MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

安氏のライバルが泊 政彦氏だ。アカムツ釣りに8年前に東伊豆で出会い、この釣りに没頭。波崎で本格的にアカムツ乗合船がスタートしたと同時に波崎通いがスタート。栂安氏に出会って刺激され、現在の釣り方に落ち着く。最近は栂安氏をも凌ぐ釣果をタタキだすという、サラリーマン代表の達人である。

あらゆる状況に対応するスロースムーズミックス釣法

栂安氏の最大のライバルが泊氏だ。波崎へは週一通いながら、卓越した集中力でどんな小さなアタリも逃さない。最も安定した釣法でアカムツの数を伸ばす。

漢たちの戦場・波崎沖カンネコ根。水深120m、誘いが決め手。アカムツ釣り三名人の共通点は、高アピール後の止めの食わせ。

スロースタートながらも着実に数を伸ばしていく泊氏。安定した釣り方なので最も参考になる。

泊氏の集魚ライトとオモリ。ライトはルミカの「ピカピカドンドン」。

ライバル・栂安氏と同時ヒット!

三人揃って見事な釣果。戦い終わってノーサイド。

「私はゆっくりとした誘いを基本にしてます」
栂安氏の攻めの小突き釣法とは対象的に誘いはすべてスロー。特徴は、一連の動作のなかに基本誘いをすべて取り入れていることだ。
「オモリ着底後、タルマせて少し待ちます。そこからスーとラインを張ってゼロテンションでアタリを待ちます。そこから3〜4m仕掛けを上に巻き上げて、ゆっくりとテンションフォール。オモリ着底と同時にタルセてその後はゼロテンション、もしくはオモリを底に着けたままタタキます。あとは、一連の動作の繰り返し。誘いの順番を変えたり、フォールをフリーフォールにすることもあります」と泊氏は説明する。少ないチャンスを確実にものにするための釣法だという。
「最後までけしてあきらめないことが大事ですよ。後半食うこともよくありますから」
そんな泊氏は当日、栂安に続き12匹のアカムツをキャッチしていた。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読