MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

安氏のライバルが泊 政彦氏だ。アカムツ釣りに8年前に東伊豆で出会い、この釣りに没頭。波崎で本格的にアカムツ乗合船がスタートしたと同時に波崎通いがスタート。栂安氏に出会って刺激され、現在の釣り方に落ち着く。最近は栂安氏をも凌ぐ釣果をタタキだすという、サラリーマン代表の達人である。

あらゆる状況に対応するスロースムーズミックス釣法

栂安氏の最大のライバルが泊氏だ。波崎へは週一通いながら、卓越した集中力でどんな小さなアタリも逃さない。最も安定した釣法でアカムツの数を伸ばす。

漢たちの戦場・波崎沖カンネコ根。水深120m、誘いが決め手。アカムツ釣り三名人の共通点は、高アピール後の止めの食わせ。

スロースタートながらも着実に数を伸ばしていく泊氏。安定した釣り方なので最も参考になる。

泊氏の集魚ライトとオモリ。ライトはルミカの「ピカピカドンドン」。

ライバル・栂安氏と同時ヒット!

三人揃って見事な釣果。戦い終わってノーサイド。

「私はゆっくりとした誘いを基本にしてます」
栂安氏の攻めの小突き釣法とは対象的に誘いはすべてスロー。特徴は、一連の動作のなかに基本誘いをすべて取り入れていることだ。
「オモリ着底後、タルマせて少し待ちます。そこからスーとラインを張ってゼロテンションでアタリを待ちます。そこから3〜4m仕掛けを上に巻き上げて、ゆっくりとテンションフォール。オモリ着底と同時にタルセてその後はゼロテンション、もしくはオモリを底に着けたままタタキます。あとは、一連の動作の繰り返し。誘いの順番を変えたり、フォールをフリーフォールにすることもあります」と泊氏は説明する。少ないチャンスを確実にものにするための釣法だという。
「最後までけしてあきらめないことが大事ですよ。後半食うこともよくありますから」
そんな泊氏は当日、栂安に続き12匹のアカムツをキャッチしていた。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
更新: 2019-06-14 12:00:00
最新記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読