MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】シーバス ラストスパート!キャスティング&ジギング

【東京湾】シーバス ラストスパート!キャスティング&ジギング

例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

いよいよシーズン終盤 ジギングタックルの他にキャスティング用も用意しよう!

例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。
潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、3月下旬に入ると釣果が急激に上向きとなり、トップ100本以上という驚異的な釣果も記録された。
それゆえ、東京湾に点在するポイントを攻めるシーバス乗合船は、このときを待ちわびていた多くアングラーたちで賑わっている。

そんなシーバス乗合船の多くは、メタルジグを使用したジギングで狙うのが定番。
しかし、千葉・寒川港の「小峯丸」は、片方の舷しかアングラーを乗せない片舷乗合というスタイルをとっているため、ジギングはもちろんキャスティングも楽しめる。
キャスティングはオーバーヘッドも可能だ。

したがってタックルは、必ずジギング用のベイトタックルと、キャスティング用のスピニングタックルの両方を持参したい。

タックルの詳細は上のイラストを参照していただくとして、ジグは80gを中心に60〜120gぐらいまでを用意。
キャスティング用のルアーは、最近はバイブレーションが定番。飛距離が出しやすく、レンジを変えての攻略も行いやすく、しかもアピールも強い。

その他、ミノーやトップウォータープラグもあると攻略の幅が広がるだろう。
とくにトップウォーターは釣りとしての面白さも加わる。

シーバスがボイルしている状況などで、水面でアクションするプラグ目掛けてシーバスがバイトするシーンは、非常にエキサイティングだ。

良型連発絶好調!キャスティング&ジギングで楽しむ、東京湾・シーバス!!

シーバースの周りでトリヤマが立ち、海面ではシーバスがイワシを追ってボイル!最高にエキサイティングな瞬間だ。
キャスティングで攻めると良型が連続ヒット!

取材日はアベレージサイズがよく、9割が60㎝オーバーだった

この日はキャスティングに好反応。バイブレーションが大活躍だった

サイズがよく、しかも連続ヒットで船長はネタモ入れに大忙し

ちょっと細身だが、全長は70㎝オーバー。こちらもキャスティングで

ストラクチャーにタイトに着いているシーバスをロングキャストで攻略。
片舷しか釣り人を乗せない「小峯丸」だからこそ可能。これが気分爽快!

ベイトを活発に追っている個体はコンディションも最高だ

バイブレーションを丸呑みにして豪快なエラ洗い!

トリヤマがひと段落したところでジギングに切り替えるとまたもや連続ヒット!

フォールのアタリに神経を集中。巻き上げは水深の半分ぐらいまで上げて来よう

こちらもベイトを飽食したグッドコンディション!

「小峯丸」は片方の舷にしか釣り人を乗せない片舷乗合船。
だからこそオーバーヘッドキャスティングが可能で、ジギングでは常にストラクチャーを攻略できる

アクアラインの橋脚周りでも良型がヒット

タックルはキャスティングとジギングの両方を必ず用意しよう

「小峯丸」では夜シーバスも楽しめる。もちろん夜も片舷乗合だ

日本屈指の工業地帯である東京湾。昼間とは違った雰囲気の中で楽しめる

夜はキャスティングが中心になる。
もちろん、ストラクチャー周りを丁寧に攻めることが大切

4月は夜も期待大!3月中旬にはトップ100本以上も記録されたぞ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」

東京湾のシーバスゲームがいよいよラストスパート!!

「例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンです。ただ今年は、例年いい釣果が記録される2月頃の釣果が安定しなかったので、むしろ終盤のこれからが楽しみかもしれませんよ」とは、東京湾の元祖シーバス乗合船である「小峯丸」の小峯雄大船長。

その読みは見事に的中し、3月中旬になると突如爆発!
トップ、2番手、さらには3番手までもが100本超えという驚異の釣果が記録された。

そんな「小峯丸」は、片方の舷しか釣り人を乗せない片舷予約乗合というスタイルをとっている。
それゆえ、乗合船としては珍しいキャスティングゲームも楽しめる。
しかも、アンダーではなく、オーバーヘッドでキャスティング可能というのも、アングラーとしては嬉しい限りだ(キャストの際は必ず後方確認を行おう)。

3月中旬の取材では、シーバスがイワシを追って水面でボイルするシーンも。
こうなると、まさにキャスティングの独壇場。

一投一本、しかもアベレージサイズもよく、大半が60㎝オーバーという、まさに夢のような時間を堪能することができたのだ。

陽気もよくなるこれからの時期は、ナイトゲームもオススメ。
まさに今こそがチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2015年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル