東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

今シーズンの東京湾のタチウオは6月に開幕し、すでに3カ月くらいが経過しているが、タチウオにありがちなムラは少なく好調さは継続中だ。


東京湾のタチウオは好調さそのままにサイズアップ! 中層のタナでエサ追い活発! 安定感はピカイチだ!

8月後半に入って全体的にサイズアップ。釣り味、食味ともさらに楽しめるように。

8月下旬のポイントは猿島〜走水沖水深40〜50mほど。浅場主体でライトで楽しめる。

タチウオ釣り初挑戦の田中慎也さんは、この日のトップ。

この日はエサ釣りのほうが反応良く食ってきていた。

ポイントには多くの船が集まる。魚影が濃い証拠だ。

ルアー組にも良型が多くヒットした。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

東京湾のタチウオは開幕から3カ月ほど経過しているが、いぜん群れが濃く好調さをキープしている。
「ポイントは大貫沖、金谷沖、第二海堡周りと移動していますが、最近は猿島周りでいいサイズが釣れていますよ。一時のような細いサイズはほとんど見かけなくなりました」と、磯子「鴨下丸」の萩原敏広船長は言う。
猿島周りは、前のシーズンの終盤に大型がまとまって釣れたポイントで、どうやらこちらも定番ポイントになりそうだ。そして群れも濃く、数釣りが続いている。
「ウチはルアー船のイメージが強いんですが、エサ釣りも大歓迎です。オモリ40号のライトタックルで通しますので、多少深くなってもライトのまま、同船で楽しめます」
取材日は水深40〜50mほどのポイントでエサ釣り、ルアー釣りともに良型を次々と取り込んでいった。
東京湾のタチウオは夏場の浅場で釣れたあと、一服して冬シーズンに入っていたが、近年は秋も勢いが衰えることなく釣れ続くようになり、いまやほぼ周年狙えるターゲットに。このためファンも急増中。アタリがあるのにうまく掛けられないゲーム性の高さがあり、ひとたび釣り方がハマれば独壇場なんてこともあって興奮必至。そして調理が楽でもおいしさは抜群! この秋もイチオシのターゲットだ。
「これから新しいポイントも探していきます。ライトでできるうちは狙っていきますよ」

ライトで狙う! 竿はバランス重視で

関連する投稿


観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

鴨居大室港を離れた「福よし丸」は観音崎沖へと波をかき分けて進んだ。このところの悪天候に3日ぶりとなる出船だ。はたしてタチウオ&アジたちはお腹をすかせて待っていてくれるだろうか。


東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

ロングランで展開している東京湾のタチウオ。調子がいいのか、悪いのか? 日並み次第で大きく異なっているから分かりづらい。とりわけ、安定感のあるエサ釣りに比べ、ジギングはその傾向が強い。まさに幽霊魚の面目躍如、といったところだ。


深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

木枯らしが吹きだす頃、東京湾のシロギスは深場に集まりだす。江戸前の冬の風物詩、落ちギスだ。


たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。


ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング