MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のマダイ乗っ込み!浮いたマダイは、軽い仕掛けで誘え!

相模湾のマダイ乗っ込み!浮いたマダイは、軽い仕掛けで誘え!

東海エリアで一番マダイの魚影が濃いと言われている御前崎沖。岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根が乗っ込みポイント。深場から移動してきたマダイたちが産卵のために集結している。

マダイ乗っ込み実績大ポイント! 相模湾・御前崎沖 マダイ釣行レポート

岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根がマダイの乗っ込みポイントだ

産卵を意識したマダイの群れが船の周りを回遊していた。
このように船下に入ってきたときがチャンス!スイッチが入れば、多数同時ヒットもあるぞ

探見丸を見ながら誘いをかける名人たち。
魚を掛ける釣り人には、それなりの理由があるのだ

メダイの引きはとにかくパワフル。慎重にやり取りしよう。
メダイかと思ってやり取りしたら、大ダイだった……ということもある

浜松市の山本さんは、オモリで今期2番目となる6.5㎏の大ダイキャッチ。
「若船長の指示ダナを守ってきました!やり取りは大船長のサポートで助かりました。一生の思い出になります」と大喜び

八王子市の小島さんは、ラストの一流しでなんと今期最大の7.4㎏の大ダイをキャッチ。
ボトムからなかなか動かなかったという

マダイ釣り師至福の瞬間にこの歓喜のポーズ。
最後の最後まであきらめず攻め続ける姿勢が大事だ

トラブルレスの投入を心がけるためにも
専用の仕掛け巻きを活用して15m以上の超ロングハリスを扱おう。
500㎖のペットボトルでもオーケーだ

このように投入すれば、絡みなく仕掛けを入れることができる。
大ダイを手にするにはこの一手間が大きな要因になる

碧南市の田淵さんは、マダイ釣り名人。
誘いをかけて確実にマダイをしとめていた。
この日も大ダイはあがらないものの、竿頭だった

お土産たっぷり。

食べごろサイズも好調!

オモリの常連ゲストであるメダイ。強い引きは、大ダイをもしのぐ。
ハリス手繰り中もかなり引くのでスリリングだ。

こちらもゲストのメダイをゲット。
味はたんぱくだが、おいしい魚だ

イシダイをゲット

イサキも釣れて、美味しいお土産

大アジも釣れた。
ゲスト多彩で五目でお土産十分

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」

東海エリアで一番マダイの魚影が濃いといっても過言ではない御前崎沖。

岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根がマダイの有名乗っ込みポイントだ。
深場から移動してきたマダイたちが産卵のために集結している。

なかでも御前崎港から南東へ約9マイル沖に位置するオモリは、東海エリア最大のマダイ乗っ込み場所。

「今期は2月からマダイがすぐ真沖の近場で食ってました。
オモリは例年どおり3月半ばあたりから様子を見始めたのですが、ここにきてようやく魚の活性が上がり始めました。
本格化するのは4月半ばからゴールデンウイークにかけてではないでしょうか。
ポイントもオモリだけはなく、カド根の乗っ込みも本格化してきて、御前崎沖のマダイ釣りはますますおもしろくなりますよ」とは、
御前崎港の老舗遊漁船「博栄丸」の大澤洋輔船長。

コマセマダイ釣りのロングハリスの発祥地であるこのオモリ。

産卵を意識した大ダイを釣るために、ビシから付けエサの距離を保つ目的でハリス長15m以上というのが採用された。
食いがよくないときは全長20mまで伸ばすこともある。

今期の初期の特徴は、船下にあまりマダイの群れが入ってこないこと。

ソナーでマダイの群れの動きを見ると船の周りを泳いでいるという。

それを攻略するために、ストレートハリスなどの軽い仕掛けを活用するといい。
逆に船下にマダイが入ってくる高活性状態のときは、仕掛けにガン玉を打つなど重くして狙うのがベターだ。

ただ置き竿で待つのではなく、マダイの反応が出たら、必ず誘いを入れよう。
そうする人にアタリがよく出ているのも事実だ。

取材日は、沖揚がり数分前に今期最大の7.4㎏の大ダイがヒット。

最後の一分まで何が起こるかわからない御前崎沖。

自己記録更新サイズの大ダイキャッチも夢ではないぞ。

以上の記事は「つり丸」2015年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読