MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽で楽しいGWオススメNo.1は‥‥「東京湾のLTアジ」

手軽で楽しいGWオススメNo.1は‥‥「東京湾のLTアジ」

一年中釣れ、一年中美味しい!!沖釣りの人気魚種アジ。東京湾ではライトタックルで狙うLTアジも大人気!お土産も十分期待できる上に、ビギナーや女性、子供も手軽に楽しめて、GWにもオススメだ。

手軽で楽しい!半日LT船 短時間で美味しいアジをゲット!

弥生三月春うらら、気分はウキウキ、釣行時の足取りも軽くなるというものだが、サラリーマン釣り師にとっては年度替わりとあってなにかと飲み会の多い時期でもある。
3月28日土曜日は、ポカポカ陽気が予想され、釣りに行かないのはもったいなさ過ぎる貴重な週末だったが、さりとて連日の宴会で慢性寝不足の身には、遠方の釣り、ハードな釣りは少々キツイ。

そんな時にうってつけの釣り物が東京湾のLT半日アジ。

LTアジに限らず湾奥の船宿さんは出船時間も比較的ゆっくりだから、当日はしっかりと睡眠時間を取り、途中牛丼チェーン店の朝定食なんぞでエネルギーチャージも済ませ、体調万全で川崎の「つり幸」からの午前LTアジに臨んだ。


【家族グループに人気大型船2隻出し!】

好天、春休み、週末土曜日とあって家族連れ、グループ釣行者の姿もあって、船宿は結構な賑わいぶり。
LT午前アジにも20名ほどの釣り客が集まった。

「片舷10人ちょいかな?ライトだし水深も浅いからまあ釣りに支障はないな」などと思っていると、なんと2隻出しにするという。

結局私の乗った船は小学生2人を含めて計9人。
大型船のため十分過ぎる釣り座の広さで、なんだか申し訳ないほどである。

釣り場は40分ほど走った横須賀沖。水深28mで釣り開始となる。

「タナは(底から)1~2m。アオイソメを使う人は1㎝位に切ってハリに通し刺しにして下さい。
タラシは無くていいですよ。コマセを振った時しか食わないですからねー。
振ってからの待ち時間は30秒位。初めは手返し良くコマセを打ち替えてアジを寄せて下さい」との指示に、
ガシガシと頑張ってコマセを振り続けるも、二流しはノーアタリ。

流し替え三度目でガクガク! とアタる。
アジにしては…の引きは、案の定イシモチ。

周りでもイシモチが上がり、続いて本命のアジも上がり出した。

ポカポカ陽気に無風ベタナギと絶好の釣り日和。
こんな天気に海に出られただけでも幸せな気分ではあるが、アジの食いは今イチ。
コマセを振っただけではアタリは遠く、その後フワフワと誘ってアタリが出ると言った感じ。

LTだから誘いも苦にならず、これはこれで釣りがいもあってオモシロイが、コマセを振って即クククン!の誰にも優しいアジ釣りの方が好きだ。


【食い上向きダブル、トリプルも!】

事態が好転したのは9時半過ぎ。

それまで流れなかった潮がトロリと行き出すと、合わせるかのように食いも上向いた。
コマセを振ってタナに合わせると間髪を入れずククン! と来る『誰にも優しいアジ釣り』だ。

お父さんに連れられて来た根本君(小4)、大彰君(小2)兄弟も連続してアジを釣り上げニッコリ。
雄大君は何度か沖釣り経験があるとのことで、一人で全てをこなし『誰でも…』モードに突入前、大の大人が苦戦中にもポツポツと釣っていたのだから大したものだ。

アジの活性が上がったせいか反応も高く出るようになったようで、
船長からは「タナは高めでいいね。3~5m位でやって」とアナウンス。

しからばと真タナを探る。底から2.5mでコマセを振り3mでもう一振り、3.5mでアタリを待つ、で当りパターンを見つけた。

こうなってくると水深が浅いとはいえ、数を稼ぐには追い食いが重要だ。
アタリの強弱で、弱ければそのタナで、強いようなら50~1mネ巻いて待つようにする。
これまたパターンにハマってダブルに続いてトリプルもあった。
型は17~23㎝位。いわゆる中っぱと呼ばれる中アジで、魚体のヌメリの強い見るからに旨そうなアジである。


【GWにおすすめ お土産も十分!】

その後は食いが落ちても一瞬、その度に船長が細かい場所替えをし食いは続いた。

釣果は6~26匹。前半の食い渋りが響いた格好だが、まあ肴土産には十分な数だ。
ちなみにベテランの多かった別船は38匹で、翌日以降は50匹前後の釣果が続いた。

東京湾のLTアジは今後も有望。
「つり幸」では午後LTアジ船もあって、早起きが苦手な人にはこちらもおすすめ。

これから釣行には最適な時期を迎えるし、仲間や家族と連れ立ってのリクレーションフィッシングにも最適。
ゴールデンウイークにぜひ!

GWオススメ!東京湾・LTアジ 釣行レポート

ビシ40号、LTロッドと小型両軸リールという軽量タックルでできるのが最大の魅力。
手返しよく釣って、小気味いい引きを楽しもう

一荷も連発。数釣りの期待十分だ

小さな子供たちもアジの引きを満喫!
ファミリーフィッシングも楽しいぞ

ライトタックルで手軽にできる釣りながら、カンタンに数釣れて食べてもおいしい。
東京湾のLTアジはGWの釣りに絶対オススメだ

アジのほか、ゲストにカサゴやイシモチなどまじりも多い。子供たちも大喜びだ

2点、3点かけで釣れてくる。嬉しい一荷!

トリプルも決して難しくない
美味しいアジをお土産たっぷり

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」

沖釣りの人気魚種アジ。
東京湾ではライトタックルで狙うLTアジも大人気。

川崎の「つり幸」では手軽な午前、午後の半日乗合いで出船中。
良い日にはトップ50匹以上の釣果もあって安定している。「

ここ数年アジは安定してるよね。冬場でも半日で70だ80だって釣果が出ていたくらいだから」とは、当日アジ船を担当した杉本剛志船長。

春は速潮の日も多く、できれば小潮回りの釣行がベストのようだが、大抵は午前午後どちらも1回の潮止まり時間帯はあるから、目下の食いっぷりならそれほど気にしなくても良さそうだ。

文字通りライトなタックルは、片手で楽々操作が出来るから誘いが苦にならず、結果食い渋り時にも釣果が上がると良いことずくめ。
水深が浅いこともあり、ビギナーや女性、子供でも心配はなく、安定感、お手軽度、どれをとっても目下沖釣り入門に最適な釣りと言えよう。
ゴールデンウイークにもおすすめだ!

以上の記事は「つり丸」2015年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00
6月から開幕している「長崎屋」のマダコ釣り。開幕から好釣果を記録しその後も好釣果を記録している。取材は開幕初日。コンスタントにアタるマダコを見て長崎船長は「しばらくは楽しめそうですよ」と話した。
更新: 2019-06-18 07:00:00
最新記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
タイラバの新アクションアイテムで強烈アピール!
更新: 2019-06-19 12:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読