MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春のマダイ!外房では大型ハナダイまじりで数釣り有望!

春のマダイ!外房では大型ハナダイまじりで数釣り有望!

外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!

perm_media 《画像ギャラリー》春のマダイ!外房では大型ハナダイまじりで数釣り有望!の画像をチェック! navigate_next

外房・飯岡沖 マダイ釣行レポート キロオーバーのラッシュに期待!!

とにかくアタリが多い。ハナダイも大型まじりで一日楽しめるのが飯岡沖だ

エサは冷凍のサルエビ。テンヤは5〜8号程度を

この日の最大はキロちょっとだったが、2㎏級は頻繁に出ている

「初心者の人も水深30mぐらいなので楽しめますよ」と北本茂照さん

パラシュートアンカーを入れた流し釣りだ

ポイントは航程30分ほど

食べごろのマダイがそろう

「型はそうでもないけど、数は出るね」と常連の高橋さん

良型のマダイが釣れる。

良型のハナダイはマダイ以上に数出るかも

ゲストでハナダイ、ホウボウともたくさんまじった

高橋さんの釣果。
マダイにハナダイ、多く釣れた

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」

飯岡沖では昨シーズン、その前のシーズンとこの時期、「えらいこと」になっていたのを覚えている釣り人も多いだろう。

「4月、5月はキロオーバーばかりひとり何十枚っていう釣果がずっと続いていました。
あれがあったので、自分的には今年の釣果だとちょっと物足りなく感じちゃうんです」と、
飯岡港「梅花丸」の若船長、梅花亮佑さんは言う。

現在の飯岡沖は500gから1㎏クラスのマダイが数釣れ、さらに同型の良型ハナダイがマダイの倍ほど釣れる、という展開で、けっして「物足りない」感はない。合わせて20枚、30枚と釣れるのも珍しくないからだ。

飯岡沖のポイントは水深30mほど。

このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。

「秋のほうが水深が浅いため初心者が始めるにはいいですが、このぐらいの水深なら釣りやすいし、
初めてやってもチャンスは高いですよ」と、北本茂照さんは言う。

マダイのアタリ、さらにその倍のハナダイのアタリがある。

一日アタリが続くので、ビギナーでも上達が早い。

「例年通りでいけば、キロオーバーが増えてくると思いますよ」

以上の記事は「つり丸」2015年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル