MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

安氏のライバルが泊 政彦氏だ。アカムツ釣りに8年前に東伊豆で出会い、この釣りに没頭。波崎で本格的にアカムツ乗合船がスタートしたと同時に波崎通いがスタート。栂安氏に出会って刺激され、現在の釣り方に落ち着く。最近は栂安氏をも凌ぐ釣果をタタキだすという、サラリーマン代表の達人である。

あらゆる状況に対応するスロースムーズミックス釣法

栂安氏の最大のライバルが泊氏だ。波崎へは週一通いながら、卓越した集中力でどんな小さなアタリも逃さない。最も安定した釣法でアカムツの数を伸ばす。

漢たちの戦場・波崎沖カンネコ根。水深120m、誘いが決め手。アカムツ釣り三名人の共通点は、高アピール後の止めの食わせ。

スロースタートながらも着実に数を伸ばしていく泊氏。安定した釣り方なので最も参考になる。

泊氏の集魚ライトとオモリ。ライトはルミカの「ピカピカドンドン」。

ライバル・栂安氏と同時ヒット!

三人揃って見事な釣果。戦い終わってノーサイド。

「私はゆっくりとした誘いを基本にしてます」
栂安氏の攻めの小突き釣法とは対象的に誘いはすべてスロー。特徴は、一連の動作のなかに基本誘いをすべて取り入れていることだ。
「オモリ着底後、タルマせて少し待ちます。そこからスーとラインを張ってゼロテンションでアタリを待ちます。そこから3〜4m仕掛けを上に巻き上げて、ゆっくりとテンションフォール。オモリ着底と同時にタルセてその後はゼロテンション、もしくはオモリを底に着けたままタタキます。あとは、一連の動作の繰り返し。誘いの順番を変えたり、フォールをフリーフォールにすることもあります」と泊氏は説明する。少ないチャンスを確実にものにするための釣法だという。
「最後までけしてあきらめないことが大事ですよ。後半食うこともよくありますから」
そんな泊氏は当日、栂安に続き12匹のアカムツをキャッチしていた。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
金沢沖は根魚の宝庫!美味魚を釣らせてくれる金沢港「北龍丸」は、定番のオキメバルをサビキで狙い~仕掛けを替えて、カサゴをメインに根魚狙い。最後にサビキで浅場のクロメバル!みなクーラー満タンだ。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読