
これからの季節、浅場で釣れて、美味しいお土産がいっぱいだ。

ゲストでマダコ!

ゲストの多彩さも魅力!ホウボウだ

良型のクロメバルもゲスト

オニカサゴやハオコゼなどの毒魚がよくまじるので、
ハリ外し時は、必ずメゴチバサミなと専用のハサミを活用しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」

誰にでもカンタンに楽しめるカサゴ釣りが開幕した。

ゴールデンウイークころから夏が最盛期の釣り物だが、久比里「山下丸」では、3月からカサゴ乗合出船開始。

ポイントは久里浜沖、鴨居沖、下浦沖と広範囲。
水温が低い時期はポイントの水深は30m前後とやや深めだが、水温が上がるにつれてさらに浅場で釣れるようになるという。

仕掛けはシンプルな胴付き2本バリ。
オモリは25号。エサは船宿で配られるサバの切り身。

釣り方もいたってカンタン。マメに底ダチをトントンと取るだけ。

「これからは、水温が上がると同時にポイントは浅場になっていきます。アタリももっと多くなるし、
良型カサゴも多く釣れます。ドジョウエサも使うようになるので、楽しめますよ」とは、「山下丸」の山下弘克船長。

ゲストの多彩さも魅力で、マダコ、トラギス、メバル、クロダイなど食べておいしいものばかりがまじる。
小型のカサゴはリリースオーケーだが、持ち帰って唐揚げにすると、骨までパリパリ。酒の肴に最高だ。

とにかく釣り方もカンタン、数釣りができ、お土産も確実。

ぜひ、仲間同士でファミリーで春の休日に小気味いい引きを思う存分あじわってみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2015年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル