実に面白いメタルスッテで狙う大型ムラサキイカ【駿河湾・清水沖】

実に面白いメタルスッテで狙う大型ムラサキイカ【駿河湾・清水沖】

北陸や西日本で大ブレイク中のツツイカのメタルスッテゲーム。関東、東海エリアではこの釣りが可能なフィールドが少ないため、なかなか接することができないが、清水沖の夜ムラサキイカなら、気軽にメタルスッテゲームを楽しむことができる。


中毒性激高です! メタルスッテで釣り上げるムラサキイカは一度やったらドハマリ確実、コレ本当!!

ムラサキイカは群れで回遊する。レンジが合うと同時ヒットはザラ。ヒットしたタナをみんなで伝えあって効率よく釣ろう!

良型ムラサキイカ一荷もザラだ。追い乗りする。

イカ専用のメタルジグにスジイカがヒット。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」。

いよいよ始まった駿河湾・清水沖の夜ムラサキイカゲーム。メタルスッテで狙うと、楽しすぎてドハマリするアングラーが急増している。
「ムラサキイカ釣りを始めたのは3年前ですかねぇ。ひとつスッテでイカが釣れるって〝つり丸〟で知って、それから始めたんですよねぇ」とは、清水「大宝丸」の長橋寿光船長。
ポイントは港から約15分ほどの清水沖。夜になると深海からプランクトンが沸いてきて、それを狙って小魚が集まり、それを捕食するためにイカたちが深海から浮上してくるという。
「メインターゲットは、バカイカ。え? あー、そうそうバカイカはムラサキイカですよ。スジイカとまじりですが、いかに良型のバカイカを乗せるかが楽しいんですよ。ちょっとしたコツを覚えれば誰にでも簡単に釣れますよ」と長橋船長が話すように、ハイシーズンとなる9月は短時間で100杯釣果もザラだ。
見た目がちょっとグロイこのイカだが、実は食べてかなりおいしい。開いて火を通した料理にすれば、身が甘く柔らかでかなり絶品だ。
敬遠されがちなスジイカは1匹丸ごと、アヒージョにするのが長橋船長のオススメ料理。スジイカのイカ飯や煮物、テンプラもおいしい。いずれも火を通せばかなりおいしくいただける。
シーズンは始まったばかりのこのおもしろゲーム。ぜひ、体感してほしい。

10〜20号のメタルスッテを用意。水中ライトは必携

「大宝丸」で奨める仕掛けはコレ。赤白浮きスッテ2本+赤白メタルスッテ、白の水中ライトの組み合わせ。スッテはこれが一番実績がある。

リールはカウンター付きの小型両軸リールがベスト。タナを探るので水深を把握しやすいものがよいのだ。ロッドはメタルスッテ専用、もしくはLT用でよい。

水中ライトは必携だ。カラーは白もしくはブルーに実績がある。

関連する投稿


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!


爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

ヒラメ釣りというと、どうしても茨城、房総エリアに注目が集まる。ヒラメ狙いで出船する船数も多く、釣果の情報も数多く目にするので、それも当然だろう。しかしここ駿河湾にも、ひとしれずひっそりと? ヒラメが爆釣しているポイントがあったりするのだ!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング