MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
深場釣りなら今だ!大型続々浮上している、高級魚メヌケ!!

深場釣りなら今だ!大型続々浮上している、高級魚メヌケ!!

銚子・外川港から2時間あまりのポイントでは、現在連日メヌケが好調に釣れている。糸フケをしっかりとって、海底をたたくのがコツだ!高級魚のメヌケは刺身、昆布締め、鍋など帰ってからの楽しみも大きい。

perm_media 《画像ギャラリー》深場釣りなら今だ!大型続々浮上している、高級魚メヌケ!!の画像をチェック! navigate_next

銚子沖・メヌケ釣行レポート! 良型ばかり続々連れているぞ

片舷での釣り(8人限定)となる。水深は480m前後

投入は合図があったら順番に。
船宿仕掛けは10本バリ。エサはイカ、サバ、アナゴなど

特大サイズのメヌケを上げたダイワの北本茂照さん。
「アタリがあってから魚の姿見るまでワクワクが続くよ」

「この釣りは上がってくるまで長いけど、それがまた楽しい!」

深紅の魚体がボコボコと浮いた。
静かな釣りだが、ここだけはボルテージが最高潮に

1匹、また1匹と取り込まれる。

この1投はふたりで11匹の大成果!

「2匹しか持てないよ〜」。大型を2匹でもずっしり釣果だ

水深400mほどのポイントではアカムツも。深海釣りには夢がある

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」

気がつけばすでに6投目。
10時を過ぎてまだ誰もメヌケの姿を目撃していない。
最悪の状態がみなの脳裏によぎっていた。
しかし、この流しは違った。全員の電動リールがうなりをあげる。

「出た、浮いたぞ!」「こっちもだ」

紅い魚体が浮き上がる。
いきなりのクライマックスだ。

諦めかけていた雰囲気が一転、静かな船上が興奮のるつぼと化す。

良型ばかり5点、6点と続々と姿を現した。
銚子外川港から2時間あまりのポイントでは、現在連日メヌケが好調に釣れている。

「今日は二枚潮気味でよくなかったけど、一瞬のチャンスをモノにできたのが良かったね」と、「福田丸」の福田稔船長は言う。

深場釣りはどんなに食いが悪くても「一投」で何とかなってしまう大逆転も多い。

それを経験してハマっていく釣り人も多いのだという。

「これから海が安定して釣りやすくなります。6月ぐらいまで楽しめますよ」

高級魚のメヌケ。
刺身、昆布締め、鍋など帰ってからの楽しみも大きい。

以上の記事は「つり丸」2016年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル