MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

今シーズンの東京湾のタチウオは6月に開幕し、すでに3カ月くらいが経過しているが、タチウオにありがちなムラは少なく好調さは継続中だ。

東京湾のタチウオは好調さそのままにサイズアップ! 中層のタナでエサ追い活発! 安定感はピカイチだ!

8月後半に入って全体的にサイズアップ。釣り味、食味ともさらに楽しめるように。

8月下旬のポイントは猿島〜走水沖水深40〜50mほど。浅場主体でライトで楽しめる。

タチウオ釣り初挑戦の田中慎也さんは、この日のトップ。

この日はエサ釣りのほうが反応良く食ってきていた。

ポイントには多くの船が集まる。魚影が濃い証拠だ。

ルアー組にも良型が多くヒットした。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

東京湾のタチウオは開幕から3カ月ほど経過しているが、いぜん群れが濃く好調さをキープしている。
「ポイントは大貫沖、金谷沖、第二海堡周りと移動していますが、最近は猿島周りでいいサイズが釣れていますよ。一時のような細いサイズはほとんど見かけなくなりました」と、磯子「鴨下丸」の萩原敏広船長は言う。
猿島周りは、前のシーズンの終盤に大型がまとまって釣れたポイントで、どうやらこちらも定番ポイントになりそうだ。そして群れも濃く、数釣りが続いている。
「ウチはルアー船のイメージが強いんですが、エサ釣りも大歓迎です。オモリ40号のライトタックルで通しますので、多少深くなってもライトのまま、同船で楽しめます」
取材日は水深40〜50mほどのポイントでエサ釣り、ルアー釣りともに良型を次々と取り込んでいった。
東京湾のタチウオは夏場の浅場で釣れたあと、一服して冬シーズンに入っていたが、近年は秋も勢いが衰えることなく釣れ続くようになり、いまやほぼ周年狙えるターゲットに。このためファンも急増中。アタリがあるのにうまく掛けられないゲーム性の高さがあり、ひとたび釣り方がハマれば独壇場なんてこともあって興奮必至。そして調理が楽でもおいしさは抜群! この秋もイチオシのターゲットだ。
「これから新しいポイントも探していきます。ライトでできるうちは狙っていきますよ」

ライトで狙う! 竿はバランス重視で

「鴨下丸」では、ルアーとLTタックルが同船で狙う。
「道糸が細いので多少深くなってもオモリ40号で狙っていきます」
タックルはオモリ40号前後に対応するLTタチウオ用を。竿は1.8m前後、誘いや食い込みのバランスのいい7対3調子〜8対2調子のものが扱いやすい。リールは小型両軸または小型電動で、道糸はPE1号前後が好ましい。道糸は200m巻いておこう。
仕掛けはタチウオ用テンビン、ハリス5〜6号2m前後の1本バリが基本。ハリはタチウオバリ1〜2号。チモトにパイプを入れてもいいだろう。
タチウオは鋭い歯を持ち危険。魚をがっちりとホールドできる魚ばさみ、長めのプライヤーがあるとハリ外しも安心だ。また、まだまだ気温が高いので、釣った魚はマメにクーラーにしまうようにしよう。

東京湾のタチウオはこうして釣る!

エサはサバの切り身だ。

エサ付けは正確ていねいに。ハリは身エサの中央に、まっすぐ付けよう。これで釣果が決まるといってもいいほど。

誘いのスピードと幅を調整してその日の当たりパターンを見つけよう。

エサはサバの切り身。なるべく端のほうにハリ先を刺し、すぐにひっくり返して刺し、もう一度ひっくり返して縫い刺しにする。このとき、付け終わったらちゃんと身エサの真ん中に真っ直ぐついているか確認しよう。変な回転がつくようでは、まずタチウオは釣れない。ここは、手を抜かずにていねいに行おう。
指示ダナは、中層の指示、「水深60m、タナは40〜30m」という場合と、「底から20mぐらい誘ってみて」などの場合が多い。
いずれの場合も、タナの上限よりも少し上まで探ってみよう。エサを追いかけてタナが上がり、活性が高くなるとより浅いタナで釣れるようになる。こうなれば数も伸びる。
釣り方の基本は、シャクリ上げ、竿を下げながらリールを巻く、再びシャクリ上げ、竿を下げながらリールを巻く、の繰り返し。タナの中をスイ、スイッとエサが上に動いていくイメージだ。
シャクリの大きさや強さ、リールを巻く幅で、エサの動きは千差万別に演出できる。
「タチウオはその日その日に食うパターンがあります。速いほうが反応がいいときもあれば、ゆっくりのときがいいこともあります。この食うパターンを見つけると一気に数を伸ばすことができます」
アタリは、「コン」とか「ツン」とか「コンコン」などいろいろ。アタリがあってもその場ですぐにアワせずに、今までやっていた動作をそのまま続けるのが重要だ。エサが逃げていくのを追って、さらにしっかりと食おうとする。ここでハリ掛かりするわけだ。誘い上げていくときに、手が止まったり、強い引きを感じたら竿を持ち上げるようにして強めのアワセを入れよう。ここで掛かれば、かなりの抵抗感を感じるはずだ。
掛かったら、一定の速度でリーリング。魚が上向きになると軽くなってしまうが、かまわず巻き上げていこう。
アタリがあってもハリ掛かりしなかった場合は、もう一度アタったタナまで落として再度誘ってみよう。それでアタリがなければエサのチェックを。ボロボロになっていたり切れていたらタチウオのアタリの跡だ。
アタリがあったタナを覚えておくのも重要だ。食うタナがハッキリと決まることもあり、このタナ周辺を重点的に攻めるとより効率的な釣りを楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読