東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

東京湾のタチウオは良型増えて楽しさ倍増中!【東京湾・猿島沖】

今シーズンの東京湾のタチウオは6月に開幕し、すでに3カ月くらいが経過しているが、タチウオにありがちなムラは少なく好調さは継続中だ。


「鴨下丸」では、ルアーとLTタックルが同船で狙う。
「道糸が細いので多少深くなってもオモリ40号で狙っていきます」
タックルはオモリ40号前後に対応するLTタチウオ用を。竿は1.8m前後、誘いや食い込みのバランスのいい7対3調子〜8対2調子のものが扱いやすい。リールは小型両軸または小型電動で、道糸はPE1号前後が好ましい。道糸は200m巻いておこう。
仕掛けはタチウオ用テンビン、ハリス5〜6号2m前後の1本バリが基本。ハリはタチウオバリ1〜2号。チモトにパイプを入れてもいいだろう。
タチウオは鋭い歯を持ち危険。魚をがっちりとホールドできる魚ばさみ、長めのプライヤーがあるとハリ外しも安心だ。また、まだまだ気温が高いので、釣った魚はマメにクーラーにしまうようにしよう。

東京湾のタチウオはこうして釣る!

エサはサバの切り身だ。

エサ付けは正確ていねいに。ハリは身エサの中央に、まっすぐ付けよう。これで釣果が決まるといってもいいほど。

誘いのスピードと幅を調整してその日の当たりパターンを見つけよう。

エサはサバの切り身。なるべく端のほうにハリ先を刺し、すぐにひっくり返して刺し、もう一度ひっくり返して縫い刺しにする。このとき、付け終わったらちゃんと身エサの真ん中に真っ直ぐついているか確認しよう。変な回転がつくようでは、まずタチウオは釣れない。ここは、手を抜かずにていねいに行おう。
指示ダナは、中層の指示、「水深60m、タナは40〜30m」という場合と、「底から20mぐらい誘ってみて」などの場合が多い。
いずれの場合も、タナの上限よりも少し上まで探ってみよう。エサを追いかけてタナが上がり、活性が高くなるとより浅いタナで釣れるようになる。こうなれば数も伸びる。
釣り方の基本は、シャクリ上げ、竿を下げながらリールを巻く、再びシャクリ上げ、竿を下げながらリールを巻く、の繰り返し。タナの中をスイ、スイッとエサが上に動いていくイメージだ。
シャクリの大きさや強さ、リールを巻く幅で、エサの動きは千差万別に演出できる。
「タチウオはその日その日に食うパターンがあります。速いほうが反応がいいときもあれば、ゆっくりのときがいいこともあります。この食うパターンを見つけると一気に数を伸ばすことができます」
アタリは、「コン」とか「ツン」とか「コンコン」などいろいろ。アタリがあってもその場ですぐにアワせずに、今までやっていた動作をそのまま続けるのが重要だ。エサが逃げていくのを追って、さらにしっかりと食おうとする。ここでハリ掛かりするわけだ。誘い上げていくときに、手が止まったり、強い引きを感じたら竿を持ち上げるようにして強めのアワセを入れよう。ここで掛かれば、かなりの抵抗感を感じるはずだ。
掛かったら、一定の速度でリーリング。魚が上向きになると軽くなってしまうが、かまわず巻き上げていこう。
アタリがあってもハリ掛かりしなかった場合は、もう一度アタったタナまで落として再度誘ってみよう。それでアタリがなければエサのチェックを。ボロボロになっていたり切れていたらタチウオのアタリの跡だ。
アタリがあったタナを覚えておくのも重要だ。食うタナがハッキリと決まることもあり、このタナ周辺を重点的に攻めるとより効率的な釣りを楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連する投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒い季節は釣りに行くのもつい、おっくうになりがちだが、寒いからこそ美味しい魚が釣れる季節でもある。その一つが都心から近くの東京湾口で釣れる冬のマアジである。


只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

冬の到来と共に、その身に良質な脂を蓄えて美味しくなっていく魚たち。とりわけ東京湾のマアジは、そのうまさが倍増する! と評判で、こぞって太公望たちが仕留めに出掛けている。


同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

ここ数年のLT(ライトタックル)ブームで、LTアジも東京湾を中心にすっかり定着した。東京湾のマアジは上品な脂の乗りが特徴で、とくに湾奥で釣れる中小型は絶品。その絶品の激ウマアジを求めてLTアジに通う人も多い。


今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

昨シーズンは好調だった東京湾のスミイカ。今シーズンは10月上旬から中旬ぐらいにスタートする船宿が多かった。今回取材した小柴港「三喜丸」は10月31日からテンヤで狙うスミイカをスタート。初日はトップ23杯が二人、スソでも14杯という好釣果で開幕した。その後はトップ10〜15杯に収まる日が多い。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング